カテゴリ:育児・家庭( 782 )

親子でgo

 昨日は親子4人で外出だった。まず、私と息子が毎日のようにいく公園に行く。最初は、サッカーと縄跳びにわかれて遊んでいたが、次第に縄跳びが白熱してきてそっちに集中!特にお姉ちゃんが喜んでいた。その後、日吉の山腹にある陶芸家と画家が経営している喫茶「風木野陶」で昼食。眺めはいつ行っても最高。妻は陶芸家で鹿児島市にもギャラリーと店を持っており、地元のTVにはしょっちゅう登場する。夫も著名な画家のようで展覧会のポスターをあちこちに見かける。肝腎の昼食だが、グルメ紹介番組に出ていた「ココナッツミルクカレー」ランチと「パスタランチ」を頼む。味は、おいしかった順番にケーキ、コーヒー、サラダ。メインディッシュは両方とも「イマイチ」特にカレーは「バリ島風」なんだが、甘口なので、私や妻にはどうも・・・子どもたちにはちょうど良かったのかも。パスタは、トマトソースだが、もともと私はパスタは和風かペペロンティーノ好みなので。でも、バナナケーキは焼きたてでおいしかった。まあ、ここは眺望がいいので・・
 その後、妻の買い物のために鹿児島市内に向かう。息子が車中で寝てしまったので、私と息子は車で「お留守番」。永井荷風の『ゆめのあとさき』(岩波文庫)を読みながら待つ。昭和初期のモボ・モガ時代の雰囲気がよく出ている小説である。その後、今度は中央駅ビルアミュプラザに直行。人混みの苦手な私は、ひとり車でお留守番。『ゆめのあとさき』を読みながら夢うつつ・・
 そして、妻達がたこ焼きとパンをかかえて帰ってくる。「腹が減った」とパクついていた。「築地の銀ダコ」おいしかった。私は、午後4時から今年度最後の組合の執行委員会に参加するため。教育会館近くで降ろしてもらう。妻達は、娘の「スイミングクラブ」に直行。私も何度も連れていっている。娘は「上手」ではないのだが、「とても楽しい」と喜んでいる。「習い事」は好きなのが一番だ。執行委員会の後は、懇親会。新しいメンバーと語ることができて良かった。市議のMさんといつもの「読書談」。Mさんは今「ギリシア神話」に凝っているそうである。こないだは「松岡正剛」と「美術史」だった。この人も漂流タイプに間違いない。2次会には参加せずに帰る。このごろ2次会で「悪酔い」することが多いので・・あとスナックが苦手なのである。私!そういえば教育会館でぷくぷくさんのパートナーさんに出会う。「育休中は組合も休んでいいんだよ」と言ってくれる。気分的には「休んでいる」。
 長くなった。結構いい休日だった。
[PR]
by yksayyys | 2006-03-05 11:18 | 育児・家庭 | Comments(0)

「取れない」と言われた育児休暇

 昨年5月、私は上司に「育児休暇を取りたい」と伝えた。上司は、ニコニコしながら「ああ、そうですか。早速上の方に聞いてみます」と言ってくれた。次の日、その上司に呼ばれた。「無理みたいです。育児休業は、連続して3年となっています。あなたの場合、奥さんがいちど育児休業を取られた後職場復帰していったん途切れていますから・・・」そういうことであった。当然、そんなことは知っていた。「取るといったら取る。」そう決めていた私は、作戦を練った。まず、組合の方に聞いてみたが「取れないことはないと思うが、連続して取るのと比較してハードルがかなり高い。」ということだった。私は、上司に「取れないはずはないと聞いている。もう一度、聞いてくれ。」再度要望した。上司は「たぶん無理ですよ。」と言い、実際それから9月まで4ヶ月「放っておかれた。」「一度頼んで断られたことは2度とお願いは出来ない。」その時にそう言われた。私は強攻策に出た。上司にこう言った。「県庁の知り合いに問い合わせたところ、3名の人から『取れるはず』と言われた。今県は『子育て支援』を勧めている。それにブレーキをかけるはずがないと言っています。」もちろん、嘘八百である。県庁に知り合いなどいない。ただ、「子育て支援」を勧めているのは事実。
 効果はてきめんであった。数日後、上司に呼ばれた。「県の方からの連絡です。前例のないことではありますが、条例を整備して取れるようにするということです。」すぐに、時期や状況について聞かれ、住民票などを急いで取り寄せ提出した。そして、今がある。「前例がなければ前例となる。」そう思って、合計10回ほど上司の部屋におしかけたが、やって良かったと思っている。誰かがこの権利を行使できるようになったと思えば・・・取得期間は7ヶ月。上司は「ゆっくり1年くらい取って良かったのに」と言った。それを同僚に伝えると、ほぼ異口同音に「そりゃあ、少しでも長く顔を見たくないでしょう。」とのこと・・
 ささやかな前進ですが、「人間、自分のことになると必死で知恵を絞るもんです。」はい!
[PR]
by yksayyys | 2006-03-02 14:14 | 育児・家庭 | Comments(1)

形見の人形

f0066076_133192.jpg 
娘が並べていた人形です。実は、先頭の赤い洋服の人形は、ひいおばあちゃんの形見のものです。明治41年生まれで7年前に亡くなった私の方の祖母なんですが、祖母自身が子どもの頃使っていたという貴重なものです。昔「♪青い目をしたお人形は アメリカ生まれのセルロイド♪」という唄がありましたが、そういう類のものだと思います。娘は「ひいおばあちゃん」という言葉は使いますが、意味はよく判っていないようです。私の父がこの子にあげたようですが、「大切にしないといけない」という事はわかっているようで、キティちゃんやセーラームーンと遊ばせたり、積み木のお城の中に入れたりと、常に「お人形遊び」の中心にこの人形を置いています。私は、祖母と同居していましたが、うちの娘はよく似ています。
[PR]
by yksayyys | 2006-03-01 01:41 | 育児・家庭 | Comments(1)

積み木比べ

 弟(2歳)の方も作品を完成しました。それを見て、姉(5歳)の方も残った積み木で作りました。両方ともまずまず。ちなみに左が弟、右が姉の「作品」です。将来、2人とも「積み木くずし」とならないように願っています。f0066076_12352778.jpg
f0066076_1236851.jpg
[PR]
by yksayyys | 2006-02-28 12:36 | 育児・家庭 | Comments(1)

創造と破壊

f0066076_23412438.jpg
 今日の娘の積み木作品です。だんだん建築物らしくなってきました。が、この後弟がひと暴れして壊滅してしまいました。娘は大泣き、息子はさらに大暴れでひと苦労でした。
[PR]
by yksayyys | 2006-02-26 23:44 | 育児・家庭 | Comments(1)

先生

f0066076_117738.jpg
 時々、娘が「先生になる」と言います。左の写真(やっぱり「一斉授業」)は娘が時々やっている「先生ごっこ」の人形の様子です。まあ、ならないとは思いますが、親としてはあんまり勧めたくはないんですよね。
 理由は?・・・・・・・・だって川柳にあるじゃないですか。「センセイと言われるほどにはバカじゃなし」と・・・・・政治家、医者、教師「センセイ」と呼ばれる職業はどうもうさんくさいような気がして・・・・・どうも最近「自虐」気味です。
[PR]
by yksayyys | 2006-02-26 01:22 | 育児・家庭 | Comments(1)

娘と剣道

f0066076_112121.jpg
 
 明日妻は1日中剣道大会の引率です。2人の子の育児で7年ほど剣道は休んでいましたが、実は剣道3段で学生時代は西日本大会で第3位になったとか(本人が)言ってましたから結構なものなのでしょう。そういえば、以前「剣道を教えるために教員になった」とか言ってました。したがって、夫婦げんかでもしたらしこたま叩かれそうなので、基本的に「逆らわない」ようにしています。写真の竹刀は2回の部屋にあるものですが、私にとっては不気味な存在です。その剣道ですが、いつか娘に「剣道する?」と聞いたら即「しない」と答えました。理由は2つあるそうです。1つは「帰りが遅くなるから。」妻が部活の指導で以前より帰りが遅くなったことから、「剣道をすると帰りが遅くなる」と思っているようです。もう1つの理由は「服が青くなるから」。剣道着を着ていると汗びっしょりになって、下に来ていた肌着やTシャツが青くなるためのようです。まあ、一理あるようなないような・・・明日は妻に内緒で剣道の大会を親子3人でのぞきにいこうと思っています。
 ちなみに横にあるグローブは、息子が生まれた時に記念に買ったものです。使うのがいつになるかはわかりませんが、こないだ壁にぶつけて遊んでいました。
[PR]
by yksayyys | 2006-02-26 01:15 | 育児・家庭 | Comments(1)

f0066076_20191851.jpg
 最近、息子がフォークやスプーンでなく箸を持とうと必死である。ぎこちないのは当然であるが、たまたま何かをはさむと「見て見て」と大はしゃぎ。そういえば、夕食の際はベビーチェアから普通の椅子にうつろうとして大騒ぎである。客観的には「成長の兆し」であるが、私としては「こぼすご飯粒」の範囲が広がっただけで大変である。ぞうきん片手にてんやわんや・・・
[PR]
by yksayyys | 2006-02-24 20:24 | 育児・家庭 | Comments(1)

甘え!?

 育児休業に入った時に保育園から2つの連絡を受けました。それは次の2つです。
①バスによる送迎はできなくなります。②両方働いていない場合は「延長保育」はできません。
 なるほど、共働きのためにある保育園と考えれば、育児休業なのに預かってもらうだけ有り難いので「はい」と従っています。最初は、育休対象の息子だけでなく上の娘も家で一緒に面倒みようかとも考えましたが、5歳になり小学校前に「集団生活」から切り離すのはどうかとの判断からそのまま娘だけ保育園に預けています。が、よく考えてみると最も高い5万円(所得額からうちは最高額)近い保育料を払っているのに、家庭状況によってサービスに格差が生じて来るのはどうなのでしょうか。そういえば、入園当初、「土曜日も保育はやりますが、基本的に土曜日が休みの家庭は家庭で面倒をみて下さい」と厳しい達しがありました。ただ、土曜とは言っても、部活動をはじめさまざまな社会活動に参加している身としてはどうしても「預けざるをえない」場合があり、「申し訳ない気分」で預けているのが現状です。そのことを市議会議員の一人に相談すると
「保育園の立場の方がよくわかる。子育て放棄のような状況を何とかしたいと思っているのだから・・」とのこと。サービス格差については「保育園の説明が足りない」とは言いましたが、ピンとくる説明はありませんでした。数日前、朝日新聞にフランスの「少子化」に歯止めがかかったという記事が出ていました。行き届いたサービスが「産む決断」を推進したとのことでしたが、それを読んで思ったことは2つ。
①小泉は「小さな政府」というが、安心して「産んで働ける」状態を作らないで「産めよ殖やせよ」は無理な話。必要な公共サービスはきちんとやってほしい。「子育て支援」と言いながら、歳出カットで「補助金削減」ばかりではどうしようもない。
②家庭での「親子の過ごし方」については家庭に決めさせてほしい。学校もそうだが、保育園にしても役所にしても「道徳」「お説教」が多すぎる。また、話す内容も昔の「夫婦相和シ」「良妻賢母」式のアナクロ話ばかり。それよりは、決められた時間に「公平な」良質なサービスを提供することに全力を注いでほしい。
「甘え」かな!?
[PR]
by yksayyys | 2006-02-23 01:11 | 育児・家庭 | Comments(1)

うちの朝食

 毎朝の我が家の朝食です。将来振り返った時の証拠として撮っておこうとおもいます。朝6時半に起きてみんなが寝ている間に作ります。メニューはハムエッグにトースト(カスタードクリーム)とちょっとしたサラダ、飲み物は子どもたちは牛乳かオレンジ、アップルジュース。親はカフェオーレです。ご飯の方が値段としては割安なのですが、娘が「パンがいい」と言ってきかないのでパンにしています。いろいろなパン屋さんのパンを買いましたが、妙円寺団地のパン屋さんとがいちばんおいしいです。そういえば、育休の前から、朝食はずっと私が作っていたなあ!
f0066076_10553636.jpg

 あと下の絵は娘の絵です。先日の一日遠足の時の様子だそうです。実は、昨年似たような絵で町の展示会に入選したのですが、それを妻が見に行った時、横で妻の水墨画の先生(公民館講座)も見ていたらしく、娘の絵を見た瞬間「この子は寂しいんだなあ。明るい色が多い。」と言ったそうです。妻はすっかりしょげて帰ってきました。その後も絵は好きで毎日描いては私が壁に貼っています。あんまり気にはしていませんが、「寂しい思い」をさせないように気をつけたいとは思っています。
f0066076_105621100.jpg
[PR]
by yksayyys | 2006-02-22 10:57 | 育児・家庭 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧