ブログトップ

アマノジャクはこう考える

バースデー

f0066076_22373382.jpg
 金曜日は私の誕生日でした。学校で副担任をしているクラスの生徒達から一斉に「おめでとうございます」と言われました。その後も、その情報が飛び交ったのか多くの生徒から「おめでとう」の言葉をかけてもらいました。生徒に祝福されるのは本当に久しぶりです。もしかしたら21世紀に入ってから初めてかもしれません。午後は、娘の骨折後の通院とリハビリのため看護休暇を取りました。めでたく娘は完治し、「何でもしていい」との許可をもらいました。が、携帯にCメールが入り「何だろう」と見てみると、息子が38度の熱が出て妻が病院に連れていくところのようでした。そのせいで妻の計画にあったお寿司とバースデーケーキはチャラになったようでした。ただ、息子も病院から帰ってうどんを食べたら急に元気が出たとのことで、妻から「帰りに好きな物買ってきて」とのメールが入りました。娘と2人でファミマに行き、私の大好きな「ファミマおでん」を買いましたが、娘が「おっとうの誕生日だからケーキがないとダメ」と怒り出し、しょうがないのでファミマのショートケーキを買って帰りました。帰宅後は、「ハッピーバースデー」を歌ってもらい、ごらんのプレゼントをもらいました。中には、いろいろな手紙や絵、お手伝い券、おもちゃやお菓子が入っていました。娘が貯金箱の中から150円を出して入れていました。ありがたいことです。娘が日記にも「誕生日おめでとう」と書いていましたが、最後のひとことが笑えました。「45さいだね!」と書いてあったのです。私は、44歳です。あしからず・・・・・・
[PR]
by yksayyys | 2008-12-06 22:51 | 育児・家庭 | Comments(0)