「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

<   2008年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

県立北薩広域公園にて

f0066076_2092100.jpg
f0066076_20101941.jpg
自分の取材を終えた後、娘のために近くの公園に出かけました。こういう時にナビがあると便利ですね。すぐに検索して近道が探せました。場所は北薩広域公園。山を切り開いて作られたキャンプ場や遊具施設、体験ゾーンを備えた広大な施設でした。客は10人いたかどうか。おかげで娘もゆったりとした気分で遊べたようです。私も木陰で「何も考えずに」寝ころびました。1時間ほど過ごしてから入口近くの足湯(写真)につかってから、案内所でグルメガイドをもらって、昼食を食べに出かけました。食べたお店は、「渡る世間は・・」を思わせる中華料理店。かなり本格的な中華の味でした。前半、戦争遺跡にばかりつきあわせましたので、後半の「喜びよう」に私も安心しました。ただ、遊具施設で遊んだ疲れで私は午後から「お昼寝」でした。明日は、歴教協の事務局会です。準備をしないと・・・・
[PR]
by yksayyys | 2008-05-31 20:32 | 育児・家庭 | Comments(0)

学童疎開の碑

f0066076_18393547.jpg旧宮之城町で写真の学童疎開の碑を見つけました。大戦末期、甑島と種子島は小2から小6の学童は強制的に疎開させられました。全国的にも「有無をも言わさない強制疎開」は珍しいと思います。目的は、「学童の安全」などではなく「予科練などの学徒兵の宿泊先確保」のためでした。疎開先としては、特攻基地など軍事拠点が少ない山間部の宮之城、入来、祁答院などに集中しているようです。この疎開の聞き取りを本にまとめた和田静子さんの話によると、この疎開先で学童達はかなりの「地獄」を味わったと聞いています。強引に引き離された親たちがこっそり船に乗り会いに行こうとして米軍潜水艦から攻撃を受けたという話も聞いています。この碑自体は送り先の甑島の自治体の首長が迎えた自治体にたいする「感謝の意」をこめて建立したものです。総勢450人とありました。今は2000人に満たない人口の村ですので、けっこうな数字だと思います。「強制疎開!!」もっと注目されていい事実だと思います。
[PR]
by yksayyys | 2008-05-31 18:53 | 社会 | Comments(1)

f0066076_18282243.jpgさつま町(旧宮之城町)にある学童疎開の碑を取材に娘を連れて出かけました。妻は生研の学習会、息子は保育園に預けました。川内経由で宮之城に向かっていたところ、途中の東郷で「平和公園」という看板を見つけて立ち寄ったところ、写真のような慰霊碑を見つけました。いやあ、驚きました。2004年建立なのにご覧のように「大東亜戦争」なのです。私のこれまでの慰霊碑調査の分析では「1968年の明治百年記念で建立された大半の慰霊碑は大東亜戦争の名称。70年代以降は太平洋戦争かアジア太平洋戦争の名称が一般的!」でした。が、この碑は4年前なのに「大東亜戦争」!小泉、安倍政権で社会が右傾化したということがここでも証明されているような気がしました。ちなみに、第一次世界大戦が「日独戦争」と書かれてありました。そんな使用法聞いたことありません!!「自国中心主義」ここに極まれり!ということでしょうか!
[PR]
by yksayyys | 2008-05-31 18:36 | 社会 | Comments(0)

f0066076_18203266.jpg「実習生が基地問題の授業をする」という記事を見て東京の出版社につとめる友人からこの本が送られてきました。6月に第4版として再版されるようです。ありがたいことです。この本、21年前に組合の青年部で沖縄旅行をした時にガイドブックとして使用された思い出深いものです。再版に再版を重ねたロングセラーと聞いています。最新資料・データがつまっているようですので、ぜひ実習生だけでなく私もきちんと学習しようと思います。みなさも購入しませんか?
[PR]
by yksayyys | 2008-05-31 18:25 | 読書 | Comments(1)

 昨日、教育実習生と2週間の打ち合わせをしました。おおまかな日程を伝えた後、評価授業について「あなたがどうしてもこれをやりたいという授業でやって下さい」と私は言いました。彼は言いました。「基地問題をやらせて下さい!」・・・うーん、私はその瞬間「鳥肌が立つ」思いでした。が、素知らぬふりで「じゃあ、それでいきましょう。」と答えました。どうやら彼の指導教官は、「沖縄・琉球史」の専門で伊波普猷賞を受賞した気鋭の学者のようです。1,2時間目、私の授業を見ました。3時間目はいろいろ打ち合わせをしました。授業の感想、資料の集めから、授業の組み立て方などなど・・・・・チャイムが鳴った後はお互いアルコール好きを確認して「近いうちに飲みましょう」と言って散会しました。彼はその後必死で教材研究をしているようでした。明日は、2年の選択でビデオ「ああ対馬丸」を一緒に観る予定でいます。6月は「慰霊の日」もある貴重な月。私にとって沖縄につながる貴重な月になりそうです。きっと実習生の彼にとってもそうだと思います。よし、がんばるぞ!!
[PR]
by yksayyys | 2008-05-27 21:29 | 社会 | Comments(1)

知覧でギョ!!

f0066076_2030201.jpg「歴史地理教育」の表紙の写真を撮るために早朝から知覧まで行ってきました。妻は奉仕作業とバレーボール大会とかで私と子ども2人の3人で行ってきました。特攻平和会館の内部で見学者でごったがえす様子を撮りたかったのですが、案の定、厳しく撮影が禁止されていました。しょうがないと構内をあちこち探し回っていたところ、新しい碑を発見しました。しょっちゅう行っていると、どれが古くて新しいか、配置までわかるようになってしまっています。この写真が新しい碑なのですが、石原慎太郎の映画「君のためにこそ死にに行く」の碑でした。石原の文章が刻まれていました。写真付きで・・・ただし、この碑を表紙にする気はさらさらなかったので、どうにか他の碑や銅像、戦闘機の前で何枚かの写真を撮って、会館を後にしたところ、帰路の途中で真っ黒で騒々しい車に出会いました。そう、右翼の車です。次々にすれ違いました。おそらく7,8台くらいあったと思います。5月25日、何かの日だったのかなあと考えてみましたが、考えつきませんでした。ただ、少し気味の悪い思いもしました。私がこだわっている「特攻」「西郷」はどちらもバックに右翼がいます。いつか・・・・・・そんなことを考えたりもしました。・・・・・・・・戦前、戦争に反対した人達はこんな気持ちだったのかな・・・そんなことまで考えました。とにかく写真は先ほど送りました。採用されますかどうか・・・・
[PR]
by yksayyys | 2008-05-25 20:42 | 社会 | Comments(0)

 今日は支部とりくみ教研でした。予想通り、集まりはよくありませんでした。うちの学校も、定例分会に顔を出す5人が来ただけでした。全体的にも、どこでも顔を見る人たちばかり!!
 ただ、私は大いに満足できた教研でした。理由はいくつかあります。
(1)全体会
 私は講師起用には疑問を感じていました。市議のMさん自身は、とても魅力的な方だし話も上手なので好感を持っているのですが、本人も言われた通り「教研集会で政治的な話はどうか?」と思っていました。基本的にはその疑問は消えたわけではありません。正直言って、教研で活躍されている教師には違う政党を支持している方もいくらかいます。その方たちを前に特定の政党の議員を講師として招くことに対してはひっかかるものがあります。ただ、講演の中でそのことについて本人からその事を理由に「お断りしようとした」という言葉を聞き、少し安心しました。Mさんはそういうデリカシーを持っている方だと思っていましたから・・・講演内容はバッチリでした。議会といや政治と現場をつなぐ貴重な話だったと思います。・・・・・逆に考えると、それだけska37oさんたちがその思いをわれわれ組合員に伝えたかったのだろうと思います。
(2)分科会
 問題提起をお願いしたKさんの「模擬的授業」は、「元寇」に関するものでした。Kさんの思いのこもったものでした。そして、その後の日本中世史専門のHさんの話がその「模擬的授業」を強力に補強しました。いやあ、久しぶりに「知的興奮」を覚えた至福の時でした。まさしく「贅沢な支部教研」でした。歴史マニアの私にとって特に・・・・・・
 ただ、反省点はあります。私が、Hさんの話に聴き入っている時、「つまらない表情」をしている人もいました。理由は次の2つだろうと思います。①「歴史にそこまで興味がないので内容として面白くなかった」②「とりくみ教研は、情報交換が主となるはずなのでしゃべり足りなかった」!どちらも当たっているだろうと思います。ただ、私はここ3年間講師を招いて支部教研分科会に「風」を起こそうと頑張ってきたつもりです。私自身は大いに刺激を受け、その刺激をその後の実践へとつなげていけたと考えています。私は来年異動ですので、来年の推進委員がこれまでの私の取り組みを「総括」してくれるはずです。ダメなら改善してくれると思います。それならそれでいいと思います。私は、大いに勉強になりました。

 ということで、とてもいい支部教研でした。昼食は分会の仲間と食べました。とてもおいしかったです。はい!!
[PR]
by yksayyys | 2008-05-24 19:44 | 社会 | Comments(1)

f0066076_194117.jpg鹿児島にある国宝は照国神社の剣だけです。しかし、島津にあった国宝級の文書や絵巻が東京大学史料編纂所にたくさんあるということは有名です。エール大学の朝河貫一が研究した「入来文書」もそこにあるはずです。つまり、鹿児島の「貴重な文化財」はみんな東大にあるのです。そして、この夏それらの貴重な品々が九州国立博物館にやってきます。7月12日から8月24日まで!夏の研修場所としておさえておきましょう。当然、私は行きます。いつかはわかりませんが・・・・
 「国宝大絵巻展」は来月行く予定です!!ということで、情報提供でした!!
[PR]
by yksayyys | 2008-05-23 19:47 | 社会 | Comments(1)

表紙

 「歴史地理教育」編集部からメールあり。「表紙の写真が欲しい」とのこと。グラビアに加えて、ついに表紙も!明日、明後日でゲットしてこようと思います。・・・写真家になった気分です!!
[PR]
by yksayyys | 2008-05-23 19:23 | 社会 | Comments(0)

出番!?

 先日、入り直した日本社会科教育学会の冊子を読んでいたところ、今年の大会の案内が入っていました。そこであることを発見!全体会のシンポジウムのシンポジストにY小のS先生の名前が!!課題研究でもなくメインディッシュといえる全体会のしかもシンポジストに!!他の参加者がすべて大学教授というなか堂々の参加です。「学力論」はSさんこだわりの分野。歴教協に限らず教科研、日生連など数多くの研究会で貴重な実践を重ねるSさん、当然といえば当然の登場でしょう。そういえば、日社学の冊子を整理していたらプクプクさんの「研究ノート」の論文が出てきました。そして、さらに驚いたことに別号の「年間の実践研究をふりかえる」特集で、プクプクさんの論文がトップで紹介されていました。さすがといえばさすがです。ska37oさんも日本道徳教育学会の全体会シンポジウムのシンポジストを務めました。北九州まで応援に行った覚えがあります。飲んだのは博多でしたけど・・・・Hさんは日本学校教育学会の学会賞ですしね!・・・・・・・結論!!こういう私が一番学会活動に貢献してないような・・・・・・・出番だとは思うのですが、何をしたらいいことやら・・・・・・とにかく、私は素晴らしい仲間に囲まれているようです!そうまとめておきましょう!
[PR]
by yksayyys | 2008-05-23 19:19 | 社会 | Comments(1)