2017年 10月 08日 ( 1 )

政策協定書に現れた本性

 「踏み絵」と呼ばれた「希望の党」の政策協定書。憲法・安保法制条項や資金条項ももちろん問題です。しかし、私は「外国人参政権付与に反対すること」という条項にこの党いや小池百合子の本質があるような気がします。そう考えれば、関東大震災の際の朝鮮人虐殺に関する慰霊祭にメッセージを送らなかったことの理由がよくわかります。「共生社会」への希望はこの党綱領にはないようです。
[PR]
by yksayyys | 2017-10-08 00:11 | 社会 | Comments(5)