カテゴリ:学校( 383 )

石塔群の中の延命地蔵

f0066076_3385518.jpg
 玄豊寺跡石塔群を訪ねました。川辺のお寺の末寺のようです。結構大きいお寺のようでしたが、今は跡形もなく石塔が寄せ集められていました。その中にあった延命地蔵です。首から上が切り離されているのはおそらく廃仏毀釈のせいだろうと思います。本当に鹿児島中にこういう仏像、神像が放っておかれています。残酷ながらも貴重な遺跡だと思うのですが・・・仏様自体はとても優しいお顔をしています。
[PR]
by yksayyys | 2016-07-21 03:42 | 学校 | Comments(0)

研修

 今年の夏季休業中も研修を10日間取ることができました。7日間が自宅研修であとは歴教協全国大会が1日、Hフィールドワークが2日間です。自宅研修については予想通り校長から「どうしても自宅でないとダメなのか」という呼び出しが2回ありましたが、丁寧に「どうしても自宅でなければできない。」理由を述べて了解をもらうことができました。具体的に言うと「自宅にしか資料、書籍、データがなく論文を書くには学校に持ち込むのは物理的に不可能である」という事です。これまでもそれ以上突っ込んでくる管理職はいなかったと思います。歴教協全国大会とフィールドワークは案内文を添付することで了解をもらいました。実は私は内心こちらの方を心配していました。フィールドワークは何も心配はいらないのですが、問題は歴教協の方でした。今年の沖縄大会は例年以上に政治色の濃い内容になっていると思います。辺野古の基地問題を抱えているからだと思いますが、講演内容、タイトルなど「突っ込まれるかもな」と覚悟していましたが、実際は何もありませんでした。妻が言うには「県教委、市教委の後援があるからじゃないの!」ということでした。まあ、翁長知事、稲嶺市長の教委ではありますが、教委には違いありませんからね。
 ともかく、例年に比べて少なくはありますが、今年も無事に研修が取れました。取れた以上はきちんと研修するつもりです。私は、真面目ですのでこれまでも学校でブラブラしている人たちよりも遙かにきちんと自宅で研修してきました。大いに成果を出そうと思っています。それが怒濤のように忙しい2学期を乗り越えるモチベーションにもつながります。
 惜しむらくは、最近組合員仲間も研修を取らなくなったことです。妨害をおそれての事だと思いますが、この研修権のたたかいを放棄しては、教師の主体性を維持するのは困難であると私は信じています。
[PR]
by yksayyys | 2016-07-21 03:24 | 学校 | Comments(0)

終業式

 今日は終業式でした。私が進行でした。教務に言われるまですっかり忘れていました。わかっていればカッターシャツにズボンくらい準備したのですが結局ジャージでした。
 今度の終業式については担当学年の生徒たちとの約束がありました。「一番先に整列し終える」ということです。今まで最上級学年をいいことにずいぶん遅く行動して私たち職員のひんしゅくを買っていました。そこで1週間前の学年集会で私が苦言を呈し約束させたのです。そして、今日。さすがに早かったです。ダントツで早かったです。おかげでずいぶん進行が早まり、生徒たちはいつもよりたっぷり大掃除に時間をかけることになりました。
 しかし、とりあえずいい終わり方ができて良かったです。あともうひとつ生徒指導担当から良い知らせがありました。「今日はひとりの欠席者もいません。」ここ数年の念願であったと聞きました。
 安堵の終業式となりました。
[PR]
by yksayyys | 2016-07-20 18:10 | 学校 | Comments(0)

学級園

 1学期最後の大仕事は学級園の作業でした。学校には直径5メートルほどの円形の学級園がありそこが私の担当している学年の区域となっています。そこに花の苗を植える作業をしないといけないのですが、苗を植えるどころかそこは「草ぼうぼう」となっていました。他の学年の学級園はこじんまりとしてあっという間に作業を終えていたようですが、私の学年はまず草を取ることから始まりました。別に私が緑化・美化の担当ではないのですが、他学年も一番年長者がその準備にあたっていましたので、自然と私の仕事のようになっていきました。昼休みと掃除時間ボランティアを募って草取りをしました。幸い、多くの生徒が参加してくれました。先週の金曜日には草取りを終え、耕耘機まで持ち出して土を耕し、肥料とまぜて苗を植える直前まで作業を終えました。老体(笑)に鞭打っている姿が痛々しかったのか実に多くの生徒と職員が手伝ってくれました。そして、昨日の5時間目にようやく苗植えまで完了しました。かなりふざけて作業をするのではと心配していましたが、多くの人たちの作業を見ていたせいかみんなまじめに取り組んでくれていました。とても嬉しい光景でした。
 終業式の今日は、学級園に小さなスプリンクラーが設置され水が撒かれていました。

 おかげでちょっぴり痩せました。
[PR]
by yksayyys | 2016-07-20 18:02 | 学校 | Comments(1)

四苦八苦の中で

 ここ2ヶ月の間は、あるクラスの授業をどのように正常化するかで苦労しました。対策は大きく分けると2つです。一つは何と言っても「学習のしつけ」をしっかり身につけさせるということ。①授業中歩き回らない。②口笛を吹いたり、鼻歌を歌ったりしない。③同じ事を何度も聞かない。④忘れ物をしたら授業前に届ける。⑤授業前に授業の準備を終えておく。そういうイロハのイの部分を根気強く指導していきました。あからさまに反抗したり無視されたりもしょっちゅうですが、ここでくじけてはなりません。嫌な思いをしながら、時には大声を出しながら指導し続けました。もうひとつの対策は授業改革でした。何せ低学力の生徒が多いのです。学力テストにおいて、5段階の1に相当する生徒がクラスの三分の一もいます。ちょっとでもわからなかったりついていけなかったりすると「おしゃべり」「動き回り」が始まるのです。そこで、「全員が出来る」場面と「画像を使って引きつける」場面を作ることにしました。「全員ができる」では、教科書を見さえすればできる簡単なワークシートを毎時間作ることにしました。幸い、この時間にはじめて授業の静寂を呼び込むことに成功しました。もうひとつの「画像」では、前時の復習と本時の学習について画像をふんだんに使いクイズを取り入れたパワーポイントのスライドを毎時間使うことにしました。画像とクイズは生徒たちの興味をひくには絶好の素材で、全員が同じ方向を向いて同じ課題について話し合うという場面を作ることに成功しました。しかし、まだまだ目標とするレベルには到達していません。1学期中、もしかしたら1年かかるかもしれません。一週間に三時間のこのクラスの授業は試練の連続です。
[PR]
by yksayyys | 2016-07-02 13:11 | 学校 | Comments(0)

生徒と行った武家屋敷

f0066076_10252251.jpg

f0066076_10254612.jpg
 いつか娘と行ったIの武家屋敷中にあるM家住宅跡に生徒と行ってきました。国の重要文化財です。今回は短時間とあって、15分くらいでガイドの方から案内してもらいました。前回は、外観だけブログで紹介しましたが、今回は建物の中で紹介されている家具や器について紹介します。器は金のもので「盃洗」と呼ばれるものです。鹿児島では酒の盃はそのまま洗わずにまわしのみをするのがならわしのようですがこれは飲んだ後洗って次の人にまわすためのもののようです。写真で撮ると浮き上がって見えるということで今回も写メで撮ったのですが、どうも私には浮き上がって見えませんでした。もうひとつは鑑定すると相当な値段がするという重箱です。鑑定に出そうと思っている時に文化財に指定されてしまったということです。かなり時間をかけて説明していましたので貴重なものなのでしょう。私にはわかりません。あと、幕末に薩摩藩がパリ万博に出品したという沈寿官の白薩摩もありました。だいぶあわただしい訪問でしたが、またゆっくり時間をとって行きたいと思います。
[PR]
by yksayyys | 2016-06-04 10:22 | 学校 | Comments(0)

「はだしのゲン」の威力

 3年生の授業がちょうど第二次世界大戦の終了まで来ましたので、先週「はだしのゲン」を2時間かけて視聴させました。オバマ大統領の広島訪問直後ということもあり、タイミングという意味ではちょうど良かったと思います。生徒たちにはとても大きな衝撃を与えたようでした。これまで「はだしのゲン」を見せる時に考えたことは「生徒が被害の実相を直視できるか」ということでした。気分を悪くしたり、目をそらす生徒が多く出てきはしないかということです。が、この疑問には数年前から答えが出ています。それは、「それまでの準備・取り組み」によるということです。それさえきちんとクリアしていれば逆に生徒は食い入るように見ます。「その場限り」は一番よくないケースです。そして、今回多くの生徒が口にし、感想に書いたのが「ストーリーの良さ」でした。ゲンと家族をとりまくストーリーそのものが生徒に感動を与えるようです。この部分についてはいつも視聴後、かつて聞いた原作者中沢啓治さんの講演の話をします。そうするとよりいっそう深く生徒たちにしみ入るような気がします。最後は、朝日新聞が無料配布している「知る原爆」を見せながら感想を書かせました。いつもながら原爆の被害については「下手な解説」をするよりも「はだしのゲン」の威力は強烈です。何といってもこのアニメは文部省、全国PTA推薦なのであります・・・・・・妨害はしにくいはずです(笑)
[PR]
by yksayyys | 2016-06-04 10:04 | 学校 | Comments(0)

Kの磨崖仏

f0066076_18155921.jpg
f0066076_18163749.jpg

 同じ勤務校区内にあるKの磨崖仏です。川辺の磨崖仏ほど大規模なものではありませんが、なかなか趣のあるものでした。梵字の説明には「この文字は世界にひとつだけ」という文字がありました。今回は写真を撮るだけで背景については忘れてしまいました。これから、じっくりと楽しみながら調べようと思います。
[PR]
by yksayyys | 2016-05-22 18:21 | 学校 | Comments(0)

Fの滝

f0066076_1853256.jpg
 先日、勤務校内の史跡めぐりに行ってきました。これは、Fの滝です。地域の人たちが地域興しに活用しようとして周辺の整備が進んでいるようでした。なるほどきれいな滝でした。暑い最中ではありましたが、清涼感あふれる風景でした。
[PR]
by yksayyys | 2016-05-22 18:11 | 学校 | Comments(2)

児童養護施設

 本日、PTAの歓迎会でした。火曜日で翌日勤務でしたのでアルコールは飲まずに帰りました。もうこれで「異動の挨拶」をすることがないと思うとホッとします。
 歓迎会の席上、最も長く話をしたのが児童養護施設の方々でした。管理者と担当職員とそれぞれ30分ずつ語ったような気がします。親が保護する意思あるいは能力を持たないために施設に預けられた子どもたちの様子を詳しく聞くことができました。その話の中には最近私によく声をかけてくる生徒の名前もありました。学校では「超」がつくようなまじめな生徒が施設の担当職員の前でわがままを言っている実態も聞きました。自分の意思を表明することを頑なに拒み続けていたその生徒の成長をお互い喜び合いました。世の中には想像できないような家庭環境におかれていたり家庭すら持つことのできない生徒がいます。その子どもたちのために何ができるのか。そういうことを考えながら帰路につきました。とりあえずは明日声をかけてみようと思います。
[PR]
by yksayyys | 2016-04-26 23:07 | 学校 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧