ブログトップ

アマノジャクはこう考える

カテゴリ:学校( 417 )

どうなることやら

 私は明後日から2泊3日の「集団宿泊学習」が始まる。そして、なんと妻も2泊3日の「修学旅行」が始まる。かつてなかった事態である。問題なのは、我が子たちである。最初は休ませて実家の両親に預けようと思っていたが、「学校教育」の成果でしょうか(笑)、娘が「病気以外では休んじゃいけないんだよ。」と言い張りました。たしかに来週運動会も迫っており、なかなか休みにくい状況のようです。結局、宿泊は実家ですが、学校には通うということになりました。大変なのは77歳の両親たちですが、逆に「大丈夫、大丈夫」と張り切っています。孫可愛さなのでしょうか。とにかく、かつてない事態がどう推移しますか。やってみるしかありません。でも、嫌いだなあ「宿泊」行事!「24時間」いや「72時間」仕事が続くのはしんどいものです。唯一の楽しみは「登山で痩せられるか」です。はい!
[PR]
by yksayyys | 2009-09-27 21:21 | 学校 | Comments(0)

体育祭終わる!

 今日は代休です。昨日が勤務校の体育祭でした。いわゆる「降らず照らず」の絶好の天候のなかでの体育祭でした。練習は2週間足らずでしたが、これまで見た体育祭の中でも一番良かったと思える内容でした。何がいいのか!それは、「教師の指導性」と「生徒の自主性」がほどよくミックスされていることでした。言い換えれば、教師と生徒が相互の領域を大切にしているということだろうと思います。応援団の演技も団と他の生徒の一体感が伝わり、見た目も美しいものでした。「誰が教えたのか」と聞いたところ、「自分たちで」と言いました。こういう「伝統」もあるんですね。体育祭の練習というものは校種にかかわらず「教師の怒号」の中で行われるのが普通です。練習の間、生徒は奴隷と化します。少々の暴言は許される状況となります。特に体育教師は「評価の場」ですので、しゃかりきになります。教委やPTA、地域の実力者がみんな来ますからね。いやがうえにも力が入るわけです。そういう意味でうちの学校の体育祭は「ほどよい」ものでした。おそらく二人の体育教師の穏やかで明るい人柄が影響しているのだろうと思います。私はこの二人が大好きです。もちろん子どもとの関係もいいです。こういう人達は無条件に「尊敬」できますね。(ちなみに組合員仲間です。)ひとつ嫌だったことは、練習期間の「暑さ」!9月だというのに、毎日35度を超える気温でした。頑張ったつもりの私も練習最終日はダウンしました。でも、天候のことはしょうがないですね。とにかく、いい体育祭でした。
 ただ、最終日のダウンのせいで明日のテストの問題ができていません。代休に仕事してます。でも、イチローの試合も見ています。へへ!
[PR]
by yksayyys | 2009-09-14 08:09 | 学校 | Comments(0)

現役です!二宮金次郎!

f0066076_21405420.jpg
f0066076_21411088.jpg

 鹿児島の学校には結構この二宮金次郎の銅像が残っています。今日もドライブの途中で見つけて思わず写真を撮りました。建てられたのは1936(昭和11)年です。台座の説明によれば「非常時の際の青少年の善導のため」とありました。問題は、今この銅像を教師達がどう語っているかですね。ちなみに奄美には「奉安殿」も残されています。「大日本帝国」は健在なり!
[PR]
by yksayyys | 2009-09-06 21:45 | 学校 | Comments(0)

劇やろうかな

 今年の文化祭では久しぶりに劇をやろうかなと思っています。担任ではありませんが、1年生の2クラスから希望を募ってやろうかと思っています。自分から言うつもりはありませんでしたが、他の先生からの申し出もありましたので前向きに考えようと思います。素材は「特攻」と「強制連行」です。以前作った特攻を扱った「お兄ちゃんの手紙」を改作しようと思っています。あれを作った時にシナリオに今の勤務地が出てくるのですが、まさか自分がそこに異動するとは思いもしませんでした。これも何かの縁ですので、チャレンジしてみようと思います。山田洋次の視点でメガホンをにぎろうと思います。へへ!
[PR]
by yksayyys | 2009-09-05 10:59 | 学校 | Comments(0)

体育祭の練習

 体育祭の練習が始まりました。まだまだ炎天下ですので、ぐったり疲れました。「暑さ」による疲れ、「運動」による疲れ、「年齢」による疲れ、すべてがないまぜになった疲れです。「ひと晩ぐっすり寝れば」というのも若い時に通用するセリフで、翌日も「慢性疲労」状態です。そのせいか夜は9時過ぎ頃から猛烈に眠くなります。電話に2本出たのですが、どういう受け答えをしたのか記憶が定かではありません。とにかく、体育祭当日まではこういう日々が続きます。「倒れない」程度に頑張ろうと思います。 
[PR]
by yksayyys | 2009-09-03 20:50 | 学校 | Comments(0)

夏休みの課題

昨日、今日で「夏休みの課題」がほぼ出そろいました。今年は「自由研究」ではなく「課題研究」を出しました。「次の3つからどれかを選んでレポートを作成せよ」というもので課題は「①地域の歴史あるいは現状と課題」「②戦争体験の聞き取り」「③旅行記」でした。「よくできてるなあ」と思わせるものは2割程度でしたが、その2割になかなか出色のものがありました。 生徒がそれぞれの課題を選んだ比率は①6割②3割③1割といった感じでしたが、個人的な興味としては「戦争体験の聞き取り」に貴重なものが多くありました。「強制連行」の実態についても「新しい情報」がいくつもありました。いちばん多かった「地域の歴史」はかなりの「格差」がありましたが、かなりの「完成度」をほこるものもありました。そんな中「オーッ」と思わせたのが「地域の課題」について書かれたもので「市民のために多額の税金を投入して作られた自転車道がほとんど使用されていないのはなぜか。」という「問題提起型」のレポートでした。この生徒は、市議会の議事録に加え、市役所に直接取材して報告書を作成していました。今まで見たことのない内容のものでした。今回は、この優れた課題を文化祭に出品するだけでなく、1,2年生の授業の教材としても活用しようと思っています。「期待以上」でした!よしよし!
[PR]
by yksayyys | 2009-09-03 20:49 | 学校 | Comments(0)

職員研修

 寝不足で疲れています。理由は、今日の職員研修の準備に遅くまでかかったせいです。研修のテーマは「郷土教育」でした。もちろん「得意分野」です。ただ、今日お休みだった研修主任からひとつだけ念を押されていました。「私は当日いませんが、文部科学省と県教委が出している郷土教育の目的には必ず触れるように」!私は内心「失礼な」と思いましたが、いちおう冒頭に触れておきました。提起の最後に、「説得力をもってひっくり返せばいい」そう思ったからです。内容は、渾身のものでした。53枚のスライドとレジュメ7枚を使って、ちょうど1時間しゃべり倒しました。真夏の午後1時からということであいまに居眠りする人はちょこちょこいましたが、おおむね聞いていたと思います。流れとしては「貿易と交流」「神話との関係」「かくれ念仏と一揆」「交通体系と変化」「戦争」という順番でした。底流に流れるテーマは「川と海と自由」でした。質問にもすべて答えることができました。が、力が入りすぎたので、終わってからドッと疲れがきました。そして、眠気が襲ってきました。睡眠3時間!40半ばにはそろそろきつくなってきたような気がします。ちょっと前までへっちゃらでしたけど!とにかく成功に終わって良かった!(と私は思っています)
[PR]
by yksayyys | 2009-08-21 21:29 | 学校 | Comments(0)

とった狸の皮算用!?

f0066076_237858.jpg
今日のアクセス数が140を超えています。何かが検索に引っかかったのでしょう。
 気にせずに7月最初の記事を書きます。これはうちの学校の畑で育てているとうもろこしです。2年選択技術の生徒達が植えたものです。毎日生徒たちが生長を確かめにきています。先日も小柄な男の子が「ゆでで食べるのが楽しみです」と嬉しそうに語っていました。が、この写真を撮った翌朝、このとうもろこしが食い散らされたあとが見つかりました。担当の先生曰く「狸だろうなあ」ということでした。毎年似たようなことがあるとのことでした。まあ、狸も生きていかなくてはならないでしょうから、しょうがないといえばしょうがないのですが、あの生徒たちの楽しみにしている姿を見ている私としてはやはり残念でなりません。「ごんぎつね」のように誰か困っている人のために運んでいるのなら許しますが、あの様子だと「自分の食欲のため」だけでしょう。残ったとうもろこしについては担当の先生は「収穫を急ぐ」と言っていました。本当、いろいろなことがありますね!
 
[PR]
by yksayyys | 2009-07-03 23:16 | 学校 | Comments(0)

部活!

 6月病です!4,5月の勢いがありません。でも、いつものことです。異動した最初の年は必ずそうなります。「あれが違う。これが違う。どうにかしなければ。」と思う気持ちと周囲との齟齬に「戸惑い」を感じることから生まれるものです。雨がちな天候や持病の喘息にもその理由があるのかもしれません。今日は、「総体」でした。生徒の7割以上が部活の大会でいないという状態でした。しかし、授業は6時間。もちろん、ほとんどが「自習」!7割の教職員もいないのですからしょうがありません。「こんなところで授業時数確保してもしょうがない。1,2時間授業カットすれば!」という私の提案もあっさり却下されました。ただ、仲間の体育教師の発案で午後からサッカーの決勝を全校応援することが許可されました。私も引率に加わりました。試合は3対1で負けました。試合終了後、応援団に挨拶するサッカー部員のほとんどが泣いていました。県大会に行けるとは言え、全校応援の前で「完敗」したのが悔しかったのでしょう。この写真はその応援団への挨拶の後、ベンチに引き返す後ろ姿です。部活の意義については私は「8対2」の割合で否定的です。ただ、今の中学校では「人間教育は部活で行っている」という実態があります。学級経営や授業でできないことを「課外活動」が引き受けているということです。私の周囲の教師たちもほとんどすべて部活に熱心です。少なくとも「組合活動よりは部活動の方が優先順位が上」という人が多いと思います。ただ、自分も中学時代を振り返ると「野球のユニフォーム姿」しか思い浮かびません。「部活以上の価値を子どもに与えられる」か「部活の比率を下げて他に目を向けさせるか」しか方法はないと思いますが、現状としてはこれだけ「部活教師」が多い以上変革は困難だと思います。私は、何を言われても「部活教師」にはなりませんが・・・・・・ただ、この後ろ姿の悔しさはよくわかるつもりです!f0066076_20202149.jpg
[PR]
by yksayyys | 2009-06-24 20:13 | 学校 | Comments(3)

教え子

 最近、かつての教え子とよく会います。学校帰りに買い物をするとかなりの確率で会います。細かく言うと、2軒のスーパーと1軒のコンビニではレジを打っていました。つまり従業員でした。あと、そのコンビニで3人の教え子と顔を合わせました。おとといは朝早くコーヒーを買いにコンビニに入ると妙につきまとう作業服の人がいるなあと思ったら、いきなり私のおなかを触ってきて「ずいぶん出てきましたねえ先生」と言われてしまいました。よく会うのも無理はありません。かつて7年働いていた学校の校区を通って勤務校に行きますので、どうしてもその近辺はウヨウヨしているんですよね。まあ、私の自宅の50M先にもひとり住んでますけど。23年目に入ると教え子も相当数になりますから無理のない話です。あ、そうそう今日「組合員のてびき」を見ていたら「永年勤続として45歳と55歳に2日間の休暇がもらえる」という制度を発見しました。もちろん、使うつもりです。先輩方はどのように使われましたか?
[PR]
by yksayyys | 2009-06-20 10:31 | 学校 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31