カテゴリ:育児・家庭( 808 )

手術終わる

 今、巨大な眼帯をはめています。そう、今日は白内障の手術でした。午前8時に眼科に到着し、検査や診察があり、ちょうど正午あたりから手術が始まりました。時間にして15分ほどだったでしょうか。機械的な流れでしたが、局所麻酔で意識がある状態でしたので、「ああ、今レンズを入れ替えている」という状況はわかりました。終わると巨大な眼帯をはめられました。明日の検査・診察の後は専門のゴーグルになります。しばらく不自由な日々が続きます。
[PR]
by yksayyys | 2017-08-17 18:12 | 育児・家庭 | Comments(2)

3日後手術です!

 いよいよ3日後、17日に白内障の手術をします。それがある関係でだいぶ夏休みのスケジュールは制約を受けることになりました。車の運転などが出来なくなるのでだいぶ不自由になります。ただ、家にいるので家でいろいろやりたいと思っています。ひとつは論文をひとつ書いています。7月の終わりに「書かないか」と誘われました。締め切りが8月いっぱいと聞き、「え、ひと月。そりゃ無理だ。手術もあるし。」と思いましたが、もうひとりの自分が「やっちゃえ。せっかく声をかけてもらったんだし。手術前にひととおり仕上げれば後は楽だ。」と判断してしまい、結局引き受けました。共著になるので相手のことも考えながら書かなくてはならないし、夏休み中なので「授業ができない」「アンケートが取れない」など実践から離れデータに乏しいものとなるので不安の方が大きいです。結局書き始めたのはフィールドワークが一通り終わった10日からでした。今日で5日目ですが、分量としては8割くらい仕上がっています。ただ、大変なのはこれからの校正と体裁を整えたり註を書く作業です。何とか16日までに初稿を仕上げて、手術後に体と相談しながら「見直し」をしていこうと思います。無理だと思っていましたが、何とか書けそうです。「案ずるより産むが安し」なんでしょうね!
 

[PR]
by yksayyys | 2017-08-14 09:16 | 育児・家庭 | Comments(0)

 10日の午前中に息子がホームステイでオーストラリアに出発しました。あちらは季節は反対で、時差はほとんどないとのことでした。私からみると英語力ゼロで、「よくぞ応募したものだ!」と驚いたくらいでした。が、ホームステイは語学だけが目的じゃありませんのでそれ以外で多くの事を学んできてほしいと思います。合計2週間。息子のいない我が家はとても静かで、整然としています。全然散らかりません!
[PR]
by yksayyys | 2017-08-13 21:29 | 育児・家庭 | Comments(0)

 目の不調はおよそ5年くらい前だったと思います。①左目にミトコンドリアあるいはカナダモみたいなものが見えだした(飛蚊症)のと②左目だけ視力が落ちてきたこと③左目だけ「直線が歪んで見える」ことで近所の眼科を受診しました。いつも患者でごったがえしている眼科でした。眼科医いわく「網膜剥離しかかっている。場所がよくない。手術はできないのでレーザー治療をする。通院をこまめに。」と言われました。言われた通りしましたが、症状が改善されないので「町医者はこまめに通院させて稼ごうとしているんだ」と決めつけ、セカンドオピニオンを求めて南九州では有名なM眼科に行きました。そこでは「網膜の専門家を紹介する。手術が必要だ。」と言われました。そして、鹿児島市立病院で手術を受けました。「総合病院はすぐに手術をしたがるんだよなあ。」という邪推はありましたが、症状の改善のために思い切りました。「網膜前膜」という病名でした。結果、視力はいくらか回復しました。直線の歪みはそのままでした。手術後「おそらく近いうちに白内障になるでしょう」と言われました。それから5年。左目の視力が著しく落ちてきたためM眼科に行くと案の定白内障と言われました。緑内障は失明の危険があるようですが、白内障は手術で劇的に改善すると聞いたことがあります。手術も日帰りでできるようになったということです。医師は「手術するかしないかは本人次第。生活に困っているかどうかが判断の分かれ目」と言われました。左右の視力差がひどくなっており、左右の目の形が違ってきているのがはっきりわかるようになりました。見えている右目にかなりの負担がかかっているのだろうと思います。あと、車の運転が夕方から夜難しくなりました。事故をしかけたことが幾度となくありました。よく見えないのです。今でも、社会科や組合の会で夜運転するのは恐怖体験です。校長に部活の「正顧問をはずしてくれ」とお願いした理由もそこにあります。 
 そこで今回の手術ですが、「簡単な手術」と聞いていたのですがちょっと計算外でした。手術後2週間は車の運転ができないとのこと。8月17日が手術なので9月の始業式当日まで運転が出来ないことになります。今の勤務校で車の運転が出来ないということは「休む」ということです。思ったより影響が大きそうです。「休め」ということかなと思っていますが、そうもいかないんですよね・・・

[PR]
by yksayyys | 2017-07-25 19:20 | 育児・家庭 | Comments(2)

事前検査

 来月17日は白内障の手術をします。手術は久しぶりです。前回も目でしたが、入院日数もかなりあり大がかりでした。でも、今回は「日帰り」でその後も通院をすることでフォローができるようです。以前は入院していたようですが、今は技術が向上したのでしょう。
 今日は、手術をする医師との打ち合わせもあります。「どんな人が自分の目をいじるのか」は興味があります。付き添いが必要で妻に一緒に行ってもらうことになっています。

[PR]
by yksayyys | 2017-07-24 06:07 | 育児・家庭 | Comments(1)

 午前中は妻と護憲活動に参加してきました。子どもたちには留守番をしてもらうつもりでしたが、娘が人間関係のストレスを抱えているようでしたので、子どもたちも連れていき、私たち夫婦が活動中は自由行動としました。割と早く活動を終えたので、子どもたちと合流し昼食をとりました。昨日、ローカル局の番組で紹介されていたハンバーグのおいしいお店に行きました。開店を待って一番乗りで入店しました。ハンバーグのメニューのみというまさに「ハンバーグ専門店」でした。私は、ローストガーリックハンバーグを、妻はトマトチーズハンバーグを、娘は煮込みハンバーグを、息子はダブルチーズハンバーグを注文しました。私を含めみんな美味しかったようで何よりでした。ただ、「あれっ」と思うことがありました。店の壁にビールの絵があり、ワイングラスがたくさん並んでいたのを見て妻が「飲んでもいいよ」と言ってくれたので生ビールを注文したところ店員からは「置いていません」とのこと。じゃあ、夜のメニューだけかなとあきらめて食事のみを味わうこととしました。が、妻が店員に聞いたところ、「昼しかやっていない」とのこと。ドリンクメニューはコーヒーを含めて一切ないようでした。「だったら、ビールの絵やグラスは置かないでほしいな」と思いました。きっと、以前はやってたんでしょうが、誤解を生みます!
[PR]
by yksayyys | 2017-07-09 16:09 | 育児・家庭 | Comments(0)

人間ドック

 今日は人間ドックでした。毎年、県庁近くの総合病院に行っています。例年と比べると人数が少なくて助かりました。ずいぶん回転が速くなったからです。ただ、昨年までと違い支払い金額(共済組合が支払った残り、つまり自腹の分)が増えました。昨年より8千円くらい多くなりました。肝腎の検査結果ですが、ガンのような重大なものは見つかりませんでした。まずは安心です。驚いたのは、ここ数年落ち着いていた尿酸値がぐっと高くなっていたことでした。薬を変えたのが災いしたのだと思います。ビールをプリン体オフから「おいしい系」に切り替えたのも影響していると思います。中性脂肪の値も大きくなっていましたが、土日の食事が影響したものと思われますのでそれほど心配はしていません。あと、ちっちゃな胆嚢ポリープが増えてきているようです。10ミリ超えるとやばいそうですが、まだ6ミリなので様子をみようということになりました。 
 総じて、予想通りってところかなあ!!!!!

[PR]
by yksayyys | 2017-06-26 22:42 | 育児・家庭 | Comments(0)

父の日に!

 今日は父の日でしたが、私にとっては大変重たい日となりました。担当学年の生徒の父親が脳卒中で急死し、今日の夕方通夜が行われ参列してきました。享年40歳とのこと。小学生、中学生それぞれひとりのこどもたちを残して旅立ちました。まだご両親も健在だったようです。それぞれの「無念」の思いは計り知れないものと想像できます。 
 午前中は、私の実家に家族で出かけました。パーキンソン病と認知症が急進行している父を見舞いに行ったつもりでしたが、母から突然「私もどうなるかわからないから」とあれこれ「終活」の話を聞くことになりました。印鑑、通帳の場所など詳細な説明を受けました。
 あれこれ「重たい」一日となりました。

[PR]
by yksayyys | 2017-06-18 22:55 | 育児・家庭 | Comments(0)

弓道

 息子の弓道の応援に行ってきました。結論から言うと息子の矢は12本中1本も的にあたりませんでした。帰宅してあれこれ説明(言い訳)していたところをみるとそれほど落ち込んでないようで安心しました(笑)。
 弓道が他の競技と一番違うのは、歓声や拍手がおこることがないことです。もちろん、選手はガッツポーズをしたり歓喜の笑顔を見せることもなく、ただじっと弓と的を見つめているだけです。ただ、味方の選手が的に当てると「パンパンパン」と手拍子を3回打つチームがいくつかありましたので、そこまでは許されるのでしょう。ずいぶん昔に引率した時は、それすらありませんでした。
 息子に限らず思ったより当たらないものだなと感じました。4本中3本当てる生徒がいると「すごい」という雰囲気になりました。

 息子の勇姿(?)はビデオに撮りました。映像だけみると全部当たったような感じなんですけどね!!

[PR]
by yksayyys | 2017-06-13 16:55 | 育児・家庭 | Comments(0)

息子の地区総体

 明日は、仕事を休んで息子の地区総体の応援に行く予定です。息子は弓道部に入っています。今までは結構「練習さぼり」もあり、選手から外されることも多かったのですが今回は何とか選手になれたようです。妻は、息子と同じ学校にいますが剣道部の顧問なので息子の応援に行くわけにはいきません。ということで私が行くことになりました。幸い、たまたま授業が少ない日で2時間あった授業の入れ替えも簡単にできました。明日は、弁当も2人分つくることになりそうです。しっかり実力が発揮できるようにスタミナ十分の弁当にしようと思っています。
 実際に弓を引く息子の姿を見るのは初めてです。しっかりビデオカメラにその勇姿をおさめてこようと思います。願わくば、その弓から放たれた矢がまっすぐ的に当たりますように・・・・

[PR]
by yksayyys | 2017-06-12 19:52 | 育児・家庭 | Comments(0)