ブログトップ

アマノジャクはこう考える

<   2012年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧

やっぱり教師は真面目!?

 人間ドックの病院は福岡市内でした。以前から「どうして福岡なんだろう?」と思っていましたが、この病院は公立学校共済組合が経営している病院なんですね。私たちが加盟している共済組合の病院なんですから利用して当然といえば当然です。ずいぶん大きな病院でしたが・・・
 今回思ったのは「やっぱり教師は真面目だなあ!」ということでした。教師の不祥事が続出しているのは承知していますが、私の見聞きする教師たちはやっぱり真面目です。まずドック受付。受付時間は午後2時45分から3時30分でした。私は「ちょうどいい頃」と午後3時に着いたのですが、何と15人くらいの一番ビリでした。みんな早いです。あと、皆さん待っている間ずっと本を読んでいました。2日目は病院の雑誌を読んでいる人もいましたが、ほとんどは持参した文庫本でした。それもカバー付きの。私も一応持って行ったのですが、あまり読み進まずにボーッとしていました。あと、2日目に事件が起きました。大したことはないのですが(笑)!2日目の昼食時間に「メタボ予備群」が発表され、その4人は別メニューとなるため検査を他のメンバーより早くすることとなりました。その4人に私も入っていました。そして、早めに聴力検査を終えて次の検査の待合室に並んでいたところ女性がひとり私たちのところに来て言いました。「メタボはどの方々ですか。」私が代表してこちらからこちらまでという風に身振りで示したところ「それ以外の方で順番をもぐる人がいます。きちんと並んでもらわないと困ります。」と大声で叱りつけられました。おそらく誰かが事情がわからず「メタボ」組の後に並んでしまったのでしょう。私たちはしょうがなくだまり込んでしまいました。そして、しばらくして隣に座っていたUさん(知り合い)が言いました。「思いっきりメタボと言われましたね!」私が付け足しました。「まだ予備群なのに」いっきに場が和みました。そういエピソードは色々ありましたが、まあこれくらいで・・・・
[PR]
by yksayyys | 2012-09-30 19:35 | 社会 | Comments(0)

人間ドック

 昨日、人間ドックから帰ってきました。結果は上々でした。とは言っても私が考えての上々です。尿酸値は相変わらずの「危険値」でした。が、昨年発作が出てからは順調に数値が減ってきています。前回測ったのが目の手術前でしたが、その時からもさらに良くなっていました。ただ、ほんの少し基準値を上まわったのが血糖値と血圧でした。それが腹囲とつながって何と「メタボ予備群」に指名されました。2日目の午後からは他の予備群3名とともに「特別講習」を受けることになりました。しかも私だけ「積極支援」!ほんのちょっとオーバーしただけで「オーバー」なんです。おかげでこれから半年間、病院の保健士さんとメールのやりとりをすることになりました。最初は「拒否してやれ」と思っていたのですが、他の「軽度」の3人があっさり同意書にサインしたため私がしないわけにはいかなくなったのです。やっぱり前日に博多の町でたらふく飲み食いしたツケがまわってきたようです。(笑)まあ、これをチャンスに思い切り痩せてみせましょう!!
[PR]
by yksayyys | 2012-09-30 19:12 | その他 | Comments(1)

今日も「いじめ」

 今日は全校朝会で校長に続いて「いじめ」について10分ほど話をしました。最初に自分の「いじめ」体験。次にUm先生の口癖だった「大人になるということは人権感覚を身につけること」を自分なりにかみ砕いて話しました。3つめは「なぜ教師はいじめ問題に取り組もうとするのか。」でした。昨日からずっと考えていた話でした。いい話だったと思います(笑)!同僚からの反応は皆無でした。その後、1時間目は1年生の授業で「いじめの授業」でした。これまたいい授業だったと思います。授業後の感想ではこれまでになく突っ込んだ意見が多く見られました。これは、いかにかねての授業が「上滑り」なのかということを示していると同時にこの「いじめの授業」が初めて教師と生徒の垣根を越えて「同じ人間同士考えよう」というメッセージを含んでいるからだと思います。
 もう、ここまで来れば「つまらない批判」なんてどうでもよくなります。あと1時間、生徒たちと真剣に「いのちと人権」について語り合おうと思います。

 と言ったものの、とりあえず明日から人間ドックに出かけてきます。わざわざ博多まで(笑)!!
そして土曜日はヤフードームで野球も見てきます。エヘ!!
[PR]
by yksayyys | 2012-09-25 21:19 | 学校 | Comments(0)

いじめ授業第二次

 島から帰る船の中では「いじめ」の本ばかり読んでいました。「いじめの構造」「震える学校」そして、今日「いじめを考える授業」の2時間目をしました。資料はプクプクさんから提供してもらいましたが、授業の流れとワークシートはオリジナルのものとしました。「教師と生徒のかけ橋」とすべき本授業はこれまでの自分のやりかたでやりたかったからです。結果はうまくいったと思います。私の技術不足で生徒の意見をうまくつなげることはできませんでしたが、生徒の本音を引き出すことには成功できたと思います。これまでの「いじめを考える」授業は間違ってなかったと確信しました。来週、第三次でまとめます。まかせて下さい!!!!
[PR]
by yksayyys | 2012-09-24 19:38 | 学校 | Comments(0)

投稿

 NK学会に論文を投稿しました。2ヶ月間、検討し続けた論文で自分としては「いい出来」だと思っています。が、タイミングとしては「最悪」でした。こんなに日中、日韓関係が悪くなるとは思わなかったからです。「狭小なナショナリズムに対抗する」とまで書きました。が、それを評価してくれる人もいると信じて投稿に踏み切りました。査読がどうなるか、あえて楽しみに待ちたいと思います。
[PR]
by yksayyys | 2012-09-24 19:31 | 社会 | Comments(0)

子どもたちの運動会

 島の小中学校の運動会に行ってきました。あいにくの雨でした。が、「小雨決行」ということで実施されました。午後から本降りとなり、プログラムを圧縮して午後2時くらいに終了となりました。演舞のうち南の「エイサー」は出来ましたが北の「ソーラン節」はカットとなりました。各学年ひとりずつの全校生徒9人の子ども達、少数精鋭の教師たちは本当に「大忙し」のようでした。私も、ビデオ係として頑張りました。片づけは翌日、もちろん手伝ってきました。帰りの船の時間が近づくと、息子が私の船の切符を隠すなど「帰るな」コールを繰り返しました。嬉しかったですね!!
[PR]
by yksayyys | 2012-09-24 19:26 | 育児・家庭 | Comments(1)

島へ

 今夜の船で家族のいる島に行ってきます。そう、運動会です。明日が運動会で明後日には帰ってきます。昨年に引き続き、ビデオ係を頼まれました。超小規模校なので保護者でも仕事はいっぱいあります。去年も、用具を手伝いながらビデオ片手に走り回った記憶があります。職員の入れ替わりが激しいので何にしても記録映像が必要なんです。天気は良さそうです。
 ただ、自分自身の疲れが取れないのが何とも・・・・・・
[PR]
by yksayyys | 2012-09-21 04:12 | 育児・家庭 | Comments(0)

体育大会

 台風で延びた体育大会が18日の火曜日に実施されました。来賓行事のみカットであとはすべて実施されました。予想したよりは多くの保護者が来られていたような気がします。私は用具とビデオの2つの係のかけもちでかけずりまわりました。内容も良かったと思います。
 ただ、振替休日なしでしたので今日は教師も生徒も疲れ切っていました。おまけに私は3日連続で6時間満杯の授業が始まりました。・・・何となく元気が出ません!!!!!!
[PR]
by yksayyys | 2012-09-19 20:40 | 学校 | Comments(1)

岡崎嘉平太という人

 NHKアーカイブズが日中友好に貢献した岡崎嘉平太のドキュメントを放送していました。周恩来がよく「中国人は井戸を掘った人の恩を忘れない」と日中友好に努力した人を讃える言葉を口にし、多くの政治家がそれを我田引水風に語っているシーンを観たことがあります。が、周恩来はこの人の事を言っていたのかもしれないと思いました。でなければ、田中訪中団に岡崎がいないのを聞いて周恩来が急遽岡崎訪中を要請することなんてないと思うからです。LT貿易についてもついついLTの名前の由来となっている2人の政治家を考え出しがちですが、実際はこの人の功績だったんだなと思いました。番組後のコメンテーターのやりとりも興味深かったです。研究者である天児の「岡崎は戦前日銀に入り戦中は大陸侵略の先兵隊長のような役割を果たしていた。」という言葉に重みがありました。「だからこそ・・」ということでしょう。右翼の妨害にもひるまなかった信念の根っこには「悔恨」があったからだと思います。あと、「中国で最も有名な日本人」という加藤青年もユニークな人ですね。インテリ中のインテリなんでしょうが、こういう「井戸水を涸らさないように」努力している人の存在を忘れないようにしたいものです。
 日中関係。このもつれた糸をほどく時、この「交流の歴史」を忘れてはならないと思います。
[PR]
by yksayyys | 2012-09-17 11:29 | 社会 | Comments(0)

台風

 近づいてないうちから天気が崩れているのはこの台風がいかに大きいかを示しています。家族のいる島も最接近中で先ほど「停電、もう寝る」とのメールが来ました。昼の電話で「避難しなくていいの?」と聞いたところ「この家が避難所のひとつみたい。」とのこと。実際、数年前に複数の家族が避難してきたことがあるとのことです。
こちらも徐々に風雨が強まっています。私が経験した最大の台風はK島でのものです。あれは凄まじかったと言えます。学校のガラスが50枚以上割れ、島の電柱は軒並み倒れていました。風速計は秒速78Mを指したまま壊れたそうです。恐怖感を感じた台風でした。今回の台風も同じような経路を辿ります。大丈夫でしょうか!心配です!!!
[PR]
by yksayyys | 2012-09-16 19:02 | その他 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・