「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

実習生Iさん

 先週、教育実習生への「人権同和教育」の講義をしましたが、今週実習生のIさんが周囲に誰もいないのを見計らったかのように私に声をかけてきました。「先生はこれまでどういう勉強をされてきたんですか」私は「本気だな」と思ったのでこれまでのことを正直に話しました。Iさんはとても共感したようでした。翌日、論文の抜き刷りを渡したところえらく感激していました。「何奴め」と思い、自宅のインターネットで検索してみたところ、美術専攻のIさんは今の時点ですでに芸術家として活躍している人でした。昨日、実習最後の日だったので職員室内でその日で終わる3人に挨拶をして廊下に出たところ、Iさんが追いかけてきました。「資料いろいろありがとうございました。」私も、「ネット見ました。もうすでに活躍中ですね。」と言ったら照れくさそうに「発表の場を与えていただいたので」と答えました。私は「応援してますよ!」」と声をかけて別れました。Iさんは「教師になるということ」と「自分のやりたいこと」の分裂に悩んでいるようでした。が、先日二人きりで話した時に私は言いました。「教師の仕事にしゃかりきになっている自分を見つめるもうひとりの自分をつくるのも大事。自分は、やりたいことをやってるし、評価してほしい人に評価してもらっているから今がとても楽しい。」と・・・Iさんは教師であろうがなかろうがずっとアーティストであって欲しいです。
 まだ、もう2人実習生が残っています。うち1人は社会科です。来週が評価授業です。頑張らせます!!
[PR]
by yksayyys | 2013-06-29 07:17 | 学校 | Comments(0)

橋本治の言う通り

 今朝の朝日新聞に橋本治の文章が載っていた。現在の安倍政権と国民の関係が適切に表現されていた。本当にそうだと思った。「景気回復に異を唱えることを許さない」という言論ファシズム状態なのである。だから、原発再稼働も憲法改悪も「そこまでは思っていないのに」と思っている人も口をつぐんでしまう。ただ、状況はまさに橋本治が言う通りなのだが、「どうしていいか」という政治の選択肢がないのである。新聞を何枚かめくると「戦争世代による改憲反対アピール」が載っていた。ちっこい字であったが、大学の恩師の名前もあった。この人達の思い、どう実現したらよいものか!
[PR]
by yksayyys | 2013-06-29 06:56 | 社会 | Comments(0)

 昨日の朝、通勤途中愛車がオーバーヒートを起こして動かなくなってしまい、そのまま教え子の自動車整備工場に運ばれていきました。交差点で2度エンストをおこし「こりゃやばい」と思ったら、3度目のエンストの時ボンネットの中から白い煙が立ち上り始めました。映画「探偵はBARにいる」の中で松田龍平の愛車が動かなくなったシーンを思い出しました。夕方、代車で整備工場に向かったところ、かなりの重症だということでした。ラジエーターの交換が必要だとのことですが、かなりエンジンもやられているのではないかと言われました。今のところ、工賃も含めて8万円くらいかかるとのことです。中古で買ったのですが、乗りながら「今までいろいろ(事故)あった車かなあ」と思ってはいましたが、「ついに」と言った感じです。走行距離はちょうど20万キロ。よく走ったといえばよく走りました。これから、どうするか。ここで井上陽水の曲を歌います。「かねがない~」(原曲「傘がない」でした。)
[PR]
by yksayyys | 2013-06-29 06:04 | 育児・家庭 | Comments(2)

職員研修

 EB中学校の職員研修に行ってきました。テーマは「いじめの授業」!「同じことはしない」のモットーのため昨夜から今朝にかけてスライドや添付資料を作りかえました。やはり推敲したものはいいものに仕上がります。前回の教育対話集会よりまとまったものになったと思います。ただ、「提起は30分」というのに手こずりました。が、「与えられた時間で全力を尽くす」のも私のモットー。頑張って30分でまとめました。ドンピシャリだったと思います。反応は悪くなかったと思いますが、EB中にもいろいろ事情があるらしくそれに沿った微妙な質問がいくつかありました。誠意をもって答えたつもりでしたが、どうだったか・・・・・
 私、呼ばれればどこへでも行きますから!呼んでちょんまげー!!
[PR]
by yksayyys | 2013-06-24 20:19 | 学校 | Comments(0)

貴族か武士か?!

 今日のA新聞の教育欄に出ていた教育実践は、小学校社会科(歴史)の授業でした。そして、生徒に「貴族になりたいかそれとも武士になりたいか」を選択させるものでした。私のメンタリティからするとありえない授業でした。どうして貴族か武士かを選ばせるのか。そこに何の意味があるのか。おそらく、選択させる過程で様々な思考を促そうというのであろう。しかし、そこにその時代の圧倒的多数を占める農民をはじめとする庶民の姿は何ら意識されていない。それでも、「どこかにその点に触れた記述があるはず」と記事の最後まで読んでみたが、ついに見受けられなかった。それを「花まる」として良いのか。小学校の歴史ってそんなものなのでしょうか!小学校の教科書を読む限りそうでもないと思うのですが!
[PR]
by yksayyys | 2013-06-23 23:02 | 社会 | Comments(0)

山登り

f0066076_001755.jpg
f0066076_00508.jpg

富士山が世界遺産に登録されると聞いて「じゃあ」ということで山に登ってきました。登ったのは霧島の白鳥山です。霧島はその名の通り深い霧に覆われていましたが、えびの高原あたりではいくらか視界が開けてきました。案の定、登り始めてしばらくは「ひとりっきり」でした。「おお、山を借り切ったか」と見栄を張りながら急ぎ足で木立の中を歩きました。いやあ、痛風以来の運動不足で結構こたえましたね。しかし、不思議なことに登れば登るほど天気は良くなり、頂上に着く頃はごらんの通りの風景が広がっていました。心が洗われます。山を下りるころは、家族連れや老夫婦とも会いました。山での「こんにちわ」の挨拶は気持ちがいいものです。正午前に下りきった所で昼食をとりました。地鶏そばを食べました。宮崎や大分ではよく見るメニューです。値段は1000円と高めでしたが、山菜なども入っていておいしかったです。帰りは温泉に浸かりました。ここも「貸し切り」!極楽でしたね。予定では午後から映画を観る予定でしたが、眠くなって午睡しました。久しぶりにのんびりした1日を過ごしました。明日は日曜参観!参観授業がないので気は楽ですが、明後日のEB中の職員研修の準備があるので忙しくなりそうです。
[PR]
by yksayyys | 2013-06-23 00:15 | その他 | Comments(0)

たばこ

 先週の金曜日に教え子と飲みました。今、33歳。小学校で期限付き講師をしています。私に憧れて教師になった「たったひとり!(強調)」の教え子です。昔話に花が咲きました。懐かしい名前がいっぱいでました。が、こちらはすっかり忘れていたのに彼が「今でも忘れられない」という出来事がありました。どうやら私は彼に「タバコを吸ってるんじゃないか」と詰問したらしいのです。何度も「本当か」と念を押したということです。そういえば一時期「いもづる式」に喫煙が発覚したことがあったので、その交友関係からそう聞いたのだろうと予想されます。しかし、こういう事って生徒は忘れないでしょうね。彼も「いつか言ってやろう。」と思っていたのでしょう。「そうか、すまなかった。」と言いはしましたが・・・・
 彼は婚約中。8月には結婚するそうです。そのためにも教員採用試験に合格して欲しいです!
[PR]
by yksayyys | 2013-06-22 22:34 | 学校 | Comments(0)

今年も研修講師

 月曜日にEB中学校の職員研修に呼ばれています。テーマは「いじめ問題」です。1月の教育対話集会で私の報告を聞いた先生が「ぜひうちの学校でも」となったわけです。嬉しいですね。必要とされているのであればどこへでも行きます。でも、ひとつだけネックになっていることがあります。実は月曜日は、日曜参観の休養措置なんですよねえ。ゆっくりしたかったなあ。まあ、でもしようがないか!
[PR]
by yksayyys | 2013-06-22 07:26 | 学校 | Comments(0)

実習生

 教育実習生が来てから2週間が経ちました。最初のうちは「やはりイマドキの若者たちだなあ」と戸惑った時も多かったのですが、彼女(彼)らもいろいろ経験する中でだいぶいろいろな事を感じるようになったような気がします。私が担当する女の子も、資料にオリジナルの表やグラフを作成したり、ワークシート作成に頑張ったりと徐々に教材研究の面白さに目覚めてきているようです。昨日は、私の「地域おこし」の授業をえらく気に入り「これやりたいです。」と目を輝かせていました。今日は私の講義でした。人権同和教育がテーマです。教務主任から「これまで実習生に最も人気があった講義ですからヨロシク」とおだてられ張り切ってしまいました。45分間みっちり話し、資料もたっぷり準備し、これまで研修などで使ったスライドもCDに焼いて渡しました。終了後、ひとりの実習生に「長かったね。ごめんなさい。」と言うと「いや、あっと言う間でとっても勉強になりました。」と答えたので調子に乗って「どこが?」と聞くと「いじめの授業のところがとっても興味がありました。」と言っていました。やはり、今までやってきたことは間違いないと思いました。実は、私の担当の女の子は私たちの先輩でK大学の講師Kさんが教えているのですが、彼女は言いました。「私が受けたK先生のいじめの授業と全く一緒でした。」そりゃ、そうですよね!一緒にずっとやってきたわけですから。来週、再来週は評価授業が続きます。もうひと踏ん張り頑張ってもらいましょう!指導教官はバテ気味ですが・・・・へとへと・・・・・
[PR]
by yksayyys | 2013-06-21 21:34 | 学校 | Comments(0)

さすが鹿児島歴教協!

 昨日は歴教協の県大会でした。参加者は少なかったのですが、午前中、午後を通してとてもためになる充実した学習会でした。午前中はKさんの講演。これまで大学の講義で行ってきた「いじめの授業」を深く掘り下げて話をしていただきました。子どもたちや学生達の実態や背景、そしていじめ問題を考える視点、そしていじめを取り巻く学校・教師側の課題が熱くダイナミックに語られました。午後の学習会は、参加者数が少なかったために分科会を統合し、ひとつの会場ですべての報告を聞くことになりました。いやあ、どの報告も良かったですね。それぞれが追及している課題に沿って問題提起性の高い報告が行われました。議論も面白かったと思います。人数の広がりはありませんが、鹿児島歴教協のひとりひとりの質の高さが証明された大会だったと思います。その中にちゃっかり自分も含めますが(笑)
 事務局として受付をしました。あれこれ面倒な仕事ですが、ここ4.5年ずっとやっていて要領は得ていたので何とか無事にやり終えました。何より、弁当が時間ちょうどに届いたことに安堵しました。過去2度にわたって「大幅遅れ」を経験していたのでヒヤヒヤでした。とにもかくにも良かった良かった。夜の酒もうまかった。
[PR]
by yksayyys | 2013-06-16 09:37 | 社会 | Comments(1)