ブログトップ

アマノジャクはこう考える

中社研大会終わる

f0066076_19571262.jpg
 木曜日に中社研大会が鹿屋市百引中で行われました。目玉の研究授業はF教諭による「奄美の復帰運動」の授業でした。私はプクプクさんが言われるように「成功」だったと思います。技術的にはいろいろ課題も多かったと思いますが、とにかく「本土において奄美の復帰運動の授業が行われた」ことは画期的なことだと考えます。あと、子ども達が調べた「復帰運動の事実」のあれこれは印象に残りました。密航事件の事実などは、まさに子ども達に教えられた気がしました。授業研究で出された意見もどれも重要なもので、とにかく「意義ある」研究会だったと思います。
 なお、前日から準備にかかっていましたが、百引中では二人の知り合いに会いました。一人は音楽のI教諭。実は1週間前の文化祭において私が脚本を書いた劇を上演してくれた方でした。上演直後に子ども達の感想を含め丁寧な手紙をもらってもいました。初めてお会いしましたが、実にエネルギッシュな方と感じました。あともう一人は校長先生でした。この方、15年ほど前に日教組の「みんなでつくる教育課程講座」でご一緒させてもらった方でした。そう、その当時は組合員でした。顔つき、人柄はまさにあの頃のままでとても懐かしい思いがしました。当日も最後まで会につきあってもらい微に入り細に入り協力してもらいました。あれこれ妨害を受けた3年前のうちの学校の校長とは大違いでした。
 昨晩は「打ち上げ」の飲み会でしたが、とても楽しく過ごさせてもらいました。いろいろ収穫のある話も多かったような気がします。先週の高熱は、今週「歯痛」に引き継がれ「痛み止めの薬」なしでは過ごせない毎日ですが、「意義ある」1週間だったと思います。はい!
[PR]
by yksayyys | 2008-11-22 20:22 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・