ブログトップ

アマノジャクはこう考える

伊集院にて

f0066076_13183159.jpg
f0066076_1319149.jpg
f0066076_13193850.jpg
車を走らせて伊集院へ。伊集院は「島津、島津」とうるさいところなので、そこは外す。まずは護国神社、鳥居の横に「日露戦争戦没者慰霊塔」題字はやはり東郷平八郎。ご苦労様です。鳥居をくぐると、右手に大きな碑。読んでみると「満州支那事変大東亜戦争従軍祈念碑」。私たちが「15年戦争」と呼んでいる戦争が立場を変えると「満州支那事変」となるのか・・・建立はやはり「明治百年」に近い1968(昭和43)年。この碑の特徴は「慰霊」ではなく「従軍記念」となっているところ。したがって、碑を支える台石には「戦没者」だけでなく「生存者」もその名が彫られてある。駐車場に車がいっぱいあったのに人がいない。理由は簡単、近くのハローワークに来ている人が勝手に停めているようです。まだまだ地方は「不況」です。ひとりのおじさんが、境内のゴミを拾ってバイクで帰る。管理を任されている人なのであろう。帰りに近くの公園によるとザビエルの像。島津義弘と会見した城のあったところ。目の前ではおじいちゃん、おばあちゃん達がグランドゴルフ!!
 さあ、早く帰ってSさんへの原稿を仕上げないと・・・明日には送れるように!!!
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2006-03-01 00:30
護国神社の記念碑はどこもパターンがあるようですね。
そういう分析の前に,原稿をお願いしますよ。
by yksayyys | 2006-02-28 13:28 | 社会 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31