ブログトップ

アマノジャクはこう考える

<   2012年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

もうええ

 文化祭まであと2日。今日、リハーサルがありました。仕上がり具合としては「もうええ」という感じです。欲を言えばキリはありませんが、ある程度「失敗はない」という確信を得たような気がします。何より子どもたちの頑張りに感謝です。ここ数日は、私が「もうええ」モードなのに対し子ども達は暇を見つけて自主練習している様子です。そうなればもう安心です。毎年そうですが、2日前くらいにはこういう心境になります。あとは子ども達の体調の維持だけが心配なだけ。明後日は、大船に乗ったつもりで眺めていたいと思います。とにかく「安堵」です。でも、ああ疲れた!11
[PR]
by yksayyys | 2012-10-31 19:03 | 学校 | Comments(1)

マラソン

 昨日、島にいる妻と子どもたちはT列島縦断マラソンに参加しました。7つの島をそれぞれ分担して走るというもので、家族は学校の先生たちとチームを作ったようです。娘は1つの島だけのつもりが、友達に誘われたということで3つの島を走ったということでした。合計10キロ以上あったようです。おそらく、これからもそんなに走ることはないでしょう。先ほどねぎらいの電話をかけました。お疲れさまでした!!!参加者は100人超ということですが、列島最大のイベント、無事に終わって良かった良かった!
[PR]
by yksayyys | 2012-10-28 19:51 | 育児・家庭 | Comments(0)

あと1週間を切る

 文化祭まであと1週間を切りました。劇の練習も佳境に入ってきました。セリフを覚え、振り付けを考えというところまできています。「まあ、何とかなるかな」という状態にはなっています。全部で40分近くありますので結構仕上げるのが大変なんですが、主役級の生徒たちが相当頑張ってくれているので助かります。テーマは「仲間づくり」「いじめ」「マイノリティ」「コミュニケーション」そういうところだと思います。この学年に足りないものを思いっきりぶつけてみました。しかし、それを最も好意的に受け入れてくれたのもこの学年の生徒たちです。生徒達は常に自分たちの問題点を見つめながら「何とかしたい」と思っているものです。そこに何かをしかけて止揚するのが教師の役割であり、喜びでもあります。あと数日駄馬に鞭打って頑張ります。
[PR]
by yksayyys | 2012-10-27 15:35 | 学校 | Comments(0)

子どもの実態!?

 私がここ1ヶ月ほどずっと気にしている言葉があります。「子どもの実態」です。先日ある人から言われました。「あなたの実践、研究は子どもの実態に即していないという批判がある。」けっこうこたえましたね。一番気をつけてきたことでしたのでそれを否定されたことはショックでした。「いじめの授業」などはまさに子どもの実態からスタートしていると思います。が、それ以外の実践・研究にはそれがないと思われているのかもしれません。私はここ1ヶ月その言葉を反芻しながら自分に言い聞かせるようにその内容を整理してきました。「子どもの実態に即して」を「子どもの要求に沿って」と解釈する研究者たちがいます。10年ほど前にある学会で道徳を研究する人が言いました。「子どもが要求するものを教材化すべき。それ以外は無意味。」えらくはっきり言うものだと思いました。一緒に参加した法律専門のUn先生は聞こえよがしに「そうかなあ」と声をあげました。
 例えば、ハンセン病問題を生徒に提起するとします。生徒はハンセン病問題などほとんど何も知りません。これまでも、今後もその問題に関わらない可能性が大です。しかし、ハンセン病問題が問題なのは全く身近に存在しないほど強制隔離政策が徹底していたということなのです。「なぜ私たちの意識の中にこの問題が存在しないのか」こそが最大の問題なのです。その問題と生徒をつなぐのが私の研究と実践の役割なのです。戦後補償問題しかり、地域史の授業しかり、私は私の問題意識の中で「子どもの実態」を重視してきたつもりであり、授業においては「子どもの思考」を重視してきたつもりでいます。
 どういう経路で自分の批判が出されているかはだいたい想像できますが、私は批判は謙虚に受けとめつつも自分自身に自信を持って前に進んでいこうと思っています!
[PR]
by yksayyys | 2012-10-27 15:25 | 学校 | Comments(0)

シンディ・ローパー

 今日の朝日の土曜版にシンディ・ローパー特集が載っていた。震災の時にシンディが日本を離れることなくツアーを実施したことは有名です。なかなか気骨のある人です。が、今日の記事で興味を持ったのはシンディのブレイク曲についての内容でした。ちょうど大学生の頃でしたか、ビデオクリップによる洋楽が大流行し、マイケル・ジャクソンやポリス、カルチャークラブなど英米のポップ、ロックが深夜放送をにぎわせていました。私も大枚はたいて大阪フェスティバルホールでフィル・コリンズのコンサートを見に行きました。シンディ・ローパーもその流れの中でブレイクしました。曲名は日本語で「ハイスクールはダンステリア」でした。タイトルからしてアメリカン・グラフィティばりの青春ものの曲のように思っていました。が、実際は「女性の自立」を歌ったものなんだそうです。その事実を知ってシンディは猛然と抗議したようです。だからでしょう。その後は「タイムアフタータイム」も「トゥルーカラーズ」も英語のタイトルそのままとなりました。「売らんがため」に曲名を変えるのは「スキヤキ」が有名です。「上を向いて歩こう」が「スキヤキ」になるのはまさに屈辱ストーリーと理解していましたが、アメリカから日本に入ってくる曲にもそういう例があったんですね。ちなみにシンディの曲を作詞・作曲したコンビはマドンナの「ライク・ア・バージン」も作ったんだそうです。私は思いました。「やっぱり」・・・・
[PR]
by yksayyys | 2012-10-27 15:08 | 社会 | Comments(0)

研究授業も!!

 今、私の頭の中は①文化祭の劇と②人権学習「ハンセン病問題」の中身とそれにつながる論文の内容のことでいっぱいです。が、それに昨日③研究授業が加わりました。授業の期日は12月14日。赤穂浪士討ち入りの日です。3時間目ですので10時50分開始です。今のところテーマは「秀吉の朝鮮侵略と鹿児島」の予定です。まだ何も考えておりませんが、どうせするなら多くの人に見てもらいたいとも考えています。幸い、今度の中社研県大会の講演はそのテーマと重なるようでとても楽しみです。自分にプレッシャーをかけるのは昔からの悪い癖。そういう意味ではやっぱり私は「自虐的」なのかもしれません。でも、①②③の事を考えて生活するのはとても幸せです。わいせつ行為や飲酒運転などしている暇などありません(笑)!
[PR]
by yksayyys | 2012-10-23 23:54 | 学校 | Comments(0)

勧誘

f0066076_21362196.jpg
 学生時代、人混みが嫌だった私はよくこの道を通っていました。大学とお寺の間の細い一本道です。そして、よく宗教団体の勧誘を受けました。引っかかりやすく見えたんでしょうね。成り行きで映画を見せられたこともありました。が、いつも余計な言葉を口にして雰囲気を壊していました。ある密教系の団体には「貧困などの社会問題を信仰で覆い隠すことはよくありません」と言ってしまい、一瞬身の危険を感じたことさえありました。そういうば、革新団体の学生が下宿に来たこともありました。今思えばオルグというやつなんでしょう。京都という町は面白い町で、古いものと新しいものが併存しています。だからこそ、私には刺激の多い町でした。
[PR]
by yksayyys | 2012-10-22 21:37 | 社会 | Comments(0)

金閣

f0066076_23574295.jpg とどめはミーハーに金閣に行きました。写真を撮るためだけに行きました。ちょうど昼の光を浴びて金箔が光り輝く時間帯だと思ったからです。いろんな角度から撮りましたが、やはりこの角度がベストなんですかね。写真を撮ったあとは、人混みをかきわけてバス停に向かいました。私、人がいっぱいいる所は苦手なんです。翌日は京都三大祭りの時代祭ということでしたが、私どれも見てないような気がします。理由は「人が集まるから」それだけです。
[PR]
by yksayyys | 2012-10-21 23:57 | 社会 | Comments(0)

等持院

f0066076_23473871.jpg
 次は近いので等持院に行きました。私ここの庭が好きなんです。夢窓疎石の作った庭です。ここでぼんやり心を無にして縁側に座り込みました。学生時代も講義のあいまによく来ました。もう少ししたら紅葉が始まってもっともっと綺麗になります。
[PR]
by yksayyys | 2012-10-21 23:51 | 社会 | Comments(0)

平和ミュージアム

f0066076_23463799.jpg 次は平和ミュージアムに向かいました。平和問題に特化した博物館で展示はかなり充実していると思います。参観者はきわめて少なく私がいる間は私と70歳くらいのおばあちゃんのふたりだけでした。私は「平和」について何か考えたい時にはここを訪れることにしています。原点に帰るということでしょうか。地下が「過去の戦争」二階が「現在の課題」一階は資料室になっています。若い学芸員とボランティア学生で運営されているようでした。帰りにTシャツを買いました。表に難しい漢字で「平和」と書かれていて、白は持っていて今回の平和集会にも着ていったのですが、今回は黒を買いました。この建物の横は前自民党総裁のご自宅のようでした。
[PR]
by yksayyys | 2012-10-21 23:46 | 社会 | Comments(0)