「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

<   2010年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今度は娘

 息子の容態がようやくよくなったと思ったら今度は娘が「おなかが痛い」「頭も痛い」と言い出しました。もっとも息子は「ウイルス性の夏風邪」のようでしたからうつったんでしょうね。妻が研修で関西に出発してからずっと看病生活です。トホホ!
[PR]
by yksayyys | 2010-08-29 08:42 | 育児・家庭 | Comments(0)

終わり

 先ほど投稿論文を仕上げ封筒に入れ込みました。もう見ません。27日、28日はずっと論文とらめっこでした。しかし、見直しても見直してもミスが見つかるんですよね。実はさっき午前2時くらいに一度仕上げたつもりだったのですが、やっぱり見直すとあれやこれや・・・・・・・今年の夏の最大の仕事がこれで終わりました。判決書教材研究会のみなさん貴重なアドバイス本当にありがとうございました。あとは野となれ山となれ・・・です。
 でも、夏休みの仕事はまだあります。月曜日の職員研修「郷土教育」「人権同和教育」の準備を何もしていません。きっと明日の今頃やっているんでしょうね。9月には戦跡ガイドも仕上げたいし、劇の脚本もそろそろ・・・
 ゆっくりする暇なんてないですね!
[PR]
by yksayyys | 2010-08-29 04:09 | 社会 | Comments(0)

深く

 子どもの看病をしながら今日も論文とにらめっこの1日でした。もうページ数は足りているのですが、どうも「締め」がよくありません。いつものことですけどね。ただ、先日の判決書教材研究会は大いに役立ちました。今その線で仕上げているところです。でも、「そのことばかり考える」日々って結構楽しいですね。やっとそういう喜びを感じるようになりました。でもこれ「苦痛」の裏返しでもありますね。クリエイティブな仕事をしている人はきっとこうなんでしょうか!「うらやましい」の極地の村上春樹もきっと人知れず辛い日々なのかもしれません。
 論文、今晩まで頑張って明日送るつもりです。「やるだけやった」と思えるものにしたいです。結果はどうあれ!
ただ、次の素材は決まっています。その次も、その次も!へへへ!
[PR]
by yksayyys | 2010-08-28 19:15 | 社会 | Comments(0)

 今日は息子の発熱で一日看病でした。まだ38度台です。代表出勤をはじめ予定はすべてパー!でも、とにかく早くよくなって欲しいです。
[PR]
by yksayyys | 2010-08-27 17:14 | 育児・家庭 | Comments(0)

下関の記事

f0066076_0194616.jpg
 下関での発表の記事が地元山口新聞に掲載されたようです。先ほど主催者側から送られてきました。記事中の写真は私が報告している写真です。文字が小さくて見えないでしょうね!スライドには「特攻銀座として」とあります。今日は、この内容で報告してくれとある団体から依頼がありました。呼ばれればどこでも行きます。頑張りマース!
[PR]
by yksayyys | 2010-08-27 00:23 | 社会 | Comments(0)

 昨日から書き始めた九州中社研の研究発表原稿を書き終わりました。やった内容からすれば「4ページにおさめる」という作業は結構きついものでした。が、要領よくまとめることは大事だとも思いました。本番はパワーポイントでやります。得意中の得意です。昨年の佐藤さんのようにとまではいかないでしょうが、見ている人が理解しやすい発表にしたいと思います。
[PR]
by yksayyys | 2010-08-26 06:58 | 社会 | Comments(0)

学会論文下書き終わる

 今年の夏最大のテーマであるZS学会論文の下書きがようやく終わりました。今から「校正」と「註」を始めます。去年はNS学会に出したのですが「研究ノートに」と言われ、断りました。今思えばそのまま載せてもらっても良かったでしょうが、おかげで一年考える余裕ができました。去年よりはよくなっていると思いますが、あとは読む方がどう思うかです。でも、今年はこれがダメでもどんどん書けるような気がします。頭の中にいろいろなアイディアがくるくるまわっています。とにかく今年は「量」で勝負してみようと思います。そういう意味では「いい夏」だったのかも知れません。
[PR]
by yksayyys | 2010-08-24 16:36 | 社会 | Comments(0)

下関フィールドワーク

f0066076_61414.jpg
f0066076_621190.jpg

 この夏最後、3度目のフィールドワークは下関でした。上の写真、どこか観たようなテープル、椅子だと思いませんか。これ、下関講和会議が行われた春帆楼の交渉会場を再現したものです。伊藤博文と李鴻章が対峙した絵が教科書にありますよね。春帆楼は今も現役の高級旅館で、ふぐつきだと1泊3万5千円。ふぐなしだと2万5千円だということでした。ちなみに私の宿泊したホテルは1泊5千3百円でした。このテーブル、椅子は敷地内にある日清講話記念館にあります。建てられたのは1937年でした、日中戦争が始まった時です。戦意高揚のためでしょうか。次の写真は、旧山陽ホテルと言って日本最初のステーションホテルということでした。ここから関釜フェリーに乗り換えて朝鮮半島に出かけたということでした。「大陸への玄関口となる超高級ホテル」です。宿泊客には歴史上名だたる政治家とともにヘレン・ケラーやベーブ・ルースの名前もありました。ただ、このホテル文化財でもなんでもないんだそうです。JRの私有物ということで現在は「廃墟」でしかありませんでした。明治の瀟洒な建築!壊すつもりなんでしょうか。もったいない!
 あと、付け加えたいのは市内どこ行っても「龍馬」ばっかり。「お龍さん」も多かったですね。それに便乗する形で「高杉晋作」の名前もあちこちにありました。長崎はもっと凄いようですが!そういえば鹿児島も!
[PR]
by yksayyys | 2010-08-24 05:58 | 社会 | Comments(0)

オーマイガッ!

 この集会期間中、思いもよらないハプニングがおきました。発表前夜、パソコンが壊れてしまったのです。ディスプレーが真っ暗になってしまったのです。まだパワーポイントは完成していませんでしたので「大ショック」!おそらく、鹿児島から下関まで持ってくる間にあちこちぶつけてしまったのでしょう。もともとディスプレー表示がおかしかったのにとどめをさした格好でした。私は急いでデオデオに駆け込みました。祭りではなやぐ街の中を血相変えて駆けこみました。結果は「修理に10日間かかる」とのこと。「基板に問題あり」とのことでした。使用10年目、「寿命」を感じました。でも、「即必要」「論文の締め切り迫る」ということで修理はできません。店員に相談したところ、「モニターを購入するしかありませんね。」ということでした。ディスプレーだけ別購入するということでした。1も2もなくそうすることにし、1万7千円で買って持ち帰りました。ホテルに帰ってからパソコンからケーブルでモニターにつなぎ仕事を再開できました。完成したのは発表当日の午前5時。いつものパターンでした。高校時代から私は「駆け込み乗車」の常習犯です。しかし、試練は続きました。発表直前パソコンとプロジェクターをつないだところ、パソコンを何度動かしてもフリーズの連続!「万事休す」と思いましたが、朝「もしや」に備えてUSBにコピーしたことを思い出し、別の方のパソコンを借りることで難局を乗り切ることができました。いやあ、冷や汗ものでした。きっとこれは神様が私に与えた試練だろうと思いました。ただ、ホテルをチェックアウトする時にあることに気づきました。「あれッ」!よく考えるとホテルの部屋のテレビのディスプレーにつなげば作業が続けられたのです。ケーブルさえ買えば!まあ、でもあの時はそこまで考える余裕はありませんでしたししょうがないかなあ。とにかく「神様の試練は乗り切った」ことをよしとしましょう。あとは、我が家の財務大臣にどう説明するかです。パソコンの寿命のことも伝えなければならないのですが、どう考えてもこのモニター(ディスプレー)が「余計」なんですよね。帰る電車の車中、本当に重たかったです。
[PR]
by yksayyys | 2010-08-24 05:34 | 社会 | Comments(2)

下関から帰ってきました

f0066076_532485.jpg
 下関の「韓国併合百年」集会から帰ってきました。予想以上に収穫の多い集会でした。理由は簡単です。素晴らしい人達と出会えたからです。そして多くの「ヒント」をもらいました。今後の自分の実践研究に確実に示唆を与えてくれました。これまで「この集会、世界史の人の集まりだしなあ!行くのやめようかなあ。」と2度ほどためらったのですが、今は大満足です。写真は、初日に見学した朝鮮通信使の再現行列です。馬関まつりという下関のお祭りの一環で下関側は「イベント」ととらえている傾向が強いようでしたが、行列に参加している釜山市長をはじめ韓国側の使節はまさに「文化交流使節」でした。挨拶も芸能も立派なものでした。ただ、暑かったです。34度でした。鹿児島より暑く感じました。
 
[PR]
by yksayyys | 2010-08-24 05:12 | 社会 | Comments(0)