ブログトップ

アマノジャクはこう考える

カテゴリ:社会( 1888 )

授業確保とは

 朝日新聞に愛媛県の主婦が投書していた。娘の通う高校がこれまで50分授業、10分休息だったのを52分授業、8分休息に変更したのだという。この主婦は、授業充実のために変更されたこのやり方に反対していた。トイレ休憩とかをきちんと保障させることが大切だとも言っている。同感である。おそらくこの高校の教師は保護者に対してこう説明するだろう。「1授業あたり2分だけと思われるかもしれませんが、年間にすると6,7時間余計に授業した計算になります。」しかし、教師の一人として言うが、こういう姑息なやり方は子どもにとっても逆効果である。子どもが授業に集中できる環境を整えてあげるのが「授業確保」だと思う。鹿児島県の普通科系高校では「朝補習」「夏休み補習」は当たり前である。私も高校時代、朝5時半に起きて朝補習を受けさせられた。この補習を入れて1日8時間も授業を受けていたことになる。土曜日も午後なぜか英語のテストが必ずあり、日曜日はしょっちゅう模擬テストがあった。そう、ずーっと高校にいたような気がする。しかし、効果はなかったと思う。朝補習はいつも睡眠不足で寝てばっかりだし、数学や物理など「わからない状態」でどんどん進められても授業は「苦痛」の連続。おまけに当時の先生達は「おまえはバカだ。バカはバカなりに努力しろ。」などひどい言葉を平気で投げつけていた。だから、私は高校教師になりたいとは思わなかった。(だいたい、早起きしたくないし給食がない。)「学力低下」論に対抗して安易に「量」を増やすことはやめてもらいたい。今頃、私の勤務校では「部活の疲労がたまり、増え続ける学校行事に追われた中学生がクーラーのない教室で炎熱地獄の中、授業を受けている」はずである。きっと4,5人は寝ているであろう。昼の授業だと半分くらいの生徒が「うつろな目」をしているはず。こういう状態でいくら量を増やしてもムダなように思う。さあ、今から夏休み。鹿児島では高校が競って補習を始める。さぼれば担任から叱られるし、補習も試験範囲に含まれるので行かざるを得ない。繁華街を制服を着た高校生がうろつく「独特の夏」のはじまりである。
 ちなみに冒頭紹介した愛媛の学校は公立の中高一貫校だそうである。G高校は大丈夫かな。
[PR]
by yksayyys | 2006-07-14 14:54 | 社会 | Comments(1)

ジダンの頭突きから

 ワールドカップの決勝におけるジダンの頭突きが話題になっている。近く本人が真相を発表するそうであるが、アルジェリアからの移民であるジダンを中傷する言葉に反発した可能性が高いと報道されている。「テロリスト」と言われたという説も根強い。アメリカに限らず、ヨーロッパも差別は大きな社会問題である。旅行をすれば、どこかでそれを感じるのではないかと考える。私は2度ヨーロッパを旅行したが、2度ともそういう体験をした。最初は、有名なキャバレー「ムーランルージュ」でのショーであったが、そこで行われたパントマイムの役者が演じたのは明らかに「バカな日本人」であった。眼鏡をかけ、カメラを持ち、出っ歯の東洋人の格好をして登場した時に会場の客は拍手喝采であった。そして、こともあろうに客の日本人をステージに引き上げ、自分の脇に立たせることでさらに大きな「笑い」をとっていた。引っ張り上げられた日本人は、よくわからないまま手を挙げてそれに応えていた。2度目に行った時、ロンドンのレストランに行ったが、店内に入ると客がまばらな1階ではなく、誰もいない2階の衝立の向こうの部屋に連れていかれた。一緒に行った妻はどう思ったかはわからないが、私は「イギリス人の目に届かない場所に連れてこられた」と思った。あと、フランスからイギリスへのユーロスターの中では、アフリカ系の乗客達が車掌に執拗につめよっていた。旅行会社の人の説明では、「車内販売がアフリカ系移民の車両には一度も来ないで途中で引き返していった。」ことを「差別である」と糾弾していたということであった。そういえば、その車両はアフリカ系の人ばかりで一番隅っこにあった。ジダンに戻るが、パリの中で以前日本ではやった言葉を使えば3K(危険、きつい、汚い)の仕事はほとんどアルジェリア系かトルコ系、華僑系の人が占めていた。フランスはイギリスとは違い、植民地に対し「フランスと同化」することを求めた。フランス語を話し、フランスの法律を守ることを求めた。ゆるやかに統治したイギリスとは対照的であった。そして、過激な独立戦争を繰り広げたのはアルジェリアであった。きっと、ジダンも本人か家族、祖先がそういう「差別」を受けたり「独立闘争」に関わった経験があるのであろう。今回、ワールドカップの開催中に「差別反対」のキャンペーンが張られたのもヨーロッパという土地柄が関係することは間違いない。野球においても、756本のホームランを打ったハンク・アーロンは黒人ゆえに多くの脅迫を受けながらベーブルースの714本を超えたという。スポーツだけがクリーンなはずはない。今はとにかく真相が解明され、「差別」がその理由であるなら、その意味するところを世界に伝えてもらいたいと思う。MVPの仕事はまだ残っている。
[PR]
by yksayyys | 2006-07-12 01:24 | 社会 | Comments(0)

社会を明るくする運動

 最近、道ばたに緑色の旗が立っているのに気づく。よく見ると「社会を明るくする運動」と書いてある。隅っこに法務省とも書かれている。「社会を明るくする」・・・嫌な言葉である。私は性格的にこの手の言葉が好きでない。「教訓」であることもあるが、「明るくする」という言葉が引っかかる。「明るくする」には「暗い」ところを探すであろう。そして、「暗い」であろうところにあれこれ手を尽くして「明るく」するのであろう。私はついつい「公園や駅を追い出されるホームレス」を思い出すし、時代を遡ればハンセン病患者を療養所に追い込んだ「無らい県運動」にもつなげて考えてしまう。それを人々は「善意」として「明るくした」と思ったのであろう。この「社会を明るくする運動」が具体的に何をさすのかはわからないが、あまり「センス」のいい言葉ではないように思える。学校現場でも「正常化」という言葉は「組合つぶし」と同義語であり、国際的に「民族浄化」は「異民族抹殺」と同義語である。「明るく」したり「きれいに」したりしなくても、居心地の良い社会がいいと思う。もちろん、人間社会を指してのことである。いろんな人間がいる以上簡単に「リセット」できない方がいい。
[PR]
by yksayyys | 2006-07-12 00:54 | 社会 | Comments(1)

遙かなるシャバの呼び声

 今日の夜、勤務校の同僚から電話がありました。夏休みの勤務交渉についての相談でしたが、それ以外のさまざまな「学校のかかえる課題」を聞いていたら、いつのまにか1時間以上話をしていました。こんな長電話、4,5年ぶりです。しかし、内容はどれも落ち込むものばかり。「ここ数年の中で最悪の状態」とのこと。生徒も職員も保護者も大変だそうです。結構、ここ数年も大変だったのに・・・・気持ちは一気にブルーいやマリアナ海溝のどす黒い闇のような気持ちになりました。久しぶりの「シャバ」は波瀾万丈のようです。「早く帰ってきて」とその同僚は言ってくれましたが、私は正直言って「帰りたくありません。」ああ、でも・・・少しずつ気持ちを「仕事モード」に切り替えていきたいと思います。
[PR]
by yksayyys | 2006-07-08 23:08 | 社会 | Comments(1)

イラク派兵拒否の中尉、重罪に!?

 「イラク戦争は間違っている」と派兵を拒否した日系ハワイ出身の中尉が軍法会議で「予想以上の重罪」にされそうです。派兵拒否だけでなく、「イラク戦争の是非」をめぐる発言が「上官に対する侮辱」「大統領に対する侮辱」「不作法行為」に問われるということです。昨夜の「筑紫哲哉のNEWS23」にも出ていましたが、特に退役軍人の間では「軍人は戦場に行って当たり前」の声が強いようでかなり風当たりは強いようです。ただ、支援活動も活発で、アメリカの「幅の広さ」を感じました。母親の「息子を尊敬しています。」のコメントが印象に残りました。
 以下は、メールで流れてきた文章で英文を日本語に訳したものです。

7月5日、米国陸軍中尉エレン・K・ワタダ中尉は、軍事司法統一法典の3カ条、
すなわち、移動不参加(第87条)、上官に対する侮辱2件(第88条)-特に G. W.
ブッシュ大統領に対する、そして、将校・紳士にあるまじき不作法行為3件(第
133条)によって、正式に起訴された。この6件の起訴全てに高等軍法会議で有
罪となれば、ワタダ中尉は7年以上の陸軍刑務所入りを言い渡されることも有
り得る。

ワタダ中尉の弁護士エリック・ザイツ氏は今朝、「移動不参加罪は予想してい
たが、侮辱罪、無作法罪には虚を突かれた感じで、ワタダ中尉の言辞の内容の
再検討を必要とし、米国憲法修正第1項(訳者註:言論の自由条項)の重要問題
を提起するものだ。我われは軍がこれらの問題を法廷の場で議論する機会を与
えてくれたことに、満足している」と語った。

これまでの第88条に関わる訴追は、ほとんどが南北戦争と第一次世界大戦時の
ものであり、知られている直近の訴追は1965年だった(ハウ対米国)。ハウ小尉
はベトナム戦争に反対していた。(訳者註:ヘンリー・ハウ(Henry Howe)少尉
が米軍基地へのデモに私服でプラカードを掲げて参加し、軍法会議に掛けられ
重労働2年に処せられた。おだやかな政治的意思表示にたいしては罰が厳しす
ぎるというのが、大方の評価だった)

ワタダ中尉が6月22日にイラクへの移動を拒否する前から、軍は中尉の発言に
調査を絞っていた。実際の起訴によって、軍の主要な意図がワタダ中尉の異議
を黙らせることにあることが確認された。

[PR]
by yksayyys | 2006-07-07 07:43 | 社会 | Comments(0)

荒くれ「海人」たち

 大雨の中、近所の海岸沿いを息子とドライブしました。海は大荒れでしたが、湾岸の道路は車で埋め尽くされていました。そう「海が大荒れ」はサーファーたちにとっては「天の恵み」なのです。ちょっとした広場に車を停めて、息子はお茶、私はコーヒーで「ティータイム」をとっていたところ、周囲はいつのまにかサーファーでいっぱい。そこで気づいたこと。「けっこう、おっさんが多い。」今まで遠くから見ていたので、みんなキムタクや工藤静香みたいな若者のように見えたのですが、近くで見ると40歳くらいの人が多いのです。体型も意外にパパイヤ鈴木みたいな人がいました。共通しているのは、みんな「嬉しそうな」顔をしていること。荒れた海を見て「よだれをたらしそう」なほど喜んでいるように見えました。今日は木曜日。波穏やかな日は「だーれもいない」のを考えると、天候を察して「仕事を休んだ」のだろうと思われます。こういう風にのめりこめるものを持っている人はうらやましい気がする。オヤジだろうがデブだろうが関係ない。私にもそういうものが欲しいな!
[PR]
by yksayyys | 2006-07-06 12:06 | 社会 | Comments(0)

職員録から

 今年度の職員録が届きました。鹿児島の教職員の所在がわかる貴重な本ですが、個人情報保護のため電話番号が空白になっている人がだいぶ増えましたね。これを見ると、知り合いの所在がだいたいつかめます。「遠くに行った人」「近くにいる人」「偉くなった人」「行政に行った人」「組合の役員になった人」「恩師」「教え子」「同窓生」「同期生」etc・・・私が大学院に通った時の同窓生のMさんが純心女子校に就職していました。心配していましたが、良かった良かった。あともう一人のYさんなんですが、昨年から職員録に掲載されていないんですよね。どうしたのでしょうか。大学院を出てすぐに教職を退くなんてまず考えられないような気がするのですが・・・
[PR]
by yksayyys | 2006-07-05 15:14 | 社会 | Comments(3)

埼玉知事の発言

 埼玉で次のようなことがありました。

埼玉新聞 2006.6.28

上田知事 「従軍慰安婦いなかった」
 資料館記述、検討の意向

 上田清司知事は、27日、県立平和資料館(東松山市)の昭和史年表に
ある従軍慰安婦の記述について「古今東西、慰安婦はいなかった。こう
いう間違った記述は修正しなければならない」と述べた。県議会一般質問で
小島信昭議員(自民、岩槻区)の質問に答えた。同館は学識経験者ら14人
で構成する平和資料館運営協議会などで対応を検討する意向という。
 県によると、年表は同館通路に常設展示されている。「ヨーロッパ・ アメリカ」
「アジア・太平洋」「日本」「埼玉」の4地区に分け、太平洋戦争を中 心とした昭
和を主な対象に出来事を列記。記述は1991年の項で、「従軍慰安婦 問題
など日本の戦争責任論議多発」と紹介されている。
 小島議員は「戦後復興から現代までの、特に世界の平和に貢献してき
たはずの日本の紹介がない」とし、「生涯学習として学ぶ施設として広く利
用されている施設が偏った内容でいいのか」などとただした。
 上田知事は「自虐的な感情を抱かせず、真の真実、真の史実を学べる
ようにするのが大事」と答弁。同館の年表に触れ「兵のいるところに集まって
きたり、兵を追っ掛けて民間の業者が連れていったりするものであり、軍そのも
のが連れていったりするわけは絶対ない」と述べた。
 また「自虐史観になっていないか、きちっと検討しなければならな い」とし、
「協議会で見直しをしてもらい、県議会でもチェックしてほしい」と話 した。

朝日新聞 2006.6.28
「従軍慰安婦いない」
県議会で知事答弁 政府公式見解と矛盾

 上田清司知事は27日の県議会の一般質問で「慰安婦はいても、従軍
慰安婦はいなかった」と発言した。従軍慰安婦問題については93年に当時の
河野洋平官房長官が旧日本軍の関与を認める談話を出しており、「政府の公式見
解を否定するもの」と発言の撤回を求める動きも出ている。
 上田知事は、県平和資料館(東松山市)に展示されている年表の91
年の欄に「従軍慰安婦問題など日本の戦争責任論議多発」と書いてあることを挙
げ、「古今東西、慰安婦はいても、従軍慰安婦はいない。民間の業者が連れて
行ったりするのであって、軍そのものが連れて行ったりするわけは絶対ない」と
発言した。
 さらに「自虐的な感情を抱かせることなく、真実、日本の正確な立場 を学べる
ようにするのが大事」「こうした間違った記述は修正しなければならな
い」と話し、有識者で作る同資料館の運営協議会に展示の見直しを要請した。
 議場から「そうだ」「間違っている」と賛意と反発の声が上がり、一 時騒然とした。
従軍慰安婦を巡っては93年、政府が公文書や関係者を調査し、「慰安
所は当時の軍当局の要請により設営されたもので、旧日本軍が直接関与した」
「業者が募集した場合も本人の意思に反して集められた事例が多い」と日本軍の関
与を認めている。
 議会後、共産党県議団は「知事の答弁は政府の公式見解を否定するも
の」との談話を発表し、発言の撤回を求めている。

………………………………………………………………………………………

外務省HP  いわゆる従軍慰安婦問題に対する日本政府の施策 
 平成17年2月

 日本政府は、いわゆる従軍慰安婦問題に関して、平成3年
(1991年)12月以降、全力を挙げて調査を行い、平成4年(1992年)7月、
平成5年(1993年)8月の2度にわたり調査結果を発表、資料を公表し、内閣官房において閲覧に供して いる。
また、平成5年(1993年)の調査結果発表の際に表明した 河野洋平官房長官談話
において、この問題は当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳
を深く傷つけた問題であるとして、心からのお詫びと反省の気持ちを表明し、
以後、日本政府は機会あるごとに元慰安婦の方々に対するお詫びと反省の気持ちを
表明している。


 議員に加えて知事たちも「歴史の修正」にやっきになっているのがわかります。
この知事、石原慎太郎とも仲良しのようですので言いそうなことではあります。
 教科書が自主規制し、資料館などの自主規制も始まれば、子どもたちはどこで
「歴史」に向き合えばいいのでしょうか。
[PR]
by yksayyys | 2006-07-05 07:59 | 社会 | Comments(1)

妻が教育長交渉

 昨日は「夏期休業中の勤務」についての教育長交渉があり、妻が執行委員として参加してきました。前日には、私が教育長になって「模擬交渉」もやって臨みました。聞いたところでは、教育長は「のらりくらり」とかわしているようで、原則論をはみ出さず「ちょんと指導をしている」「そんな事実は知らない」「校長の考えでやることで私は何も言っていない」に終始したようでした。「交渉では誠意を見せ、裏指導で崩していく」という最近多いやりかたなのだろうと思いました。あと、校長、教頭たちの「自主規制」も大きいような気もします。これからの分会交渉が勝負だろうと思います。しかし、気の毒に思ったのは昨晩、妻がやっていた電話連絡でした。学校の数にしてはえらく早い終了だと思ったので理由を聞いたところ「1校は、交渉前にすませたから連絡はいらないと言われ、もう1校は随分前に組合の連絡は一切要らないと言われた。」とのこと。どちらも分会長の言葉ですが、いったい何の組合なんだろう、組織的に動かないと効果はないのに・・と思ってしまいました。元気をなくしてしまいますね。
 とにかく、これまで2回の教育長交渉に妻は張り切って出かけていき、それなりに物を言ってきているようです。そして、今回も前と同じ感想を言っていました。「今まで、自分がいかに人任せの活動だったかがわかる。」誰かの苦労の上に今の自分があることを再確認できたようです。Kさんたちの苦労が身にしみたようです。
[PR]
by yksayyys | 2006-07-05 07:50 | 社会 | Comments(1)

管理から監視へ 脅しから取締りへ

 社会保険庁の職員が赤旗号外を近所のマンションで配布したとして、「罰金刑」を受けることになりました。休日に、自宅の周辺に配っただけでついに「犯罪」としてしまいました。しかも、摘発にあたっては組織的に尾行していたこともはっきりしており、ついにこの国は「管理」に飽きたらず「監視」によって締め付ける方向に動き出しました。以前、このブログにも書きましたが政治教育という言葉はもともと「主権者としての市民が政治的教養を身につけるべく必要不可欠なもの」との位置づけがありました。これがいつの間にか、「公務員の政治活動禁止」の理由にねじまげられていきました。政府・自民党が、昔の社会党そして今の民主党・共産党を追い込むために主として官公労をターゲットにしたものであることは明白です。朝日の社説にも及び腰ながら「行き過ぎ」の懸念が表明されていました。これ以上「息苦しい」社会を誰が望んでいるのでしょうか。
[PR]
by yksayyys | 2006-07-03 13:41 | 社会 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31