残念

 外は晴れていますが、私の心は曇っています。実は予定では昨夜の船で家族のいる島に向かうつもりでした。しかし、台風接近のために船が欠航となり行けなくなったからです。来週からの週末は予定が入っていましたので今週末がちょうど良かったんです。ということで今しょんぼりしているところです。昨日の教育長交渉で私の追及が厳しかったのは間違いなく欠航の知らせを聞いて機嫌が悪かったからだろうと思います。
 ということで今日は予定にはなかった九条の会の学習会に行ってきます。2度にわたって手書きのハガキが来てましたから。「3,11以降の憲法状況」というタイトルでK大のおなじみの憲法学者が講演をします。それまで家の片づけでもするかなあ!
[PR]
by yksayyys | 2011-06-25 07:06 | 育児・家庭 | Comments(0)

交渉

 どうも寝付けません!ということでもう1本。明日は教育長交渉です。夏休みの勤務が主ですが、いろいろとそれ以外にも課題が山積していますから張り切って臨むつもりです。先週、社会の時間に「労働三権」の学習をしました。教科書には交渉場面の写真が掲載されています。それを見ながら「来週はここに俺がいるんだ」と心の中で思いました。誰も言わないので自分で言いますが、私は交渉に向いていると思います。ズバズバ切り込み、「イエスかノーか」を問いますので、相手は嫌だろうなと思います。しかし、教育長も議会などでも慣れていますからのらりくらりかわすのが上手です。こちらの質問を受けて長話が始まったりすると内心「しまった」と思うことがよくあります。私が交渉に臨む時の基本は「ゼロで帰ってこない」ということです。「0勝10敗」にしないということです。何か次につながる成果か言質を持ち帰るということです。「交渉」は私における重要な「社会参加」の一場面と言えます。ska370さんは手慣れたものだと思いますが・・・
[PR]
by yksayyys | 2011-06-23 00:53 | 社会 | Comments(0)

蒙古襲来

 プクプクさんのブログにもありましたが、先週の土曜日の夜に中社研歴史部会の学習会、懇親会がありました。九州大会の授業者Mさんに情報提供をしようという趣旨で企画しました。事前に「授業のテーマである蒙古襲来に関する資料、文献を持ち寄ってください」とメールを送ったところ、みなさん貴重な資料をたくさん持ってきてくれました。Mさんには「夏はみっちり教材研究を!!」と伝えていますが、あれだけあれば大丈夫でしょう。きっと、あの資料・文献の中から鉱脈を発見してくれるはずです。懇親会の中の話題も楽しかったです。特にL学園のNさん、K大学のKさんという両巨頭の話はいつ聞いても勉強になります。飲むと饒舌になる私もさすがに聴き入ってしまうほどです。また企画しますね。だって私が部長ですから!歴史部会は「酒気帯び」がちょうどいい感じです。
[PR]
by yksayyys | 2011-06-23 00:40 | 社会 | Comments(0)

f0066076_0175120.jpg
 夏休みの学習会で問題提起をするために読み始めた本です。なかなか面白い本です。読みながら思いました。「そういえば以前女性史の本をずいぶん読んだことがあったなあ!」ちょうど20年くらい前でした。夏休みの友、冬休みの友の編集委員をしている頃に、女性史のドリル問題を作ったことがありました。歴史用語の空欄うめをしながら実は「女性史」の文章を読んでいるという我ながらセンスのいい企画だったと思います。「封建的」という言葉がありますが、まさに封建社会での女性の地位・役割は固定的・限定的ですが、それ以前はそうでもないということを多くの人は気づいていないと思います。この本もそういう趣旨で書かれています。原始・古代においてはけっこう女性も戦いの先頭にいたりするんですよね。とにかく、聞くものを飽きさせない、そして新しい、それでいてためになるそういう問題提起をしたいと思っています。組合の女性部ですから質疑、意見はけっこう厳しいものがあるかもしれませんが・・・
[PR]
by yksayyys | 2011-06-23 00:28 | 読書 | Comments(0)

夏の仕事

 夏季休業中の日程がどんどん確定していっています。ほんと「夏休み」って忙しいです。いつもの研究会等以外に2つの仕事が舞い込んできました。1つは、M市の女性教師からの要請でした。「先生のもののけ姫の授業実践を本で読ませていただきました。あの内容を女性史の視点から膨らませて話をしていただけないでしょうか。」ということでした。私は見通しがあるわけでもないのに「面白そうですね。やりましょう。」と引き受けてしまいました。だって、それを調べる過程を考えると楽しそうで・・・またいい勉強ができそうです。もう1つは退職教師の方からの要請で「市民の方々に強制連行について話して欲しい」ということでした。こじんまりとした学習会があるようでそこでぜひということでした。これも見通しがあるわけではありませんが、「一緒に考えていこう」という気持ちで引き受けました。これに今年は学校の職員研修で「地域のフィールドワーク」を実施する予定でいます。その合間には歴教協全国大会やNG学会もあります。そして、学会論文を1本仕上げるつもりでいます。中社研の授業づくりも本格化しますし、妻の研究発表も手伝わないと・・・やることが多いというのはなかなか結構なことだと思います。頑張ります!!
[PR]
by yksayyys | 2011-06-18 06:41 | 社会 | Comments(1)

f0066076_19103826.jpg
 「読まなければならない本」から解放されて久しぶりに「読みたい本」を読みました。歴史学者井上光貞の自叙伝です。井上光貞は高名な古代史学者です。一般には「山川の教科書の執筆者」として有名なのかも知れません。学生時代に仏教史を卒論に選んだ友人がこの人の「浄土教成立史」云々という本を基礎文献だと言っていたのを思い出します。岩波新書の「日本国家の起源」や中公日本史の文庫版を読んだ記憶はありますが、内容はいっこうに思い出せません。とにかく自叙伝なので「自慢話や自己正当化には注意すべし」を肝に銘じて読み始めました。読後感は「面白かった」のひとことです。古代史の細部にわたる叙述は「さっぱり」でしたが、「歴史学者の回顧録」の部分は十分面白かったと思います。まず、この人明治の元老井上馨の孫なんですね。大久保利通の孫にも高名な歴史家がいましたが、意外にこういう系譜というものには興味を惹かれますね。「欧化政策」で有名な井上馨ですが、その流れをくみ、井上家は国際交流を重んじたようでインドやアメリカのハーバードへの留学を通して井上の歴史学が鍛えられたことがわかります。ハーバードの教授職はあのライシャワー教授の後任なんですよね。駐日大使に転じたライシャワーの後任が井上光貞だったとは驚きでした。しかし、この人ある意味では「歴史学の激動期」を生きた人ですね。戦前の皇国史観、戦後のマルクス主義全盛期、それぞれの時代に実証主義を基礎におきながらも、大胆な仮説に挑み、そして多くの批判に真摯に応えて歴史研究に邁進します。「本物は謙虚である。」という私の確信を確認するような人物ではなかったかと思います。学園紛争時には学生との交渉の矢面に立ったようですし、その経験を積極的にとらえようとする姿もすごいと思いました。
 この井上光貞の退職記念論集を編んだのがその後山川の教科書執筆の中心となる笹山晴夫さんです。そして、その笹山さんの退職記念論集にわれらが会長Nさんの論文が掲載されています。ということは、Nさんは井上光貞 の「孫弟子」に当たるということになります。ですよねNさん!!
[PR]
by yksayyys | 2011-06-14 19:34 | 読書 | Comments(1)

教科書研究

 今、学校に7社の社会科教科書が届いています。それを研究し、意見を集約して採択に活かそうということです。歴教協県大会もあったので学校内で真っ先に見ましたが、今までになく「国益」「ナショナリズム」に沿った内容になっています。領土問題も、指導要領では「北方領土問題にふれる」だけで解説書で「竹島問題も」となっているのに応え、「尖閣諸島」まで記述してある教科書も多く見られました。しかも、同じページには「国旗・国歌の尊重」ですからね。地理は昔に戻りました。アジアからオセアニアまで、九州から北海道まですべて記述されています。「3つの県」「3つの国」の時代は終わりました。授業時数が増えるのは当然でしょうね。さあ、どの教科書になるんでしょうね。できたら「今まで通り」が一番いいです。あ、そうそうI社とJ社の教科書は「相当にひどい」ですよ。
[PR]
by yksayyys | 2011-06-12 07:07 | 社会 | Comments(2)

歴教協県大会

 昨日は第53回歴教協県大会でした。残念ながら参加者が少なかったですね。全体会にパネラーとして参加しました。「領土問題が中学校教科書にどのように記述されているか」というテーマで発表しました。深夜3時に完成したレジュメをもとに発表しました。まあ発表はともかくちょっと喋りすぎました。参加者が少ないというのもありましたが、一人暮らしになってからどうも「独り言」が増え、昨日みたいに会があると必要以上に「おしゃべり」になってしまいます。帰宅後はすっかり落ち込んで、沈鬱な気分でビールを飲みました。午後の分科会は充実した報告を3本聞かせてもらいました。久しぶりにSさんの話を聞くこともできました。
 先月までは昨日福岡まで移動して全国大会プレ集会に出るつもりでしたが、お金がないのと地域の草刈り作業(雨で2週延期)があるのでやめときました。ちなみに草刈りは、またもや雨でついに中止となりました。夏休みまでやらないそうです。肉体労働の嫌いな私は内心喜んでいます。
[PR]
by yksayyys | 2011-06-12 06:57 | 社会 | Comments(0)

進路指導とは

 今年は進路指導の担当をしています。去年までは「進路指導は大変な仕事だから」と担当は少ない授業時数のままでしたが、なぜか今年担当の私は「配慮全くなし」!しかも校長が頼む時のセリフは「進路指導が忙しいのは後半だけ」!経験者の私は「ウソでしょう」と答えましたが、やっぱりウソでした。4月からずっと仕事がきれることなく続いています。今は、高校説明会の準備が終わり高校の一日体験入学の対応に追われています。今日ふと思いました。「俺の仕事って完全に高校の下請けだなあ!」!!どうして、高校の「宣伝行事」である一日体験入学に中学教師がここまで関わらなければならないのでしょうか。「入試」なんてあくまで私事のはずなのに・・・・
 この後もぎっしり仕事は続きます。去年と同じ授業時数をこなしながらですから、我ながらよくやっていると思います。まあ、もともと「やっつけ仕事(考えなくてすむ)」は得意ですから苦痛とまではいかないのですが「もっと他の事したいなあ」という不満はあります!
 さあ、これから明日の歴教協県大会の全体会における問題提起レジュメを書きます。いつもの「一夜漬け」です。まあ、何とかなるでしょう!!
[PR]
by yksayyys | 2011-06-10 20:50 | 学校 | Comments(0)

ひと駅歩く

 昨夜、ずいぶんお酒を飲みました。そして、最終列車に乗り込んだまでは良かったのですが、列車の中で眠ってしまい、気が付いたらひと駅乗り越してしまいました。「しまった。」と列車から降りて逆方向の時刻表を見たところ、すでに最終列車は出発した後。駅から出てもすでにタクシーはいませんでした。しょうがないのでそこから家まで歩きました。列車だとひと駅ですが、歩くとかなりかかりました。時間にして45分くらいでしょうか。自宅に着いた時は午前1時20分でした。その後はバタンキュー!不幸中の幸いは、地域自治会の「草払い」作業が雨で再度延期になったこと。おかげで朝ゆっくり眠ることができました。・・・・
[PR]
by yksayyys | 2011-06-05 13:31 | その他 | Comments(0)