ブログトップ

アマノジャクはこう考える

教研の意味

 今日の午後の分会の時同僚に言われて今日が教研推進委員会だということに気がつきました。すぐに妻に連絡を取り、会に出かけましたが、着いたのは開会15分前。まだ会場には3人しかいませんでした。そして予想通り、社会科の推進委員は私以外誰も来ませんでした。ここ数年ずっとそうです。すっかりそれに慣れてしまい最近は腹もたたなくなりました。でも、教研集会で「他者の実践に鍛えられる」という機会が本当に少なくなりました。県レベルではプクプクさんの実践で目が覚めることもありますが、支部ではそういうこともありません。参加者を見渡し「俺以上の実践を持ってこい」と叫びたくなるのが現状です。それは私が「自意識過剰」なのではなく教研が「お粗末」なのです。しかし、愚痴を言ってもしょうがありませんので、自分で出来ることは全力でやろうと思います。「他者に磨かれる」場でないのであれば「自分で磨く」しかありませんから自分でいいレポートを持っていくしかありません。幸い、今年は妻が「死刑制度を問う」という地道で骨太な取り組みをしていますので、支部、県ともにいい問題提起をしてくれそうなのが救いです。が、20代、30代の若手に「こりゃあすごいや」と思わせる社会科組合員が出てきてほしいものです。こないだまでは「育ててこなかった自分たちが悪い」と思ってきましたが、果たしてそれだけが理由なのかは定かではありません。今日の会で文化部長が述べたようにいろんな意味で教研は「危機的」な状況だと思います。「もう教研で学ぶものはない」そう言い出しかねない自分を必死で押さえているような気がします。でも、もうしばらくは頑張るつもりです。これまで頑張ってきた先輩たちに報いるために・・・・・それが今の支えかも知れません。
[PR]
Commented by ska37o at 2008-09-25 12:09
ふがいなくてすみません。続けていくことは,先輩たちの想いをつなぐことだと思っています。でも,これほどまで教研に対する想いに格差があると危機を通り越しているような気がします。
分科会を支えてくださっている推進委員のみなさんにぼやいてもしかたないのですが…。
Commented by 文化部長 at 2008-09-27 22:17 x
久しぶりに覗いてみました。
教研、かなり厳しいところまで来ましたね。でも、やっぱり、意識的、自覚的な人たちが意識して、自覚してやっていくしかないな…という思いに到ってます。
さあて、今年のレポート作成にそろそろとりかからなくては。
by yksayyys | 2008-09-24 23:39 | 社会 | Comments(2)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31