「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

<   2011年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

やっぱり

 中社研の仕事をしていてよく思うことは「Bさんが生きていてくれたらなあ」ということである。もう亡くなって何年も経つが、やっぱり「惜しい」し「残念」である。いろんな意味でこれからだったからである。松田優作じゃないけれど、ちょっととんがってて繊細で!「魂のこもった」修士論文はいかようにも昇華させることができたはず。
 今年も彼の事を語るために来月集まることになっている。彼に聞こえるようにいろいろ話そうと思っている。「おい、ここにきて手伝えよー」って!!
[PR]
by yksayyys | 2011-02-27 16:49 | 社会 | Comments(0)

f0066076_16292897.jpg
 書店でぼんやり本の背表紙を眺めていたらこの本を見つける。新潮文庫となっているが、以前東京の友人Mが紹介してくれた本である。松田優作の最初の妻が書いた評伝である。ノンフィクションの著作のあるこの妻が描く松田優作は実に面白い。この人しか知らない素顔が随所に出てくる。先日のNHKで紹介されていた在日、私生児という過去もこの元妻の言葉で語られる。繊細すぎて、とんがっていて、周囲を傷つけ自分も傷つく。女性はこういうタイプを「放っておけない」んでしょうね。 「必要とされる読書」をいったんやめてこの本を読み進めている。今ジーパン刑事になって「太陽にほえろ」に登場したところ。
 
[PR]
by yksayyys | 2011-02-27 16:40 | 読書 | Comments(0)

実践報告集編集終わる

 土曜日は1日かけて中社研の実践報告集の編集を終わらせました。誤字・脱字・写真のチェック、全体の体裁を整える、そして「はじめに」と「編集後記」の文章を書く、次にページを打って、目次を書く、最後にすべてのデータを1枚のCDにまとめる。昼過ぎにはすべて終了しました。今日、印刷会社に原稿とデータを持っていきます。メールで印刷会社の担当者に「3月に配布できるようお願いします。」と書いたところ「了解しました」とのこと、そのメールを見て安堵しました。今回は編集後記の書き方を変えました。これまでは「総論」のような文章だけでしたが、今回はひとつひとつの論考の評価(意義)についての文章を入れました。3行くらいずつですが、せっかく投稿してくれたのですからそれに応える文章があってもいいですよね。困ったのは自分の原稿に対するもの。まあ、あんなものでしょう。仕上がりが早く見たいです!
[PR]
by yksayyys | 2011-02-27 08:45 | 社会 | Comments(0)

上機嫌の理由

 昨日、今日、体調不良(喘息)の割りに上機嫌なのは理由があります。おとといの人権同和教育の会の時、知り合いの先生から声をかけられました。「先生の家庭教育学級の話、とっても良かったと評判ですよ。『目から鱗』とはこういうことだと言われてますよ。」そう、先日家庭教育学級で話した「わが国の人権の課題~部落問題とは何か~」に関することです。後日、母親たちの飲み会で話題となりそこに同席した先生が私に声をかけてきたというわけです。いやあ、嬉しかったですね。その先生にも言いましたが「その言葉であと2ヶ月はがんばれそうです。」!私は褒められて育つタイプです。けなされると、「心で反省して口で反撃する」タイプなのです。ただ、その声をかけてきた先生はついでに「ということで明日の授業参観も楽しみにしています」と言いました。そう、そのクラスの生徒の母親なのです。感想を聞いてみたいような、聞きたくないような・・・・・
[PR]
by yksayyys | 2011-02-26 06:58 | その他 | Comments(0)

いい感じ!?

 書かなければいけない原稿がまだ残っています。戦跡ガイドに授業づくりの本など・・今日は中社研の実践報告集の「まえがき」「あとがき」を書きます。「実践報告集編集委員会」の名前で書いていますが実は編集委員は私しかいないのです。増やしてもらおうかとも思いましたが、かえって1人の方がはかどることも多いんですよね。ただ、「複数の目が届く」ことは重要なことだと思います。この作業、土日で仕上げて印刷会社に引き渡します。次は戦跡ガイドと授業づくりの原稿に本腰を入れます。「3月入稿」のつもりです。授業作りはプクプクさんの配慮で「大正デモクラシー」「米騒動」という得意分野が割り当てられていますので、しばらくは「教材研究」に励もうと思います。近代史の勉強は久しぶりです。最近、古代史、中世史に凝っていましたから。新しい視点が出せるといいですが、本の性格上教科書からあまり逸脱はできないようですので、1時間の構成を考えながら工夫したいと思います。こういう風に「頼まれ原稿」があるというのはいいですね。そういう文章を書きながら、合間に「頼まれてもいない原稿」を投稿して掲載の判断を仰ぐ。そして、日常は大好きな社会科の授業をやる。ふむ、結構いい生活だなと思ったりもします。いろいろ紆余曲折もあり、波瀾万丈とも言えますが、結構「いい人生かな」と感じています。さあ、夜も明けたし朝食を作ってから実践報告集の作業に取りかかるかな!
[PR]
by yksayyys | 2011-02-26 06:47 | その他 | Comments(0)

区切り

 昨日は学年PTAでした。私の仕事は会計報告、進路の話、そして授業参観の授業でした。授業参観は「鹿児島マメ知識クイズ」と題して鹿児島に関するクイズを解いていきました。問題は「鹿児島はどうして鹿児島?薩摩、大隅の意味は?」「山形屋はどうして山形屋?」から「さつまいもをどうして鹿児島はからいもと呼ぶ?」などです。結構盛り上がりましたが、後半は教科書の中身もやりましたのでだいぶ駆け足でした。まあ、でもあんなもんでしょう!
 これで、緊急の仕事は一区切りついたかな!と昨日はかなりリラックスした気分で帰ってきました。が、夕飯を作りながら考えてみるとまだまだ片づいていない仕事がいっぱいあることに気がつきました。気の重い仕事もあります。まあ、しゃあないか!
[PR]
by yksayyys | 2011-02-26 06:34 | 社会 | Comments(0)

投稿

 先日の判決書教材研究会の指摘を受け修正したNG学会の投稿論文が出来上がりました。この学会への投稿は初めてです。さあ、どうなることか!楽しみに(笑)査読の結果を待ちたいと思います。
[PR]
by yksayyys | 2011-02-23 22:13 | 社会 | Comments(0)

再開

 文化祭以来開店休業中だった郷土研究会がまた活動を始めました。今日は校区内の神社に集合させて、南さつま地方と記紀神話の関係について話しました。いわゆる天孫降臨神話です。生徒達はコノハナサクヤヒメとイワナガヒメの話や海幸、山幸の話に興味があるようでした。この神社は本宮に山幸が、西宮に海幸を祀ってあり、主従の関係は明白です。しばらくこの路線で行こうかなと思っています。結構楽しいですよ!
[PR]
by yksayyys | 2011-02-22 20:47 | 学校 | Comments(0)

繰り返し

 ここ数年この時期にいつも罹ってしまう風邪に今年もやられてしまいました。喉をやられるんです。熱がないので仕事には出かけるんですが、しゃべり続けて声が出なくなってしまうというここ3,4年のケースを今年も繰り返しています。今日、4時間目のあき時間に学校近くの病院に行きましたが、待合室にいたら「そう言えば、去年の今頃も・・・」と思い出してしまいました。そして、戦後補償の授業をやったんですよね。昼休みに薬を飲もうとしたら、痛風の薬、目の薬に風邪の薬まで混ざって何が何だかわからなくなってしまいました。明日の授業は大丈夫かな!
[PR]
by yksayyys | 2011-02-22 20:41 | その他 | Comments(0)

モード

 また研究モードに入ってきました。16日にUm先生から頼まれた原稿を送り、翌日にNS学会の最終原稿を仕上げて送りました。そして、昨日から「ハンセン病問題」の投稿論文に取り組んでいます。あと1週間と時間を区切って集中したいと思います。「ハンセン病問題」は私の修論です。是非とも掲載を目指したいと思います。しかし、1月には一度落選しました。私にとってはリベンジです。頭の中では論は出来ています。ただ、これまでと較べると枚数が少ないため「エキスのみを書く」技術が要求されます。現在4頁!やるだけのことはやりたいと思います。
[PR]
by yksayyys | 2011-02-18 23:49 | その他 | Comments(0)