ブログトップ

アマノジャクはこう考える

教え子が教えてる

 今日は4歳の息子のスイミングスクールのデビューの日でした。「社交家でチャレンジャー」の息子ですので何も心配はしていませんでしたが、案の定楽しくやっていました。が、驚いたのは息子に教えていたコーチが私のF中時代の教え子だったということです。練習が終わって声をかけるとえらく驚いた風で「どうしてこんなところに」と大声を出していました。事情を説明すると「じゃあ、鍛えてあげますから」とシャワー室に消えていきました。女の子ですが、兄2人とともに常に県大会で優勝争いをしていたのを覚えています。その得意な水泳を仕事にしているわけですから、幸せな道を歩んでいるのでしょう。あのヘラヘラ息子を鍛えてもらおうかな!・・・と泳げない父が言う。
[PR]
by yksayyys | 2008-08-23 21:31 | 育児・家庭 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・