「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

<   2013年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

「主権回復の日」に!?

 私は4月28日の「主権回復の日」なる日にある行動を予定していました。それは、日本本土から切り離された境目である北緯30度線に立ち、その写真をこのブログに公開するつもりでした。ところが、「痛風」なる暴風でその試みは吹っ飛んでしまいました。ブログに公開どころか「ブログで後悔」でした。お粗末!!(笑)
[PR]
by yksayyys | 2013-04-30 19:09 | 社会 | Comments(1)

 寝たきり状態で痛みの中で読んだ2冊です。どちらも「九条」擁護の立場からどのように「平和主義」を貫いたら良いのか。を、一方は政治哲学の立場から、一方は国際政治学の立場から禅問答のような「問い」と「答え」を戦わせることによって有益な「平和論議」を導き出そうというものでした。私にとっては高名な藤原よりも新進の松元の論の方が面白かったですね。時にこみ入りすぎる嫌いはありましたが、とても丁寧に論を展開していましたし、藤原が「具体名を控えた(とある割には具体的にわかる記述ばかり)」と抽象的な問答を意図的に設定していたのに対し、松元は歴史的、社会的に、かなり細かい内容にも入り込みながら「絶対平和主義」ならぬ「平和優先主義」の効用を説いていました。18日のとりくみ教研の基調提案の参考になる内容もたくさんありました。最近このての本がいっきに出ましたね。特に新書に!!どれがいいのかな!!
[PR]
by yksayyys | 2013-04-30 19:04 | 読書 | Comments(0)

きた!痛風!!

 島に着いたその日の夜、あの激痛が左足を襲いました。そう、痛風です。3年前に失神までしたあの痛みがまたきたのです。痛みの強さはまさにあの時の痛みでした。おかげで島にいる間は寝たきり。そして、昨夜こちらに帰ってきたのですが、今日も痛みはおさまらず、出勤後は保健室の松葉杖を使って移動する始末。これまでと違うのは、足がパンパンに腫れたままであるということ。というか腫れはどんどんひどくなっています。「安静に」とはわかっていますが、一人暮らしなのでなかなかそうはいきません。自業自得とはいえ、きつい毎日です。いや、痛い毎日です!!
[PR]
by yksayyys | 2013-04-30 18:52 | 育児・家庭 | Comments(0)

 「リンカーン」を観て、プクプクさんのブログを読んで「俺はまだまだ知らないことが多すぎる」とこの本を読みました。「公民権成立以降を中心に」とありますが、それ以前もかなり詳細に書かれてありとても勉強になりました。今DVDで「20世紀映像の記録ベトナム戦争の衝撃」も観ていました。このドキュメントはアメリカが外にベトナム戦争、内に黒人運動に苦悩する様子がリアルに紹介されています。それがたかだか4,50年前に過ぎないことを私たちは肝に銘じるべきだろうと思います。DVDの中でキング牧師がシカゴで演説します。「ここシカゴは南部のどこよりも黒人憎悪が激しい」と!しかし、オバマ大統領が1期目の大統領選で勝利演説をしたのもシカゴでした。そこに時代の流れを感じることができます。が、やはり今でも白人の過半数はオバマに投票していないのも事実です。
[PR]
by yksayyys | 2013-04-26 17:49 | 読書 | Comments(0)

復活、郷土研究会!

 昨年度途中から休部状態だった郷土研究会が再開することになりました。新入生が5名も入会してくれることになったからです。今日、紹介をして今日のうちに参加希望を伝えてきました。実はもうすでに3回も「いつからですか?」と問い合わせをしてきた生徒がいます。大の歴史好きらしいのですが、何と「近代史好き」なんだそうです。「八重の桜」はもちろん「坂の上の雲」をこないだ読み終わったとか言っていました。なかなか楽しみな状況です!
[PR]
by yksayyys | 2013-04-26 16:13 | 社会 | Comments(0)

九条の会

 学校に地区の「九条の会」会長さんから電話がありました。「明日の総会は来てくれるよね!議長をしてもらいたいんだけど」とのこと。島に行く予定でいることを告げるとがっかりしていました。すみません!でも、活動はしっかりやりますから!
[PR]
by yksayyys | 2013-04-26 16:08 | 社会 | Comments(0)

G・W

 パソコンの調子が悪く、長らく更新を怠っていましたが、ようやく今日パソコンが正常に戻りましたので再開したいと思います。今夜、また船で島に行ってきます。午後から年休をとって、頼まれた買い物を先ほど終わらせてきました。少し休んでから近所の草刈りをしてきます。明後日予定されている地域清掃作業に参加できないためです。左足を痛めて少々不自由ですが、それくらいの地域貢献はいたしましょう。1ヶ月ちょっとぶりですが、中学生になった娘に初めて会います。息子はソフトボールを始めたようで、私に練習の様子を見てもらいたいようでした。天気もいいようです。行ってきます!
[PR]
by yksayyys | 2013-04-26 16:06 | 育児・家庭 | Comments(0)

三國連太郎

 「個性派俳優は誰か」とアンケートで問われたら間違いなく上位に位置したであろうと思われるのがこの三國連太郎である。ただ、私はこの俳優の重厚な演技よりもこの人の経験の方がはるかに強烈である。有名な逸話であるが、この人戦争中徴兵が嫌で所属部隊から脱走している。そして、自分が実母に出した手紙によりその実母から密告され捕まってしまうという経験をしている。三國は母を許してはいない。これも有名であるが、息子の佐藤浩一とは長らく絶縁関係であった。原因、責任そういうものには諸々事情があるであろうが、実母、実子との関係は当人の生き方にいやが上にでも大きな影響を与えただろうと考える。道徳的にはいろいろな解釈があるであろうが、俳優として彼はそれを真摯に受けとめ演技に活かしていたのではないだろうか。印象に残っているのは「釣りバカ日誌」のスーさんではなく、飢餓海峡などで見せた「狂気」の人物像である。思想・信条としては「差別」にこだわっていた。が、あくまで俳優として「差別と芸能」という視点で問題提起をしていた。沖浦和光との対談は実に楽しい内容であった。今日の午後、NHKで回顧番組があった。NHKらしい掘り下げ方であり、ドラマもそういう内容であった。私は、「目が点になった時」のこの人の表情が好きだった。人間の弱さ、正直さがよく表現されていた。親鸞に惹かれていたのも当然かと考える。合掌!
[PR]
by yksayyys | 2013-04-21 15:51 | 映画 | Comments(1)

「リンカーン」を観て

 封切り間もないスピルバーグの「リンカーン」を観てきました。アカデミー賞15部門ノミネートということですが、ハリウッド好みのリベラル色の強い映画だと思いました。涙とか衝撃とかいう場面はありませんでした。が、考えさせられる場面は随所にありました。というかこのあたりの歴史的事実については「知ってるつもり」でこの映画で初めて知ったことがたくさんありました。私の頭の中ではリンカーンのゲティスバーグのいわゆる「民主主義演説」や奴隷解放宣言、南北戦争終結はほぼひと続きで奴隷解放はいっきに進んだものと思っていました。が、ゲティスバーグ演説はあくまでリンカーン大統領1期目のできごとで実際に終戦、奴隷解放へと進んだのは2期目でそれもかなり困難な状況下で実現したのだということを初めて知りました。よく考えればいくら「宣言」してみたって法令で制度化しないと現実は変わらないことは当然のことです。そこでリンカーンは政治家としての手練手管でその実現に苦慮することになります。スピルバーグはあえてそういう手練手管で奔走するリンカーンの人間味にスポットをあてていたように思います。個人的には、民主主義国の政治家の資質としての「演説」というものに興味を覚えました。理想、現実、戦略、説得力そういうものをどう演説にからめるかに政治家たちが苦慮する姿が印象に残りました。あと、ロビイスト!そのころからいたんですね。
 追伸 この南北戦争終了によって大量に生じた余剰武器はかなりの量が日本に流れ、戊辰戦争で使用されていたことを最近知りました。日本史と世界史のつながり、この辺を話す必要を感じますね!
 
[PR]
by yksayyys | 2013-04-20 22:06 | 映画 | Comments(2)

 昨夜、突然38度を超える熱が出ました。ひと晩じゅう熱は下がることはなく、やむなく仕事を休んで養生しました。が、昼を過ぎても熱が下がらないので混んでない病院に行きました。念のためにインフルエンザの検査をしましたがそうではありませんでした。そこでもらった薬が効いたのか夕方には平熱になりました。ずっと体調が良かっただけに突然の熱に驚きました。でも、もう万全です。
[PR]
by yksayyys | 2013-04-17 20:19 | 育児・家庭 | Comments(0)