アマノジャクはこう考える

スキー&スノーボード2004-2005

カテゴリ:社会( 1939 )

「日の丸・君が代」に画期的判決

 東京地裁が東京都の「国旗・国歌」強制措置に対し「違法」という画期的判決を下した。
昨年の靖国参拝違憲判決以来の画期的判決だといえる。新聞の判決理由要旨によれば、なるほど「当然といえば当然」なのだが、「裁判所がそう判断した」と考えると味わい深い文章に思えてくる。難波裁判長の苦悩と決断に喝采したい。本日は、司法試験の結果も出ていたが、法曹界もじき変わっていくのであろうか。ぜひそうなることを期待したい。以下、判決要旨の一部を引用する。

 我が国で日の丸、君が代は明治時代以降、第二次世界大戦終了までの間、皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱として用いられてきたことがあることは否定しがたい歴史的事実で、国旗、国歌と規定された現在においても。なお国民の間で宗教的、政治的にみて価値中立的なものと認められるまでには至っていない。国民の間には公立学校の入学式、卒業式で国旗掲揚、国歌斉唱をすることに反対する者も少なからずおり、このような世界観、主義、主張を持つ者の思想・良心の自由も公共の福祉に反しない限り、憲法上保護に値する権利というべきだ。学習指導要領は「入学式や卒業式などにおいては、その意義を踏まえ、国旗を掲揚するとともに、国歌を斉唱するよう指導するものとする。」と規定するのみ。起立、斉唱、伴奏をする義務を負わせているものと解することは困難である。都教委の通達は、国旗掲揚、国歌斉唱の具体的方法などについて詳細に指示するもので、各学校の裁量を認める余地はほとんどない。教育の自主性を侵害するうえ、教職員に対し一方的な一定の理論や観念を生徒に教え込むことを強制することに等しく、教育基本法10条1項の「不当な支配」にあたり違法と解するのが相当。教職員は、起立、斉唱、伴奏を拒否する自由を有している。また、拒否したとしても、格別、式典の進行や国歌斉唱を妨害することはないうえ、生徒らに対して国歌斉唱の拒否を殊更にあおるおそれがあるとまではいえない。拒否したとしても、それを制約することは憲法19条に違反するものと解するのが相当だ。都教委が起立、斉唱、伴奏しないことを理由に懲戒処分などをすることは、裁量権の乱用になる。原告らは、自らの思想・良心に反して通達と職務命令に従わされたことにより、精神的損害を被った。これらの損害額は、1人あたり3万円を下らない。入学式、卒業式で国旗を掲げ、国歌を斉唱することは有意義ということができる。しかし、宗教上の信仰に準ずる世界観、主義、主張に基づいて、起立、斉唱、伴奏をしたくない教職員がいることもまた現実である。このような教職員に対し、懲戒処分をしてまで起立させ、斉唱などをさせることは、いわば、少数者の思想・良心の自由を侵害し、行きすぎた措置だ。国旗、国歌は、自然のうちに国民の間に定着させるというのが国旗・国歌法の制度趣旨であり、学習指導要領の国旗・国歌条項の理念と考えられる。通達と職務命令は違法だと判断した。
(「朝日新聞」より)

[PR]
by yksayyys | 2006-09-22 21:40 | 社会 | Comments(0)

伝統とポストモダン

f0066076_22522133.jpg
 京都に新しい大きな建築物ができる時に必ず景観論争がおきます。京都タワー、京都ホテル、パリの橋の移設など・・「京都という古都にふさわしいか」ということです。その点、この京都駅ビルはその巨大さの割には話題にならなかったような気がします。私は、けっこうこの駅ビル好きです。ちょっと巨大すぎて写真に収まりきれないのが残念ですが・・・
[PR]
by yksayyys | 2006-09-18 22:55 | 社会 | Comments(1)

六波羅蜜寺

f0066076_22431090.jpg
 おすすめスポットの六波羅蜜寺です。何と言っても、このポスターにある「空也上人像」と「平清盛像」が圧巻です。この2つは教科書でもおなじみですが、何度見てもいいです。特に空也の呪文が仏になっているという姿がいいです。われわれの言葉はあまりに空疎で漂って消えゆくのみですが、この人の言葉は仏になります。ちなみに平清盛の顔は、出版社のトリカイのおやじに似てました。はい!
[PR]
by yksayyys | 2006-09-18 22:47 | 社会 | Comments(0)

2大政党

f0066076_2237324.jpg
 京都の伝統的な町屋の壁には政党ポスターがいっぱい貼られてあります。それはすべて「共産党」か「自民党」のものでした。京都という土地は、政党はこの2つしかないのではと思えるほど強いですね。写真にあるのは手前が共産党で向こうが自民党!隣どうしでなかなかやりますよね。
[PR]
by yksayyys | 2006-09-18 22:40 | 社会 | Comments(0)

豊臣関連

f0066076_22235246.jpg
f0066076_22243421.jpg
 国立博物館を少し北に行くと、秀吉ゆかりの地がいくつかあります。鐘楼は有名な方広寺のものです。そう、家康がイチャモンをつけて大阪城攻めを始めたというあの鐘です。近づくと親切にも問題の「国家安康」の文字が白く塗ってあります。「家康の名前を切り裂いた」という・・
 隣にある寺は豊国神社です。そう、秀吉を祀っている神社です。家康の日光東照宮からすると質素ですね。入口の唐門は、伏見城の遺構で重要文化財となっています。代表的な桃山建築ですね。そして、道路を挟んで西側に耳塚があります。朝鮮侵略の際、首のかわりに耳や鼻を持ってきてここに埋めたとされるものです。兵隊だけでなく一般民衆も多数殺されたそうです。ただ、京都市の看板の説明はきちんとしていましたね。「加害の視点」できちんと書かれていました。
f0066076_223518.jpg
[PR]
by yksayyys | 2006-09-18 22:35 | 社会 | Comments(0)

院政はここで

f0066076_2214117.jpg
f0066076_2216640.jpg
「1086年 白河天皇院政を始める」・・・こないだこの授業でした。久しぶりの京都に入ってバスの外に「白河天皇陵」を見つけました。へー、こんな所にあったのかって感じでしたが、京都はあちこちに天皇陵があって珍しくないんですよね。ただ、宮内庁は中を公開してくれないと聞きました。天皇陵が公開されれば歴史研究はかなり進むと思うのですが、これも菊タブーのひとつでしょうか。京都に行くとだいたい広隆寺の弥勒菩薩を拝みにいくのがいつものパターンでしたが、今回は東山界隈に足を向けました。赤い壁は、三十三間堂の壁ですが、このあたりは後白河法皇が院政を行った院庁があった場所だということを今回知りました。かなり広大な土地に壮麗な館を構えていたようです。北隣には平清盛が勢力を誇示した土地、六波羅が位置しております。後白河法皇からすれば清盛が疎ましく思えたでしょうね。ちなみに三十三間堂は、清盛が法王のために作らせたものです。正確には蓮華王院と呼ぶようですが、何といっても中の仏像はすごいですね。京都見物で、どんなに時間がなくてもここだけはぜひ見てほしいと思います。とにかく圧倒されます。ほとんどが国宝というのもすごいですけどね。
 おみやげに両界曼陀羅の絵と携帯のストラップを買いました。私の携帯には、千手観音のストラップが付いています。合掌!!あ、そうそう三十三間堂の東隣に後白河法皇の陵墓があります。院の中心部分のようです。うーん、勉強になった。
f0066076_22164493.jpg
[PR]
by yksayyys | 2006-09-18 22:08 | 社会 | Comments(0)

行ってきます。

 明日から2泊3日で京都へ行ってきます。同窓会があるからですが、久しぶりに京都見物をしてきたいと思います。旅行記はブログにてじっくりと・・・・
[PR]
by yksayyys | 2006-09-15 19:03 | 社会 | Comments(1)

次は斎藤貴男講演会

 高橋哲哉に続いて斉藤貴男が鹿児島にやってきます。9月18日に県憲法を守る会、平和運動センター共催の「不戦を誓う集い」で、時間は午前10時30分より。場所は互助組合開館(エルセルモ横)です。きっと面白い話が聞けると思います。そういう私が行けるかどうか怪しいのですが・・・どっちにしてもビッグネーム来鹿が続きますね。
[PR]
by yksayyys | 2006-08-31 14:37 | 社会 | Comments(1)

Bさんのブログ

「Bさんのブログを紹介してください」の声がありましたので・・・Bさんは今売り出しの中学校社会科教師です。行動範囲は限りなく広く、思考は限りなく深くというタイプです。ブログのタイトルは「こちらはWB放送局です」で開設してあります。ぜひのぞいて下さい。
[PR]
by yksayyys | 2006-08-30 18:27 | 社会 | Comments(2)

高橋哲哉講演会

f0066076_8421868.jpg
 29日、西本願寺にて高橋哲哉講演会があった。「非戦・平和のつどい」の一環で演題は「国家と宗教」であったが、実際は「靖国問題」に絞り込んだ話となる。私は、時間の都合上講演の半分しか聞けなかったが、だいたいはちくま新書「靖国問題」に書かれてある内容と現在の政治状況の解説であったように思う。本願寺信徒向けということで、だいぶ「わかりやすさ」を意識していたのか著書を何冊か読んでいる者にとってはやや物足りないものがあった。が、最後まで聞いたBさんの話によれば「後半、新しい話があった」とのこと。Bさんのブログでその辺は勉強させてもらうことにしよう。・・・私らにとっては超有名人なのに「ささやかな集い」でもったいないような、またそこがいいような質素な感じの講演会でした。
[PR]
by yksayyys | 2006-08-30 08:52 | 社会 | Comments(3)



ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
by yksayyys
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
最新のコメント
ska37oさん、すごい..
by shin-pukupuku at 18:54
新聞見てびっくりでした。..
by ska37o at 17:49
先日は京都で学会でした。..
by 闘龍灘 at 08:17
講演お疲れ様でした。M新..
by yksayyys at 07:37
交流会企画、ありがとうご..
by ska37o at 06:26
> shin-pukup..
by yksayyys at 20:29
お気の毒です。ゆっくり静..
by shin-pukupuku at 18:44
根回しが下手でなかなか..
by yksayyys at 18:36
 来年度の九州大会へ向け..
by shin-pukupuku at 16:58
ボクも「ひと」欄、読みま..
by watachanpeace at 14:54
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism