ブログトップ

アマノジャクはこう考える

<   2010年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

雲仙は雪

f0066076_2158278.jpg
冬休みは雲仙の九民研集会でスタートしました。早朝に出かけるつもりが息子の発熱で大幅にスタートが遅れました。おかげで午前中の開会行事に出ることはできませんでした。午後にようやく到着し分科会からの参加となりましたが、今度は私の体調が最悪となりました。夕食後体温を測ったら38度4分でした。平熱が35度4分くらいですから一大事です。結局一晩中、熱と咳で眠れませんでした。ただ、薬がいくらか効いたのか汗びっしょりとなりました。「ようやく下がった」と思って体温計で測ったところ、37度9分!それでもだいぶ楽になった気がしました。雲仙は、前日からごらんのように雪景色となりました。午前中の分科会で発表を済ませた後、早めに帰路につきましたが、道路はチェーン規制で大渋滞。しかもうちの車はチェーンなどなし。「万事休す」と思われましたが、妻の度胸と用心深い運転でようやく小浜の町まで降りて、島原半島を海沿いにぐるっと周り島原港から熊本新港へと渡りました。「これでようやく」と思いましたが、今度は高速道路が八代から通行止め。結局、家に帰り着いたのは午後11時。妻の運転時間は11時間に及びました。私も熱は下がったものの咳がとまらず大変でした。今回の雲仙は大変な旅でした。あ、そうそう肝腎の発表ですが、まあ好評だったと思います。でもちょっとM先生がしゃべりすぎだなあ。去年までのK先生がいなくて少しほっとしましたが、「一難去ってまた一難」でした。「活動家はおしゃべり」!なんですかね!
[PR]
by yksayyys | 2010-12-30 21:55 | 社会 | Comments(1)

怪文書

 さすが松田優作、アクセス数がうなぎ登りです。
関係なく次の話題にうつります。先週の日曜日、我が家のポストに怪文書が入っていました。怪文書とは言っても具体的な文章はなくWEB上のあるサイトが紹介されていただけでした。とりあえず興味本位でそのサイトを開くと「右翼の情報サイト」でした。民主党バッシングが主たる目的のようでしたが、「日本のマスコミは左翼に洗脳されている」ことが強調されていました。攻撃されていないのはサンケイ新聞、読売新聞、フジテレビ、日本テレビくらい。あと「在日」攻撃がすごいですね。そういう団体がすごい動きをしているとあちこちで聞きました。問題は、その内容ではありません。この怪文書が、幅広く配布されたものか、それとも我が家を狙ったものなのかということです。今のところどうやら後者のような感じです。狙われてるのかなあ!まあいいや、自然体で自然体で!!
[PR]
by yksayyys | 2010-12-23 17:32 | 社会 | Comments(0)

松田優作

 先ほどまでNHKの「ラストデイズ」を観ていました。香川照之が松田優作を語る内容でした。別に観るつもりではなかったのですが、チラッと観ていたら松田が在日で私生児であった「出自」とたたかっていたということを知ってあとはのめりこむように観ていました。松田は下関の遊郭で生まれました。下関、この夏行ってきました。この町は大陸への玄関口でしたから、韓国や中国とは縁が深いんです。私が昼食を食べた中華料理屋は店員はみんな中国人でした。こないだ関東大震災の授業をしましたが、あの時迫害を逃れて逃げてきた朝鮮人たちは下関で施設に閉じこめられたんですよね。出国させて日本人の悪行が世界に知られるのを恐れた日本政府の姑息な手段です。その下関で松田は生まれたんです。育った遊郭の場所もわかりました。あの辺ひとりで歩きました。香川の出自も特異ですね。市川猿之介の息子なんですが、まさに「断絶の親子」であることが今日の番組でわかりました。その松田と香川がテレビ番組で出会って松田が香川に「おまえはおれになれる」と言ったなんてあまりにドラマチックじゃないですか。それを香川は「優作さんが私の父だった」と言うところもなかなか良かったですね。「龍馬伝」における香川の岩崎弥太郎役を褒める人が多いですが私はあまり好きではありません。仲代達也を観るような大袈裟な演技が苦手です。でも、香川の生き様は興味がありました。いろいろと自分に引きつけて考えることの多い番組でした。
[PR]
by yksayyys | 2010-12-22 23:05 | その他 | Comments(0)

 今朝NS学会の修正論文を出しました。締め切りまでには1ヶ月以上ありましたが、だいぶ煮詰まった気がしましたので!あとは判断をまかせたいと思います。次は、NG学会の論文ですが、もう少し構成を練ってから文章に取りかかろうと思います。あと歴教協の実践集もあります。プクプクさんから紹介されたものです。戦跡ガイドも急がないと・・・・・・
 ただ、今日久しぶりに眼科に行ったらいろいろ注意を受けました。しばらくは目を休ませた方がいいような気がします!!
[PR]
by yksayyys | 2010-12-14 22:01 | 社会 | Comments(1)

一句

今年もか 我が家は人事で 大騒ぎ
[PR]
by yksayyys | 2010-12-14 21:45 | 育児・家庭 | Comments(1)

もう見ない

 「龍馬伝」は楽しく最後まで観ることができましたが、「◯の上の雲」は先週から観るのをやめました。やはりあの歴史観は問題がありすぎますね。観ていて聴いていて腹がたってきます。「あの頃の日本は一生懸命だった」「弱肉強食の世界の中で取るべき道はあれしかなかった」そのメッセージだけが伝わってきます。先週、伊藤博文がロシアと交渉する場面が出てきましたが、伊藤が強調する「朝鮮での日本での権利」があたかも当然であるかのごとく描かれていました。以前も書きましたが、これは司馬遼太郎の問題ではなく、それをドラマ化したNHKの問題だろうと思います。あのドラマの最大の問題は「侵略される側が全く描かれていない」ことだと断言します。
[PR]
by yksayyys | 2010-12-12 16:15 | 社会 | Comments(0)

沈思黙考

 昨日、ZS学会の論文を修正の上再投稿しました。現在NS学会の論文を修正中です。今回気づいたことがあります。それは「査読者との対話」です。自分の論文に対する査読を読みながら「あなたの言いたいことはこういうことですか?」「それへの答えはこういうことですか?」と考えながら文章を削り、また加えています。決して不快なことではありません。逆に「嬉しい」ことです。自分で作った文章は、なかなかかわいいものです。それが「さらによくなる」ことは、我が子の成長を喜ぶ親のようでもあります。今回の論文は「戦後補償」を扱ったものですので、「あなたの研究の良さが伝わってませんよ?」「これも書いた方がいいんじゃないの!」そう言われているようでとても刺激があります。締め切りは来月17日ですが、今年度中には済ませようと思っています。うまくいきますように!私の思いが査読者に届きますように!!!!!
[PR]
by yksayyys | 2010-12-08 19:34 | 社会 | Comments(0)

一句

職員会 ひとり芝居に 苦笑い   
[PR]
by yksayyys | 2010-12-06 20:05 | 学校 | Comments(1)

シンポジウム

 今日は二日酔いがおさまるのと同時に、K大学附属図書館とK館との合同企画展にともなうシンポジウムに出かけました。昨日一緒に勉強し飲んだ広告鳥さんも来ていました。広告鳥さんの師であるH先生もいました。講演はK館のHさんが「陶磁器からみた南さつまと東アジアの関係」を、R館のTさんが「東アジアとの海域交流」を朱印船貿易や漂着民送還体制を主に話をされました。お二人の話とも興味深いものでした。その後はこの2人にK大学の法文学部のTさん、旧K大教授のAさんを交えてのシンポジウムがありました。シンポジウムらしい簡潔なコメントがとても勉強になりました。最後は、展示説明でしたが、私は失礼してK大学の附属図書館を久しぶりに見学して3冊の本を借りて帰りました。学外の人もカードを作って本を借りることができるんです。みなさん、利用してますか!大学の紀要とかはここじゃないと見つかりませんよね!
[PR]
by yksayyys | 2010-12-05 23:06 | 社会 | Comments(0)

判決書教材研究会

 昨夜は、今年最後の判決書教材研究会でした。もうゼミみたいな会となりましたね。この会のメンバーにはずいぶん勇気と励ましと知恵をもらいました。今回の論文の評価もこの判決書教材研究会のみなさんの後押しがあったおかげです。どうしてああいう評価だったのかも昨夜教えてもらった気がします。「論文の体裁はなしていないが、中身があった」ということでしょうか。「世の中こういうこともあるもんだ」と驚いています。会の後は、忘年会でした。おいしかったし楽しかったです。ずいぶん饒舌だったと反省しています。謙虚さを失ってはだめですからね。今日も早速修正作業に入っています。謙虚に、謙虚に!!!
[PR]
by yksayyys | 2010-12-05 20:16 | 社会 | Comments(0)