「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

夏の総括

 今年の夏は例年の何倍も「動いた」気がします。日程にしても内容にしても、一面では「ハード」な、別の一面では「充実した」ものとなったような・・・・大雑把にまとめるならば「フィールドワーク」と「文章書き」に追われた40日でした。「フィールドワーク」も自由参加はヒノクマフィールドワークくらいであとは「自分が企画」というものでしたので、結構準備が大変でした。あと、報告・発表は歴教協県大会の報告・特別報告に始まり、同じく歴教協全国大会での報告、あと岡山県教組への戦跡の報告そして民教連集会での報告。締めは日本教育学会の報告です。ただ、なぜか今も原稿を書き続けています。きっと9月になっても一緒で、支部教研だ、日社学の報告だとかに追われるのだろうと思います。夏休みと違い、日常業務に追われながらですから結構きついと思います。が、私にとっては「上越行き」が変わり目でしたね。あれから後、俄然やる気が出てきたような気がします。いつもは8月の20日すぎると「ただ落ち込んでいく」のですが、今は「やりたいこと」で頭がいっぱいです。例年にないことですので、この状態を十分に楽しもうと思います。あ、そうそう県内のみなさん、また学習会を再開させましょうか。「気の合う仲間とケンケンガクガク、ワイワイガヤガヤやりたいと思いますがいかがでしょうか。忙しいですけどね!2学期は・・・・
[PR]
Commented by ska37o at 2008-09-01 12:45
同感,かなり今年はハードでした。
by yksayyys | 2008-08-31 22:12 | 社会 | Comments(1)