ブログトップ

アマノジャクはこう考える

<   2010年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

f0066076_2317258.jpg
 具合が悪い時は本を読むに限ります。「何も考えずに休め」という人もいますが、それは無理です。仕事を休む時に考えることは「誰に迷惑をかけているか」だけです。病状に加えて「後ろめたさ」で穏やかに眠ることなどできません。そんな時は、新聞を熟読するか、本を読むのが一番です。今回はこれを読みました。今、1年生に信長、秀吉、家康を教えているので「次に活かす」こともできるからです。やはり新しい知見がいっぱいありました。ここではふたつだけ紹介しておきます。秀吉の朝鮮侵略で朝鮮側が反転攻勢に出た理由のひとつに「朝鮮側に降伏した日本兵が鉄砲の製造技術を朝鮮側に伝えたから」というのがあるそうです。つまり、当初は「鉄砲」の威力で圧倒した秀吉軍も敵が「鉄砲」を有効利用しはじめて苦戦が始まったというのです。そんな風には私たち教えてないような・・・・・あと、こないだの公開授業で「朝鮮侵略から帰国してから武士をやめて商人になった」人物を紹介したのですが、この本の中には「暗躍する商人達」が登場します。あの授業の時は「戦いにあきあきした」とか「世界の広さに目を見開かされた」とかいう生徒の発言を紹介しましたが、そうではない事実がいっぱいあったのかも知れませんね。まあ、内心はそう思っていましたが・・・何度も言いますが、やはり「知るは喜び」なり!!
[PR]
by yksayyys | 2010-01-29 23:31 | 読書 | Comments(1)

「歴史地理教育」3月号

 昨日、「歴史地理教育」2月号が送られてきました。「トヨタをどう教えるか」というテーマでした。昨日、今日の新聞記事を読むと「いろいろ考えさせられる」内容でした。巻末に来月号の予告がありました。来月号は、私ら夫婦の原稿が掲載されます。見ればわかりますが、扱いは「妻が上」です。私の方が「格下」の扱いです。まあ、それはいいとして同じ3月号にはL学園のN先生の論考も掲載されます。私ら夫婦の尊敬するN先生が同じ号に掲載されるのです。もちろん二人とも喜んでいます。「だったらもう少し丁寧に書けばよかったな」などとくだらない後悔をしていますが、いったいどんな風に仕上がっているのか。そういえば、妻には「一次ゲラ」が届きましたが、私には来ていません。やっぱり「格下」なのかなあ!
[PR]
by yksayyys | 2010-01-29 23:13 | 社会 | Comments(1)

郷土資料編集委員会

 実は、昨日から今日の午前中まで寝込んでいました。風邪をきっかけとする喘息の発作がその理由です。1月はあまり働いていない気がします。昨日、今日で4時間自習させたことになります。それでも今日の夕方からだいぶ快復しましたので郷土資料編集委員会に出かけてきました。いろいろな懸案がありましたのでどういう状況でも「行こう」とは思っていました。会議で解決できたこともいろいろありました。が、時間切れでKさんの原稿が審議未了となりました。申し訳なく思います。でも、頭がぼんやりした状態の中でしたが、歴史に関する様々な情報が逆に私を「活性化」してくれたような気がします。「無理なような」気がしていた郷土資料集も「何となくできそうな」気がしてきています。事務局としては万全の態勢で「仕上げ」をせねばと考えています。2月は、「元気」にならないと!
[PR]
by yksayyys | 2010-01-29 23:03 | 社会 | Comments(0)

宮嶋論文

 「思想」の宮嶋博史の論文を読みました。「東洋史の泰斗が日本史界に挑戦状を叩きつけた」そんな文章でした。東京の友人Mが言うように「勉強になりました。」近代に入る中国、朝鮮が日本以上に「近代社会」の基盤を持っていたという部分は全く新しい知見でした。自分もいつのまにか「日本はアジアの優等生」神話に毒されていたのかも知れません。ただ、私にわからないことは「日本と違い儒教文化を維持した中国、朝鮮がどのように優れているのか」ということです。私が近代国家を評価する基準は「個人の主体性をどこまで認めうる社会か」ということです。とにかく大きな「問題提起」を受けた気はします。M、ありがとう!!
[PR]
by yksayyys | 2010-01-26 18:57 | 社会 | Comments(0)

編集

 今日の空き時間はすべて中社研の実践報告集の編集作業でした。編集部で書き入れる文章と原稿チェック、体裁の確認など、思ったより時間がかかりました。が、何とか今週じゅうには印刷会社に持って行けそうな感じです。ここ数年ではいちばん早いです。とは言ってもすぐに郷土資料集の編集が始まりますが!授業をしながらはなかなか大変ですが、今日ばかりはインフルエンザによる学級閉鎖が「ありがたく」感じられました。
[PR]
by yksayyys | 2010-01-26 18:45 | 社会 | Comments(0)

バースデープレゼント

f0066076_19145288.jpg
 今日は息子の誕生日!家族4人で買い物に出かけ、最終的に自転車を買ってやりました。自転車専門店で、何百と自転車が置いてあったのですが、息子は最初に店員が紹介した20インチのものがすっかり気に入ってしまい、他のものには全く興味がない風でしたのでそれを購入しました。帰ってきてからはご覧の通り大はしゃぎで乗り回していました。それにつられてか娘も久しぶりに乗り回していました。あと2ヶ月余りで、別居生活が始まります。それまでの時間を大切にしようと思います!!
[PR]
by yksayyys | 2010-01-24 19:20 | 育児・家庭 | Comments(0)

 岩波書店から出ている雑誌「思想」の「韓国併合100年」特集号を探しているのですが、どこの本屋にもありません。図書館で探してもいいのですが、できたら買いたいと思っています。でも、年間購読する気はありません。特集によっては「お手上げ」の時も多いので!!ネットでも引っかかりません。どっかにないかなあ!

 ということで結局岩波書店から直接購入することにしました。送料をケチろうとした私でしたが、しょうがないですね!
[PR]
by yksayyys | 2010-01-23 19:00 | 読書 | Comments(0)

大河ドラマと史実!

「大河ドラマ入門」を読んで思いました。「誰の演技がどうだった」という話はどうでも良いのでぜひ「大河ドラマは史実とこう違う」という本を1冊作って欲しい!以前K大の中世史のH先生は「どこが史実と違うかを探すよりもどこが史実と一致しているかを探す方が早い」と言っていました。専門家から見るとそうなのかもしれませんが、一般の人は「細かいところに違いはあるにしてもおおよそは史実に則っているのではないか」と思っているのではないでしょうか。そういう意味で、「大河ドラマではこういうストーリーであるが、実際にはありえない」「大河ドラマに出てくる人物は実在していない」という本が1冊くらいあっていいのではないでしょうか。NHKから「買ってはいけない」指定を受けるかも知れませんが、私は買いますよ!
[PR]
by yksayyys | 2010-01-23 18:55 | 読書 | Comments(0)

実践報告集ほぼ終了!

 中社研の実践報告集の原稿がほぼ出そろいしました。原稿不足に心配しましたが、今年も何とかなりそうです。例年より「個人の実践」が少なくなりましたが、その分県大会や全国大会、フィールドワークなどの「中社研」の行事に関わる原稿が充実していると思います。問題は「顧問校長あいさつ」です。まだ来ません。もう無理でしょうね。この巻頭言をどうするか。みなさん、知恵をください!
[PR]
by yksayyys | 2010-01-23 11:45 | 社会 | Comments(0)

8時だよ全員集合!

 先日、テレビで「8時だよ全員集合」のスペシャル番組をやっていた。私は車の運転中であったが、子ども達が腹をかかえて笑うので思わずテレビ画面をチラチラと見ていた。あのころは土曜は半ドンで日曜日が休みだったので、土曜日の解放感は今の金曜日の比ではなかったように思う。だからか、土曜日夜の番組は楽しくてしようがなかった。特に7時半の「お笑い頭の体操」(のちに「クイズダービー」)から8時の「8時だよ全員集合」9時の「Gメン75」まではよーく覚えている。親も土曜日は「特別の日」と考えて10時ころまでテレビを見るのを許していたのであろう。今見ても「全員集合」は面白い。生放送ゆえの緊張感と迫力があったし、何といっても大仕掛けのセットや加藤茶、志村けんのばかばかしいギャグがおかしかった。あと、今回気づいたのが、大物歌手、大物俳優たちが笑いのネタあるいは笑いの中心に使われているということだった。三船敏郎が聖歌隊のコーナーで「生麦生米生卵」とやったのは昨日のように覚えている。松田聖子や八代亜紀が殿様の侍女役で笑われていたり、五木ひろしが押し売り役をやっているのを見て、うちの子ども達はお笑い芸人だと思ったようである。今の松本伊代が言っていたが「当時、先輩たちはこの番組に出るのを楽しみにしていたから思いっきり演技できた」そうである。私は、キャンディーズが体操シーンなどで無理している表情が妙に気の毒だったのを覚えている。いやあ、「懐古趣味」は好みではありませんが、ついつい語ってしまいました。終わり!
[PR]
by yksayyys | 2010-01-23 11:40 | 育児・家庭 | Comments(0)