ブログトップ

アマノジャクはこう考える

<   2010年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ETV特集「よみがえる戦場の記憶」を見て

 見終わって茫然としてしまいました。どんな理屈よりもどんな分析よりも、これらの事実がずっと重い、そう思いました。見たみなさん、そうは思いませんでしたか!沖縄戦ってそういうものだったんです。この番組に登場するひとりひとりの人生が「凄まじい」ものでした。涙なしには見ることのできないそういう人生でした。沖縄の血を引く人間としてあまりにも重たい番組でした。
[PR]
by yksayyys | 2010-06-27 23:17 | 社会 | Comments(2)

「郷土史と近代日本」

f0066076_21493510.jpg
 広告鳥さん、私が言っていた本はこれです。タイトルだけからすると研究テーマにずばり重なりそうですよね!
[PR]
by yksayyys | 2010-06-27 21:50 | 読書 | Comments(1)

妻が

 夕方から妻が寝込みました。頭痛とのこと。先週は私が体調を崩しましたが・・・・・
天候不順の折、みなさんも気をつけて下さい。
[PR]
by yksayyys | 2010-06-27 21:44 | 育児・家庭 | Comments(0)

判決書教材研究会

 今日は午後6時から判決書教材研究会でした。とは言っても私、開始時間を1時間間違えて迷惑をかけてしまいました。でも、この会にはいつも知恵と元気をもらいますね。今日も、数えくらいの多くの収穫をもらいました。報告されたHさん、Sさんの研究はどれもオリジナリティーに富むものでした。懇親会の会話もまた貴重なものでした。帰り際、Hさんはわざわざ帰りの電車を遅らせて缶コーヒーで私につきあってくれました。そして、貴重な示唆をたくさん与えてくれました。幸せなひとときでした。
[PR]
by yksayyys | 2010-06-27 00:00 | 社会 | Comments(0)

荒野泰典・石井正敏・村井章介「日本の対外関係1東アジア世界の成立」(吉川弘文館)

f0066076_1025595.jpg
 今まさに興味のあるテーマのシリーズ本が出ました。シリーズ名は「日本の対外関係」!これから続くタイトルは「律令国家と東アジア」「通交・通商圏の拡大」「倭寇と日本国王」「地球的世界の成立」「近世的世界の成熟」「近代化する日本」!どうです!どれも面白そうですよね。ネックなのは1冊5500円という価格。最初がこれですから続巻も安くなることはないでしょうね。でも、しっかり勉強しようと思います。
 
 
[PR]
by yksayyys | 2010-06-26 10:11 | 読書 | Comments(0)

徐京植「植民地主義の暴力」(高文研)

f0066076_9435238.jpg
 午前中時間ができたので久しぶりに本を読んでみる。この本は東京の出版社に勤める友人が担当した本である。あとがきの最初にこう書いてある。「先の見えない出版冬の時代に、あえてこうした書物を出して下さる出版社の方々に、まず感謝申し上げる。」本当にそう思う。ただでさえ本が売れない。電子書籍なるものが取りざたされてくると余計にそう思う。しかし、友人Mは「この人の本を出したいという思いがモチベーションを維持させている」と
以前語っていたように思う。そういう「社会的意義のある本」がもっともっと売れる時代が来てほしいものである。この著者、本人もそう言っているように「きびしい」人だと思う。しかし、事実と体験に根ざした峻厳な「きびしさ」である。「和解という名の暴力」という文章があった。最近、日韓、日中、あるいは南北という関係に「和解」という言葉を使うことが多い。私も、授業をする時に「和解」はマイナスイメージとしては使っていない。しかし、「和解」という言葉、作業で覆い尽くされてしまうものに対しては常に敏感でなくてはならないと思う。それは、筆者が在日韓国人ではなく在日朝鮮人であることからくる「きびしさ」なのかもしれない。本書は評論集である。それだけに短い文章の中にこめられたものは深いと言える。
[PR]
by yksayyys | 2010-06-26 09:59 | 読書 | Comments(0)

郷土資料集の御礼

 郷土資料集の発送を昨日終えました。県内は今日到着したはずです。早速、夕方同じ市内の方から電話がありました。とても喜んでおられました。県の郷土史の指導員をされているとかで、「郷土史講座で使わせていただきます。」「ぜひ他の方にも紹介させてもらいます。」とのこと、ありがたいことです。F地区の方は観光ガイド協会の方で10冊注文してくれました。通勤途中のため手渡ししました。送料がかかりませんから。先月は、資料提供などでお世話になった方々に贈った寄贈分の御礼がたくさん届きました。特に百貨店Y屋とJ女子短のHさんからは鄭重なお手紙をいただきました。みなさん律儀です。素直に嬉しいです。ここ数日の心配事も忘れてしまいそうです。実は、今日も注文が来ていました。合計6件、9冊の注文でした。うち1件は追加注文でした。鹿児島市内の観光ガイドからで「在庫があればさらに追加したい」とのことです。Y塾からもありました。実は、もう封筒はなくなり、本もあと10冊あるかないかです。まだまだこの仕事は続きそうです。うれしい悲鳴です!
[PR]
by yksayyys | 2010-06-23 21:59 | 社会 | Comments(0)

注文殺到

 このブログでも何度か紹介した郷土資料集が16日のM新聞で紹介されました。その記事中に「欲しい方は」と請求案内を載せたところ、昨日までに件数にして約100,部数にして約250の申し込みがありました。「学校の教材」はもちろん、「古文書講座の資料」として、「社会教育の備品として」「故郷を振り返りたくて」などの理由で東京や北海道からの申し込みもありました。課題も出てきましたが、これは致し方ないでしょう。現在は、発送作業の真っ最中です。ひとりでやってますので大変ですが、それだけの数の方に届けるのですからやり甲斐もあります。感想とかも聞いてみたいなあ!
[PR]
by yksayyys | 2010-06-20 06:49 | 社会 | Comments(3)

資料館見学

 久しぶりです。このごろ、本当にいろいろな事がありまして・・・・・どうも神様は私にまたドラマチックな経験をさせたがっているようです。
 ということで、今日は穏やかな記事を!
 郷土研究会初の「土曜バージョン」でK峰歴史交流館に行ってきました。実は、前回ブログで紹介した「俺も行かせてくれ」と言っていた生徒の保護者が今回ついに参加するつもりでした。が、一昨日身内の不幸があって急遽その親子が参加できなくなりました。ということで生徒4人と私の5人で行ってきました。9時半から11時近くまで館内を見学させてもらいました。入館料は減免申請したおかげで無料でした。前半40分は館の方が案内してくれました。私自身が説明を受けるのは3回目ですが、いつもボーッとしているんでしょうね。今回の説明も新鮮に聞こえました。生徒達も真剣でした。館の方も「熱心な生徒達ですね」と感心していました。全員が初めて来たということでしたが、私が「もうそろそろ」と言っても「もう少し」と粘っていました。いいことです。計画ではK峰山に登るつもりでしたが、雨のせいで中止しました。
 収穫がもうひとつありました。「うちの学校に来てもらって土器などを紹介してもらえませんか?」と頼んだところ、快く引き受けてもらえました。今年のテーマのひとつ「歴史研究との連携」がひとつ実現した気がしました。
 久しぶりに心の和んだ1日でした。
[PR]
by yksayyys | 2010-06-19 20:26 | 社会 | Comments(0)

人権・同和教育の研修

 今日の職員研修は私が問題提起でした。テーマは「人権・同和教育」です。年間に2度「人権・同和教育」の研修が組まれているのですが、2回目は実践編とし地区内の実践家に「授業づくり」を提案してもらうつもりでいます。今回は、理論編としてオーソドックスに「人権・同和教育とは何か」と題して話しました。最初の40分は「部落問題の歴史」を古代から順を追って説明しました。途中、近代に入ったところで映画「橋のない川」を15分ほど解説しながら見てもらいました。映画後は、戦後の「オールロマンス事件」「結婚差別」「地名総鑑事件」などにふれて「人権教育の歴史に占める同和教育の大きさ」を話しました。そして、その後は現在の「人権教育」に触れ、最後は県同教編集の「ひらく」を紹介し、島差別、水俣病など鹿児島県特有の差別についても触れました。
 質疑応答は予想どおり何もありませんでした。講評では校長が褒めてくれました。「子どもからお年寄りまで誰にでもわかるわかりやすい話でした。Y先生ならではの研修でした。」と言ってくれました。彼にすれば最大の褒め言葉でした。放課後は最長老のN先生も「よく勉強してますなあ。」と声をかけてくれました。やはり、私は褒めて伸びるタイプだと思います。次は、歴教協県大会のレポート作りです!がんばるぞお!でも、今日は眠たいのでもう寝ます。
[PR]
by yksayyys | 2010-06-07 21:30 | 学校 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30