<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

大沼保昭「慰安婦問題とは何だったのか?」(中公新書)を読んで

 最近この手の本をよく読んでいます。慰安婦問題は90年代から左右両翼が激しい対立、論争を繰り広げてきました。が、アジア女性基金が創られ見舞金と首相の謝罪の手紙が慰安婦に渡されたことはあまり重要視されていません。「国家補償すべき」との立場からすれば政府の法的責任をあいまいにしたままでそのようなことをすべきでないということです。一理あると思います。しかし、高齢の元慰安婦のことを考えれば「裁判で勝つ見込みもなく自民党を中心に右派の反対が強い中では政府が法的責任を認めるのは不可能に近くそれよりは一日も早く現実的な救済を図るべき」というのも一理も二理もあると思います。著者はこのアジア女性基金の呼びかけ人だった人で早くから戦後補償に取り組んでいた著名な学者です。著者はいわゆる「国家補償派」から批判を受けたり裏切り者呼ばわりされたことからかなりその辺の事情の解説に多くの文章を割いています。運動というのはなかなか難しいものです。しかし、著者は基金そのもののありかたも批判しています。反省していると言った方がいいでしょうか。「世界」とかを読んでいると吉見義明さんや上野千鶴子さんが厳しくアジア女性基金を批判していましたので何となくその文脈で理解していましたが、この本を読んでから著者の言っていることもよくわかる気がしました。そして、ハンセン病訴訟の時に小泉が「極めて異例のことではあるが、控訴しないことにしました。」と発言したことを思い出しました。裁判を継続すればおそらく国側は勝利できる。ただ、患者の現状を考えて「異例」だが控訴しない。そういう意味でした。あの判断の背後には世論がありました。慰安婦問題の場合、その世論が真っ二つであり、しかも国内問題ではなかった。その違いだろうと思います。うーん!!
[PR]
by yksayyys | 2012-05-27 20:50 | 読書 | Comments(0)

ノック

 今年は野球部の副顧問をしています。先日は、顧問が休みだったためにノックをしました。1ヶ月前に急遽外野ノックを頼まれて散々だったため、今回は内野ノックのみにとどめました。が、打つたびに徐々に感覚を取り戻し、終盤はかなり強い打球も打てるようになりました。子どもたちも何かを感じたようで、今日は多くの生徒から「先生のノックは・・・」と声をかけられました。ただ、私の手はつぶれたまめで真っ赤っか。あと、筋肉痛とは違う腰周辺の痛みを感じます。やはりトシなんでしょうね。・・・今日は郷土研究会のフィールドワークでした。今年は二足のワラジで頑張ります!
[PR]
by yksayyys | 2012-05-23 22:09 | 学校 | Comments(1)

映画「テルマエ・ロマエ」を見る

 先日、とにかく「頭を空っぽにして暇をつぶしたい」と考えこの映画を観てきました。封切り1週間で100万人が観たということですが、内容、出来映えには何も期待はしていませんでした。案の定、ストーリーは私の予想していた通りのものでした。まあ、ローマの様子をきちんと描こうとしていたことは視覚的に楽しめました。が、心が動かされる場面は皆無でした。ま、いっか。
[PR]
by yksayyys | 2012-05-20 15:35 | 映画 | Comments(0)

ミヤマキリシマ

f0066076_1521627.jpg
 今日は集団宿泊学習で歩く池めぐり・登山コースを再度事前踏査しに行きました。一度行ったのですが、どうしても心配な箇所がいくつかありもう一度確認しようと行ってきたというわけです。同僚のH先生も行ってくれました。2人で確認するとより確実ですから。(H先生って実は私の教え子なんです。)えびの高原は風雨も強く手がかじかむほどでした。が、ごらんのようにミヤマキリシマが咲き始めていました。鹿児島県の県花ですが、まじまじと見たのははじめてのような気がしました。天候が最悪でしたので風景はイマイチでしたが、ミヤマキリシマをあちこちで見られたことは大きな収穫でした。さて、29日からの集団宿泊学習、晴れてくれるかなあ!!今日の夕方はその「お天気まつり」のためにH先生と屋台村に行ってきます。霧島の温泉にも入ったしビールがうまいかも!!
[PR]
by yksayyys | 2012-05-20 15:28 | 写真 | Comments(1)

隼人研究会

 久しぶりに隼人文化研究会に参加してきました。まずは、われらのNさんの発表。江戸時代の鹿児島の町人学者の姿を多くの資料から読み込む緻密な作業でした。Nさんってこういう研究もするんだなあと驚きました。古代、中世が専門なのですが、きっと資料の中に見つけたひとりの人物が資料を渉猟するなかでだんだんその姿が明らかになる過程が楽しいんだろうなと思いました。やはり歴史家の仕事ですね。次は以前K大におられ、現在は仙台の雄T大教授のYさんでした。以前、教研集会の共同研究者もしてくださいました。発表内容は、鎌倉時代初期における東北の武士の記録と南九州の武士の記録を比較し、その類似点を中心に報告されました。当時の日本の東西の果てだっただけによく似た内容になったのではないかということでした。2時間ほどの発表でしたが、決して長くは感じませんでした。会終了後はNさんに懇親会に誘われていたのですが、実家の用事で参加できませんでした。が、ちゃっかりYさんには著書にサインをいただきました。そういうところはぬかりはありません。
[PR]
by yksayyys | 2012-05-20 15:18 | 社会 | Comments(0)

再開 郷土研究会

 5名の会員が卒業して開店休業中だった郷土研究会ですが新1年生から2名の会員希望者が現れ、何とか再開にこぎつけました。木曜日は早速フィールドワークに出かけましたが、連れていったふたりとも「こんな場所があるなんて知らなかった」と驚いていました。最初はこの「驚き」が大事です。今年も頑張ります。
[PR]
by yksayyys | 2012-05-19 07:28 | 学校 | Comments(0)

金峰山の夜明け

f0066076_7193938.jpg
 昨夜は(組合)地区協の総会と懇親会で支部に泊まってきました。宿泊費は500円です。そして、早々と目が覚め帰宅の途中で見たのがこの金峰山でした。山裾に拡がる朝もやが映っていないのが残念ですがなかなかの絶景でした。
[PR]
by yksayyys | 2012-05-19 07:23 | 社会 | Comments(1)

基調報告終わる

この1ヶ月、ずっと考え続けていた教育研究集会の基調報告を土曜日にようやく終えました。結果は成功だったと思います。私の話にこんなにも真剣に耳を傾けてくれる人達がいることに私は心から感動しました。そして、終了後の盛大な拍手に鳥肌が立ちました。話は3つの柱で進めていきました。最初は「教研活動の意義」!権力の示す研究課題がいかに画一的で一過性のもであり、教研活動の取り組みが多様で継続的なものであるかを歴史的に実践的に解き明かしました。そして、ここ30年ほどの間に私たちの活動がどれほどの成果をあげたかを検証しました。次は「教研
活動の課題」について話しました。「開かれた教研」が右翼の不条理な攻撃にさらされる現実とそれに対して口をつぐむ状況に対する警句を自らの体験をもとに訴えました。そして、組合員だけで自己満足することのない「社会的意義のある研究へ進(深)化すべきである」と訴えました。最後は「この地で研究する意義」を説きました。「いのちと人権と平和」の素材の満ちあふれたこの地で教育研究ができることの幸せを述べました。特に最後「いじめによる自死」のあったこの地で私たちは何をしてきたかを問いました。締めは「この地からいのちと人権を軸にした教育研究の発信を」と呼びかけました。終了後、予定にはありませんでしたが質疑が行われ、退職教員、現職教員が「同感」の意見を述べました。開会行事後も多くの人から「良かった」と賛辞を受けました。自分で言いますが(笑)、内容がとても良かったからだと思います。その理由は退職教員が言っていたように、私が自分の実践の苦悩と成果をもとに話したからだろうと思います。しかし、これらが教研活動の盛り上がりに影響する保証はありません。実際、今回の参加率は史上最低でした。ただこの日の「えらそうな言葉」が自分自身の「逃げ道をふさぐ」役割を果たしたことは間違いありません。・・・・頑張ります!!
[PR]
by yksayyys | 2012-05-13 20:14 | 社会 | Comments(0)

不思議な魅力 判決書教材研究会

 土曜日の夜、判決書教材研究会がありました。尊敬する大学院の4人の先輩たちと有意義な時を過ごすことができました。正直に言いますが、この研究会の学習、いつも最初の30分くらいはさっぱり理解できません。誰かが自分のレポートを報告するのですが、その後HSさんやHGさんが瞬時に「立論のおかしさ」「理論構成の不備」を指摘します。私はいつもあっけにとられます。「そんなこと気づかなかった。」と・・・・しかし、議論が進む中で少し私も口をはさむようになり、その延長で居酒屋で議論を整理するなかではじめて私は「今日の学習の成果」を理解できるようになります。この日私も拙い報告をしました。それに対する批判を受け、私は時に感情的な反論もします。それは後にアルコールの勢いも得てエスカレートします。そして、ひと晩寝た翌日私ははじめて昨夜に指摘された4人の問題点の指摘にうなずくことになるのです。「なるほどそういうことか」と・・・そういう意味で私にとってはとても不思議で魅力的な研究会、学習会なのです。でも、正直に私は思います。私も「瞬時に本質をつかむ力量を身につけたい」と・・・・・無理かな!!
[PR]
by yksayyys | 2012-05-13 19:52 | 社会 | Comments(0)

書くぞ、論文!

 今日からまた学会論文に取り組みます。データと構想はあります。あとは、意欲だけ。ここ半年そういう文章を書いてきませんでしたから。プクプクさんを追いかけたいと思います。学会報告は7月15日日本K際R解教育学会です。S玉大学まで行きます。頑張ります!!
[PR]
by yksayyys | 2012-05-04 19:27 | 社会 | Comments(2)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧