ブログトップ

アマノジャクはこう考える

新潟まで行ってきました!

 実は、19日から新潟の上越まで行っていました。そう、Um先生のいるところです。実は、1ヶ月前にメールで「日本と韓国の教師で人権の授業の打ち合わせをするので、先行実践者として参加してもらえないか」とお誘いがありました。内容は「インターネットによる人権侵害」!この授業は2年前に亡くなったBさんと私が実施したものです。ただ、今月は、歴教協全国大会で東京に行ったし、28日からは日本教育学会で京都に行く予定です。「いくらなんでも、月に3回、しかも新潟まではちょっと無理かな」とあきらめていました。経費は自腹ですが、交通費と宿泊費だけで10万は超えてしまいますし・・・・・ただ、3日前に思い立ちました。「日本と韓国の共同研究とはどういうものなのか、その雰囲気に触れてみたい。」「Bさんとやった実践を他の人達にも紹介したい。」そして、妻に相談したところ「どうしてもと言うなら」ということでOKが出ました。Um先生にもその旨伝えたところ「ぜひ」という答えが返ってきました。出発したのは19日。実は東京行きの飛行機はすべて満席でした。「大阪まわりかな。でもこっちは時間がかかるよなあ。」と半ば大阪経由を覚悟しながら朝7時から空港でキャンセル待ちをしたところ「キャンセル待ち3番」ということで余裕で搭乗できました。東京到着後、モノレールに乗り、JRで東京駅まで移動して「みどりの窓口」に新潟行きを相談したところ「早いのは長野経由ですね」と言われ、長野新幹線と信越本線ルートに乗ることになりました。よく考えると「早く乗る」のと「早く着く」のは別モノで、私は「早く着く」のを聞いたのですが、駅員さんは「早く乗る」のを紹介したのだと思います。長野新幹線経由は3時間半、上越新幹線経由は2時間半ですので1時間ほど長野経由が「遠回り」だったようです。でも、結果的にはそれで良かったです。軽井沢や千曲川、長野市などが車窓から見えましたし、妙高高原ののどかな風景には癒されました。スイッチバックもいい経験でした。そして、高田駅に到着したところ、改札口の正面にUm先生が笑顔で待っておられました。(続く)
[PR]
by yksayyys | 2008-08-23 10:54 | 社会 | Comments(0)