カテゴリ:社会( 1797 )

役職

 先日、社会科の役職を辞めることができなかった私ですが、翌日からその団体の役職を依嘱する仕事に追われました。新たに設けた研究部副部長2人、地区理事2人。難航が予想されましたが、みなさん快く引き受けてくれました。異口同音に「先生の頼みは断れない」とのこと。有り難いことです。地区理事の1人は候補のひとりが長期研修中ということで連絡が取れず、あわてて職員録を引っ張り出し、同期の社会科教師Kさんの名前を見つけ出し電話をしました。4回前の九州大会で地理の授業を提供してくれた方です。最初は、部活や親の介護を理由に渋っていましたが最後は「わかった」と引き受けてくれました。あたりまえのことでしょうが、何かを頼む時は「つきあいの深さ」が大きく関係してきます。九州大会の研究発表を引き受けてくれたM先生には初めて電話で話をしました。どんな人か、どんな実践のある人かもわからないのですが、声だけでは「誠実」な感じがしました。その方には(会員ではないので)研究紀要と郷土資料集を送っておきました。
 今日は、昨日の地区協(組合)の役員会を受けて、その役員体制固めの依頼もしました。うちのブロックは全員で8名しかおらず、その中で役員をお願いするという状況でしたが、有り難いことにみなさん快く引き受けてくれました。
 役職の「断捨離」をするはずが、結局組合の役員がまたひとつ加わってしまいました。そういえば、今年は歴教協の事務局長も加わる予定です。「断捨離」どころか増加する一方です。こういう運命なのでしょうか。
 明日いや今日は入学式!1年生の世話役として入学式に臨みます。担任の頃とは違った緊張感があります。天候は雨!いろいろ課題の多い新入生ですが「雨降って地固まる」となりますように!

[PR]
by yksayyys | 2017-04-06 04:05 | 社会 | Comments(1)

辞意 認められず

 断捨離のひとつとして「役員肩書きの整理」を実施しようと先日社会科団体の役員の辞意を表明したのですが、受け入れられませんでした。決して「楽になろう」という目的ではないのですが、理解してはもらえませんでした。正直言って残念でした。いくつか理由は述べましたし、自分としては精一杯の言葉だったのですが・・・・ 
 翌日から、事務局長からの連絡はいつもより頻繁になっています。おそらく、何かを感じての動きなのだと思うのですが・・・・・
期待されての事なのでしょうが、「辞意」という自由意思がかなわないのはそれなりに辛いことでもあるのです。やむなくその役員の仕事は続けています。

[PR]
by yksayyys | 2017-04-02 19:35 | 社会 | Comments(1)

聖徳太子!?

 教科書に「聖徳太子」の記述が残るということです。ここ数年、私は「歴史は権力を握った者が自らに都合のよい歴史を作り上げる」実例として「聖徳太子伝説」の虚構をあちこちで話してきました。それが、中学教科書における「厩戸王」記述となったことで、歴史学にもとづく歴史教科書に近づいたと思っていました。鎖国にしても元寇にしてもそういう方向で記述が変わってきたことを評価したいと思ってきました。しかし、結局は従来通りの記述におさまることになったと報じられています。理由は「教えづらい」とのこと。情けない話だと思います。何らかの力が働いたのでしょうか。「新しい歴史教科書をつくる会」は大歓迎のようです。「科学」か「物語」か!歴史をどう考えるか、歴史と教育をどう考えるか、考えることの多い報道です。私は・・・・残念です!
[PR]
by yksayyys | 2017-04-01 20:27 | 社会 | Comments(0)

書き始める

 頼まれた原稿を書き始めました。資料集めはやっていましたが、「いつまで読んでるの!?」という声が聞こえてきそうだったので、とりあえず書き始めました。今日は「はじめに」のところで執筆の目的を書きました。人によっては、じっくり骨格を固めてから書く人もいるでしょうし、私もその方が良いと思うのですが、そうするといつまでも書き出しそうにないので、書きながら「調べる」「読む」「訪ねる」という作業を重ねていこうと思います。仕上がりが夏を超えることがないようにしたいとは思いますが・・・どうなることか・・・
 いろいろ難しいことを書いても、そんな事は誰かがすでにやっていることです。自分しか書けないものにしようと思っています。思っては・・・・・

[PR]
by yksayyys | 2017-04-01 10:59 | 社会 | Comments(0)

田中角栄の「再評価」?

 昨年あたりから田中角栄が大ブームのようです。石原慎太郎の「天才」あたりが火をつけたのでしょうか。最近では娘の真紀子も本を出しているようです。昨夜はNHKのBS「アナザーストーリー」でも扱っていました。視聴後の感想は「NHK、そりゃないだろう」でした。今の世の中、田中角栄のように「地方重視」「格差是正」に動いた政治家を再評価する意味はわかりますが、田中の負の側面である「金」と「数」による力についてあまりに無批判すぎる気がしました。「人間的魅力」ですべてを覆い隠してしまう、そういう怖さを感じました。それがNHKの番組であることで余計に・・・・海外から指摘されているように日本のメディアはだいぶおかしくなっているのかもしれません。
[PR]
by yksayyys | 2017-03-10 19:25 | 社会 | Comments(0)

プレミアム・フライデー!?

 先週、プレミアム・フライデーなる言葉をよく聞きました。月末の金曜日の午後に退庁を早くして、消費を喚起しようという目的のようです。「働き方」改革の一環でもあるのでしょう。しかし、私たちの職場は時代に逆行してます。「来年は土曜授業をさらに増やす」と提案してきているからです。さらに増えていく「勤務を要しない日」!学校現場は「働き方改革」の番外地となっています。もしかして、鹿児島の教育現場だけ??????
[PR]
by yksayyys | 2017-03-05 10:48 | 社会 | Comments(0)

米軍機の低空飛行

 今日、1年生の地理の授業で「日本の領域」を扱いました。こないだ3年生の公民でも扱ったのですが、ほとんど同じ内容であることに驚きあきれました。写真はもちろんコラム記事もほとんど一緒。文部科学省、自民党からの圧力に教科書会社が過剰反応しているのがよくわかりました。が、ここで伝えたいのはその事ではありません。領空を説明している時に「日本の領空を侵犯する国があってはならないのですが、領空を戦闘機が飛んでもいい外国がひとつありますが・・・」という私の言葉にすぐ生徒がくらいつき「アメリカ」・・「低空飛行するよね」「うるさい」「何あれ、迷惑」と言い出しました。私の自宅も米軍の飛行経路のようですぐに低空飛行の爆音が聞こえるのですが、どうやら勤務校の周辺もその経路のようです。南西諸島を通って沖縄に通じるその経路は子どもたちもよく知っているようでした。 
 「どうして」と思い考えるこの子どもたちの感覚を大事に受けとめたいと考えています。

[PR]
by yksayyys | 2017-02-24 20:46 | 社会 | Comments(0)

けっこういいよ!今年の紀要!

 今日、中社研研究紀要の初稿の校正を終え印刷会社に渡しました。今回はだいぶ修正を加えました。が、全体としての出来映えはなかなかいいと思います。Iさんの水俣の授業、Oさんのアフリカの授業、それぞれ出色の授業実践です。実践報告を書いてくれたUさん、Sさんもなかなかの力作です。そこにぷくぷくさんの原稿が加わり、最後のMさんのフィールドワーク原稿も良かったです。私の原稿もいい「息抜き」(笑)になっていると思います。関係者の皆さん、届くのを楽しみにしておいて下さい。
[PR]
by yksayyys | 2017-02-21 21:29 | 社会 | Comments(1)

影響

 ウィンターセミナーにおいてすばらしい報告を行ったI中のS先生が、セミナー当日繰り返し口にしていた言葉があります。それは「自分がいかに中社研の大きな影響を受けてきたかがわかった気がする」というものです。長く事務局を務めてきた人間の一人として大変嬉しく思います。「地域素材の教材化を、地域や子どもに寄り添い実践してきた」Sさんはもう私などの遙か先を歩んでいる人だと思います。彼にそう言ってもらうだけで「やってて良かったな」とも思います。そういう路線にいろいろ批判があるのも承知していますが、これまで取り組んできたことには誇りを持っています。ただ、今後どういう道を歩くのかはこれからの人たちに委ねたいと思います。
[PR]
by yksayyys | 2017-02-21 21:22 | 社会 | Comments(1)

セミナー、勉強になった!!

 ウィンターセミナーが終わりました。内容としてはすばらしいものがありました。講座1は「社会科における主権者教育とは」と題してK大学のW准教授が話をされました。現在の主権者教育をとりまく状況をわかりやすく解説してくれました。3月11日から鹿児島で公開される女性参政権を扱った映画の日本版宣伝映像と英語版宣伝映像を比較して日本の側の人権感覚への問題提起もされました。講座2は、I中学校のS先生による「地域素材をどのように教材化してきたか」と題してI中における6年間の取り組みを報告されました。いやあ、良かったですよ。内容・方法ともに感銘を受けました。鹿児島県中社研が取り組んできた事が最も良質に継承されている気がしました。Sさんの温かい人柄も感じられた気がします。Sさんは、人口150人くらいの限界集落の島に家を建て、北九州の両親を呼んで一緒に過ごしていますが、地域の消防団に加入するなど「地域に生きる」教師を地でいっている感じでした。それを楽しんでいるのが何よりいいなと思いました。
 参加者は全部で10人ほどでした。毎回このセミナーは出席者が少ないです。事務局のメンバーから「時期が悪い」と繰り返し言われましたが、私はそうではないと考えています。Kさんは理事をつとめるNIEの会ではなくこのセミナーに参加してくれましたし、N会長も勤務校の行事の合間を縫って参加しています。「気持ち」だろうと思います。
 夜の懇親会も楽しかったです。が、自分は大失態をおかしてしまいました。飲み過ぎて後半記憶がなく、朝になって携帯電話がないのに気づきました。念のために自分の携帯に電話したら、タクシー会社の人が出ました。どうやら、タクシーに置き忘れてきたようです。その時はじめて「タクシーで帰ってきたんだ」と気づいた次第です。事務局長のTさんに1万円借りたことも後からわかりました。あーあ、私は何をやっているのでしょう!!!!!!恥ずかしい!!!!!!

[PR]
by yksayyys | 2017-02-19 17:14 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧