改憲容認で9条は守る!?

 今日のニュースで改憲に関する世論調査の結果が紹介されていた。「憲法を改正しても良い」は43%(正確な数字は忘れた)で「改正しなくて良い」の34%を上回るようです。「え、改憲派が多いの?」と驚きましたが、実は2001年から「改憲」派が「護憲」派を上回っていて、その差はだいぶ縮まっているとのことでした。ただし、憲法第9条については圧倒的に「変えない方が良い」がいまだに多いようでした。「憲法は不磨の大典ではないから変えても良い。しかし、憲法9条は大切だから変えなくて良い。」というのはある意味で健全なのかもしれないと思いました。自民党や民進党の一部には、別な項目・内容を突破口に改憲をめざす動きがあるようです。それを聞きながら「それは法整備で間に合うはず。ねらいは9条だな。」と思いました。 
 北朝鮮情勢を利用しての動きが心配されます!!

[PR]
# by yksayyys | 2017-04-29 22:07 | 社会 | Comments(0)

浜口雄幸と石橋湛山

 今日の午後、ため録りしていたテレビ番組からNHKBSの「昭和の選択」の浜口雄幸と石橋湛山の番組を視ました。
どちらも再放送でした。この時期にこの2人の番組を再放送するのは、今の世の中の風潮へのNHK(の良心ある人々)からの警告だろうと思いました。浜口は無愛想な割に国民の人気が高かったのだそうです。「政治は最高の道徳」と言ったそうですが、それを体現した人だったのでしょう。金本位制度はタイミング的に失敗しました(番組には出てきませんでした)がロンドン軍縮会議の時の海軍との格闘はかなり強調されていました。城山三郎が「男子の本懐」で書きましたが、東京駅で銃撃を受け運ばれた部屋で「男子の本懐」と言ったそうですが、相当な志の持ち主だったようです。石橋湛山は私も大好きな人物です。大正デモクラシーの最も良質な人物だと思います。デモクラシー期だけでなく、軍国主義時代のジャーナリストとして、戦後は政治家として「筋を通そうとした」稀有な存在です。首相辞任後日中国交回復に努力したのは知っていましたが、中国には社会党の代表団として行っていたようです。自民党の首相を務めた人が当時の政敵社会党の代表として訪中するのですからすごいことですね。湛山にとっては、自分の志を遂げるためには政党などどうでも良かったのかもしれません。そして、田中角栄が訪中前に病床(かなり弱っていたと思われる)の湛山に「石橋先生、中国に行ってきます」と報告に行ったシーンはなかなかジーンときました。最後に湛山ファンの高橋源一郎、船橋洋一、宮崎哲弥、湛山研究家の増田弘によるまとめの討論が面白かったです。「国民のためのイデオロギーのはずがイデオロギーが国民をしばる時代になっている。自由主義、民主主義、個人主義はイデオロギーを超えるはず。湛山はそう思って生きた。」リベラリストとはそういうものかと思った。
[PR]
# by yksayyys | 2017-04-29 21:52 | 社会 | Comments(0)

憲法特集はヒロさんから

 地元紙の憲法記念日特集コラムの第1回ゲストはあの松元ヒロさんでした。「憲法」の大切さを永六輔さんらとの交流を通して語っていました。最近は、佐高信との共著やずばり「憲法くん」という著書も出して大いに注目を浴びています。そういえば、最近飾り棚に置いてあるヒロさんからの自筆ハガキを息子が見つけて「お父さん、ヒロさん知ってるの?」と聞いてきました。「もちろん」とだいぶ前に東京で一緒に飲んだ時の写真を見せたらかなり驚いていました。これも、友人の紹介ですけどね。ヒロさん、とってもピュアな人でしたよ。そう言えばよくこのブログでコメントを下さるわたさんも同じ友人の紹介で知り合いました。「友達の友達はみな友達だ!」ですね!もうこのセリフも古いか!!
[PR]
# by yksayyys | 2017-04-29 21:29 | 社会 | Comments(0)

過労死ライン

 先日の息子の家庭訪問で私は息子に「教師にはならないの?」と聞きました。息子は「徹夜とかできないから無理」と即答しました。私は自宅でほとんど仕事をしません。ビール飲んでニュースを見て悲憤慷慨して寝る毎日ですから。ただ、妻はそうはいきません。夜中にあるいは明け方に起きて仕事をしています。見ていたら、学級担任としての仕事が6割、教材研究が4割といった感じです。私みたいに(自画自賛!?)要領が良くないという理由もありますが、まじめに仕事に向き合えばああなるのかなと思います。よく生徒の家に電話もしているようですが、不登校傾向の生徒に限らず心配する生徒がいればそうなってしまいます。新聞に出た数字にはそういう時間は含まれていないはずですので、実際の労働時間の数字ははるかに多いものとなると思われます。その様子を見て、息子は「教師になる」という目標は持たなくなったようです。娘も以前は「教師に」と言っていましたが、最近は「もういいや」と言うようになっています。教師として「やらなければならないこと」と「やらなくてもいいのにやらされていること」の総数・総時間数が膨大になってきているのだろうと思います。それは、やらせている方の問題と「部活」のようにやる方の問題の双方があると思います。本気で改善していかないと、教師志望は「ひたすら耐える」型の人間ばかりになってしまいます。私の経験上、多忙すぎる学校は職員の人間関係もギスギスしてきますし、セクハラ・パワハラも起きやすくなります。新聞各紙・文部科学省の提起をぜひ真剣に受けとめた動きになって欲しいものです。
[PR]
# by yksayyys | 2017-04-29 21:12 | 育児・家庭 | Comments(0)

クラシックを聴きながら・・・

 午前中、家族は私以外みんな部活に出かけていきました。私はのんびり自分のペースで家事をやっています。このようにひとりで家事をする時はいつもクラシックを聴いています。BGMということです。歌詞が流れるとあれこれ考えてしまうことがありますので・・・今日はカラヤンのCDを流しました。「アダージョ」や「カノン」などが入っています。いろんな雑念や心配事をいったん封印してクラシックを聴きながら洗濯物をたたんだり洗い物をしたり昼食の準備をする。カノン」という言葉は「繰り返し」という意味だと聞いたことがあります。「繰り返せる」という幸せを噛みしめています。・・・こういう何気ない日常に「戦争」などという物騒なものを持ち込んでほしくないと切に願っています。「北朝鮮のミサイル失敗」の報が流れた朝に・・・・・
[PR]
# by yksayyys | 2017-04-29 11:29 | 育児・家庭 | Comments(1)

子どもたちの絵

f0066076_11025654.jpg
  わが子も娘が16歳、息子が13歳になりました。高2と中2です。二人とも難しい年頃になりました。毎日説教と恫喝が続いています。
 この2枚の絵はその子どもたちの絵です。上の桜島は娘の絵です。私は絵とか最後まで完成できたことはほとんどなくいつもペーパーテストで美術の評価を稼いでいましたが、娘は逆のようです。その「こつこつ」を活かしていろいろ頑張って欲しいと思っています。相変わらず人間関係の構築に悩んでいますが、時にはこの桜島のようにドカーンと爆発してその悩みを吹き飛ばして欲しいものです。
 下の絵は息子のものです。小学校時代のものでだいぶ古いのですが、太陽を描いたものらしいです。私は「ライオンじゃないの」と言ってばかにされました。この息子はずぼらすぎて手を焼いています。宿題もせず、提出物も出さず、当然親に大切な書類も渡しません。先日の家庭訪問でも口数少ない担任の先生が「提出物が・・・」と嘆いていました。
f0066076_11032391.jpg
 本をよく読み、知識や語彙は豊富なのですが、肝腎の「常識」がありません。
 この子どもたち、いったいどんな人間に育っていくのでしょうか!大人になった時にどんな世の中になっているのでしょうか!どちらかというとそっちの方が心配かな!


[PR]
# by yksayyys | 2017-04-29 11:15 | 育児・家庭 | Comments(0)

Hさん

 息子の家庭訪問に備えて家にいます。家の中が1年間でいちばんきれいな状態となっています。
でも、今日の話題はそれとは全く関係ありません。私は大学院に通いましたが、同期の皆さんとは全く音信が途絶えています。そのかわりにひとつ上の学年のみなさんと一緒に勉強したり旅行したりと親しくさせてもらっています。ぷくぷくさんやska370さんがそのメンバーです。そして、もうひとりHさんと言う小学校の先生もいます。今、徳之島に行っています。今年勤務校で私の隣に座っている数学の女性教諭はHさんの教え子です。先日その事がわかりHさんの話で大いに盛り上がりました。その同僚はHさんが大好きらしく成人式の時は担任でもなかったのにわざわざ同窓会に呼んだほどだと言っていました。Hさんは存在感のある人です。その研究の視点の鋭さ、論理の明晰さはまさに「脱帽」と言った感じです。私はHさんの言葉に何度か救われたことがあります。身の回りの雑事に惑わされている時に、灯台の灯のような言葉を発してくれます。一番最近の言葉としては「50歳すぎたらわがままにいきましょう」というものがあります。周囲に気を遣って多くのストレスをためこんでいた当時の私はずいぶん肩の荷が降りた気がしたものです。多くを語る人ではありませんが、発する言葉は重く深いものがあります。
 そのHさんを含めた3人は自分たちの事を「お気楽3人組」と呼んでいます。その「お気楽3人組」の弟分でいられることに私は満足しています。

[PR]
# by yksayyys | 2017-04-27 15:41 | 社会 | Comments(4)

執行委員会

 今日、組合の執行委員会がありました。他の用事もあって迷いましたが、第1回の執行委員会とあってこちらを優先しました。「長くなりそう」と予想して事前にラーメンを食べたのですが、会議の場所に行ったら弁当が用意されていました。「事前に人数把握」の意味がわかった気がしました。たくさんの議題があったので「午後8時終了」の目標は無理だろうなと思いましたが、案の定9時近くまでかかりました。私も時間延長に大いに「貢献!?」しました。「最初だから」とやたらと質問、意見に参加しました。もちろん、重要だと思ったからですし、その後意見が続いていました。ただし、私の集中力は最大2時間ですので、その時間を過ぎるあたりから「帰りたい」モードになっていきました。まだまだ言いたいこと、聞きたいことはいっぱいあったのですが・・・「早く帰ってビールを飲みたい」と思うようになっていました。そうこうしているうちに会議の中で参加しないといけない会合・行事が4つくらい出てきて5月の日程がいっきに詰まってきました
 ようやく終わって帰りにスーパーで買い物をして自宅に着いたのが午後9時40分頃でした。これから数年こういう事が続くんだろうなと思いました。ここ数年のska370さんの苦労がよくわかりました。もう若くはないのでしんどいです!!

[PR]
# by yksayyys | 2017-04-26 23:09 | 社会 | Comments(1)

数年ぶりの分会

 分会長になったということで昨日学校で初の分会を開きました。聞くところによると「3年ぶり」の分会ということでした。人数が少なかったのと「忙しい」ということでずっと開けなかったということです。そういえば自分が来てから1年間もありませんでした。でも、昨日は4人全員が集まってくれました。連絡事項の伝達の後、自分が担当しているブロックの歓迎会の出欠を確認したところ全員が出席してくれるということでした。2人はここ数年活動ゼロ状態と聞いていましたのでとても嬉しく思いました。これを機に「相互扶助」「団結」「闘争」が盛り上がっていけばいいなと思っています。
[PR]
# by yksayyys | 2017-04-26 06:42 | 社会 | Comments(0)

増える役(厄!?)

 役職を減らす「役祓い」をしようと思っていたのですが、事態は逆方向に向かっています。最大の目標にしていた社会科団体の役員が辞められなかったうえに、今年は組合の執行委員と分会長がまわってきましたので「役祓い」どころか仕事量はさらに増加してきています。組合の仕事はいつのまにかほとんど「メールによる連絡」になってきているようで、毎日数件のメールが入ってきています。忘れていると催促のメールもやってきます。どうやら今年は例年以上に忙しくなりそうです。トホホ・・・
[PR]
# by yksayyys | 2017-04-26 06:36 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧