カテゴリ:学校( 404 )

驚異の策動!!

 今日も眼科で検査・診察でした。順調だということです。
帰りに駅で組合仲間の教員に会いましたが、そこで驚くべき事を聞かされました。勤務校の所属する自治体が、「2学期制」「夏休み短縮」を考えているとのことでした。「思いつき」「やりたがり」の自治体いや教育長ですので大いにありえることです。もちろん、私は大反対です。他の学校で実施しているところはありますが、そこはすべて冷暖房完備の学校です。うちは冷暖房完備の教室なんてどこにもありません。子どもの環境、職員の労働など一顧だにしない「思いつき」「やりたがり」の発想です。それを聞いて一気に疲れてしまいました。

[PR]
by yksayyys | 2017-08-19 15:59 | 学校 | Comments(2)

職場のフィールドワーク

 今日の午前中は職員研修「郷土のフィールドワーク」でした。希望者のみの参加でしたので「4,5人かなあ」と思っていました。案の定、職員室の動静欄には休みの教員の名がずらり。しかし、11人の同僚が参加してくれました。想像以上の参加数でした。「楽しみでした」という同僚もいました。有り難いことです。訪ねた箇所は10カ所ほどありました。最初に「町で最も有名な史跡」を訪ねました。磨崖仏です。その後、馬頭観音、薬師堂跡、仁王像(廃仏毀釈の跡)、古石塔群、旧渋谷氏菩提寺跡を経て、最後は「風光明媚」な棚田と滝を訪ねて終わりとしました。自分の中では「ひとつのストーリー」で作り上げたフィールドワークでした。参加者には好評でした。猛暑の中ではありましたが「楽しかった」と言ってくれました。教頭は「先生の解説があったからよくわかった。だから、家族を連れていきたいけど先生の解説がないととてももたない」と言ってくれました。褒め言葉と受け取りたいと思います。「どうなるかな」と心配していましたが、どうやら成功したようです。良かった、良かった。
[PR]
by yksayyys | 2017-07-31 18:38 | 学校 | Comments(0)

明日は職場のフィールドワーク

 明日は勤務校の職員研修として設定されたフィールドワークがあります。前任校に引き続いて私が要求してできた職員研修です。ひとつ不満なのは全員出勤日に設定されていないことです。出校日の前日にいったいどれだけの人数が集まるのかはなはだ疑問はありますが、再三述べている通りたとえ何人であろうとその人たちのために頑張ろうと思っています。そう、私が頑張ると言っているのはガイドのことです。25日に下調べに行ってきました。場所はわかっているのですが、問題は駐車場の確保と移動ルートの確認です。最短経路でまわるにはどう移動したら良いか!田舎だと「この方向に行けばきっとあの幹線道路につながるはず」という常識が通用しない場合があり、大きくカーブして反対方向に向かったりどんどん山間部に向かったりすることがあります。そこを確認するためにはやはり下調べが必要なのです。
 ここのフィールドワークのキーワードは「渋谷氏」と「廃仏毀釈」です。中世の北薩で勢力を誇った関東出身の渋谷氏ですが、のちに同じく関東出身の島津氏とはげしく勢力争いをします。この地はその渋谷氏と島津氏のせめぎあいの地です。そして、鹿児島の特徴である「廃仏毀釈で破壊された寺院・仏像」があちこちにあります。が、意外にきれいに残されているものもあります。そこにさまざまな想像を働かせてもらえればいいなと思っています。この事は、昨年度の中社研の研究紀要にも書かせてもらいました。
 今から、簡単な行程図を作りたいと思います。地図は先日、地域公民館からごそっともらってきました。残部20しかないのに12ももらいました。「ちゃんと使ってもらえる人にあげる」という意味だと理解しています。晴れるといいですが・・・・

[PR]
by yksayyys | 2017-07-30 22:10 | 学校 | Comments(0)

フィールドワークの下見

f0066076_20293441.jpg
f0066076_20300132.jpg
 31日は職員研修でフィールドワークがあります。全員出勤日ではないので希望者がどれだけ集まるか心配です。今日その下見に行ってきました。時間は3時間予定しています。「長い」という声があったようですが、3時間なんてあっという間ですよね。写真上が仁王像です。廃仏毀釈の影響で下半身と腕が割られた跡があります。下は薬師堂跡です。今日初めて見つけました。渋谷氏ゆかりのものです。すぐ横の家は「堂前さん」でした。わかりやすいですね。当日は暑くなるのでしょうか!張り切ってガイドを務める予定です。

[PR]
by yksayyys | 2017-07-25 20:36 | 学校 | Comments(2)

挨拶まわり

 明日は中社研県大会のための「挨拶回り」の日です。県教委、教育事務所、市教委の3カ所まわると事務局長より連絡がありました。県教委は今年担当が替わりました。今までは温厚篤実なTさんでやりやすかったのですが、今度の方はどういう方なのでしょう。行政の人はいろいろなタイプがあって「威張りん坊」とかだと厄介なんですよね。だいたいいい人なんですけどね。まあ、いい歳なので差しさわりのない話もそれなりにできるようにはなっていますが、気を遣うことに変わりはありませんので・・・来年までにしたいなあ! 
 さっきパソコンで名刺を作り直しました。やっぱり手作りはしょぼいな!

[PR]
by yksayyys | 2017-07-25 20:24 | 学校 | Comments(0)

ノート点検から

 期末テスト後に、地理・歴史それぞれのワークとノートの点検をしました。平常点上積みのために「良かれ」と思ってやっているのですが、提出しない生徒が2割ほどいてこれはこれで大きなストレスとなっています。そんな中、嬉しい事いや驚くべき事がありました。ある女子生徒のノートを点検したところ、とてもきれいにまとめてありました。そして、ノートの右隅5㎝ほどのところに線が引いてありそこにぎっしりメモらしきものが書かれてありました。「どこかの出版社の要点まとめかな」と思ってじっくり見てみるとそうではありませんでした。私が授業で口にした事がほぼすべてそこに書かれてありました。例えば、大塩平八郎の「陽明学」という言葉には「知行合一 西郷隆盛も」などと書かれてありましたし、藩政改革の「薩摩藩」には「調所広郷 密貿易 黒糖収奪 にせ金造り」のメモがありました。そのメモを読みながら「このノートがあれば自分の授業分析が出来るな」と思ってしまいました。授業で使った資料も、ファイルに綴じるのではなくノートにその都度貼り付けていました。いやいやそんな生徒がいるんだったらもっとちゃんとした板書計画と解説をしないと・・・と思ってしまいました。

[PR]
by yksayyys | 2017-07-20 20:51 | 学校 | Comments(3)

「あなたを守る」!?

 今年の夏も「研修」を20日ほど取ることにしました。うち半数の10日間は「自宅研修」です。職場では、今年も、私以外(行政の研修以外)誰も取ることのない「研修」です。一昨日、校長に呼ばれました。毎年のことです。「なぜ、自宅でないとダメなのか。」の説明を求められるのです。口調は柔らかですが、明らかに「行政から聞くように言われているので・・・」という聞き方でした。理由は、これまで「論文や報告書を書くのに、自宅の蔵書が必要。」「学校のネット環境では調査ができない。」というものでした。ただし、ネット環境についてはここ1年の間に劇的に改善された気がします。あとは「蔵書」だけですが、これまで買い貯めた4000ほどの本がこういう時に役に立っています。ほとんど読むことの少なかった10年間くらいの学会誌もこういう時に「存在意義」を示します。本当にそうなんです!でも、ここまで理由を整えないと「自宅研修」が取れないという事の方が問題なんですけどね。
 今年、校長が繰り返し強調した言葉がありました。「あなたを守るためです。」という言葉です。1,2年のうちに市教委の学校訪問がある。その時に必ず指摘を受ける。その時のために正当な理由が必要である。ということのようです。何かの「不祥事」から守ろうとしている口調で面白くありませんでした。しかし、今「自宅研修」への圧力が相当なものであることはわかっていますので「よろしくお願いします。」とだけ言っておきました。「正当な権利」だと思いますけどね。この「研修権」闘争に関しては、私はよく頑張っていると思います。20年前のように「激烈な口調」で闘うことはなくなりましたが、周囲の戦線離脱と行政からのやんわりとした意地悪の中で一貫して研修権を変わることなく獲得しています。正直言って、私この時期の「研修」があるからこそ教師を続けられてきたような気がします。知徳体の徳と体が著しく劣る私としては知を磨くしかこの世の中で生きていくことはできないのです。「自分の力で自分を鍛えていく」それがこの時期に自分に課したテーマなのです。

[PR]
by yksayyys | 2017-07-20 06:35 | 学校 | Comments(4)

地震

 今日の午前11時58分、かなり大きな地震がありました。私がちょうど3時間連続の授業が終わり、疲労困憊の状況で「さて、コーヒーでも飲みながら通知表の評定をつけようか」とコーヒーカップ片手に職員室のイスに座ろうとしていた矢先でした。大きな揺れが2度ありました。かつてない揺れでした。臨時ニュースによると震度4の揺れだったとのことですが、もっとあったのではないかと思ったくらいでした。急遽校内放送を入れて、全生徒全職員を体育館に集めました。本来なら校庭なのでしょうが、外は雨でぬかるんでいましたのでしょうがないと思いました。15分ほど待機した後、校長が状況を説明した後、授業を再開しました。「震源地は鹿児島市喜入付近。マグニチュード5,2。最大の震度は5強ということでした。」都市部での地震だけに被害が心配されましたが、今のところ大きな被害はなさそうでした。北部は豪雨災害、南部は地震。九州は大変な事になっています。大昔だったらこのような天変地異が続けば「○○の祟り」となったのでしょう。 そう思いたくもなるほどの災害続きですが・・・
[PR]
by yksayyys | 2017-07-11 19:03 | 学校 | Comments(1)

保護者のおしゃべり

 金曜日は勤務校のPTAでした。昼は学年・学級PTA、夜は地域ごとの地区PTAでした。どちらも私の方から説明したり報告したりする時間がありました。でも、両方とも不愉快な時間でした。理由は、保護者のおしゃべりです。私の話など聞こうともせず、ずっとしゃべり続ける保護者たち。ちっとも気にしていないところは子どもたちの比ではありません。私は2度声を荒げて「いいですか」と注意を促しました。が、気にしている風ではありませんでした。ただ、この傾向はうちだけではありません。息子の学校のPTAも似たようなものでした。授業参観など教室にも入らずにローカでペチャクチャペチャクチャ!質疑応答では何も言うことはなく、終わってしまうとあちこちに小さな輪を作って誰に向けてか「罵詈雑言」!夜の地区PTAに至っては「宴会か」と思わせる騒々しさ!
 何とも気の重い1日となりました。

[PR]
by yksayyys | 2017-07-09 07:37 | 学校 | Comments(0)

中1ギャップ

 特別支援の研修会に行ってきた先生から興味深い話を聞きました。「中1ギャップは4月ではなく9月に起こる」というものでした。4月は新入生も張り切っており、部活動の始まり、新しい友達との出会いなどもあり順調に過ごすことが多いという。しかし、9月は「夏休みの宿題が終わらない」「炎天下の中、見通しもない中はてしなく続く体育大会の練習」などの理由が「休み明けで気持ちが乗らない」ことと重なり、一気に不登校の生徒が増えるのだという。たしかにそう実感する。毎年、9月から不登校が本格化するような気がする。「宿題」「体育大会」「暑い」この3つがキーワードかなと考える。この夏をどう過ごさせるか、中学教師としてひと工夫もふた工夫も必要な気がしてならない。
[PR]
by yksayyys | 2017-07-06 06:10 | 学校 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧