<   2013年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

次は難題!!

今週の金曜日はB中学校で全校生徒・保護者を対象にした「いじめはどこが良くないのか」という講演!?学習!?をしにいきます。教師相手の研修ならちょちょいのちょいなんですがね。まだ、内容は固まっていません。この数日で考えなくてはなりません。それが終わったらその日の夜の船で家族のいる島に行ってきます。人事異動の相談等をしてきます。後顧の憂いなきよういい学習にしなくてはなりません。何とかなるとは思いますけどね!エヘ!!
 それが終われば勤務校の統一人権学習!そして急遽入った3年生の部落問題学習。本当は、うちの学校の教師ひとりひとりがそれをやらなくてはならないのだと思います。「このテーマはあの人に!」となっている現状は決して良い状況だとは思いません。でも、引き受けた以上は責任を持ってやります!!
[PR]
by yksayyys | 2013-11-30 16:45 | 学校 | Comments(0)

特攻基地聴き取り

f0066076_16281388.jpg
Hさんから頼まれた原稿を書くために、特攻基地に関する聴き取りに行ってきました。勤務校の近くの特攻基地の「語り部」的存在のTさんを訪ねていきました。先日、地元新聞の1面トップにカラーで報道されていたのはこの人が紹介したB特攻基地の裏門に関する内容でした。今回は本にするという目的もあってICレコーダーを使って1時間余りの聴き取りをし、その後ミニフィールドワークをしました。写真は、その記事にあった裏門です。正門は堂々と残され説明もされていますが、この裏門は鬱蒼とした竹藪に埋もれた状態だったのをTさんが紹介したものです。記事に掲載された後、市長をはじめ市役所の面々も訪れ、いちおう門にたどりつけるくらいは竹藪ははらわれたようです。が、Tさんの望むような保存のしかたにはほど遠い現状です。ともかく、私はきちんとした文章を書こうと思います。
[PR]
by yksayyys | 2013-11-30 16:35 | 社会 | Comments(0)

講師

職員研修の講師を務めてきました。思えば、軽いノリから始まりました。組合の執行委員会で養護教諭の先生が私を見て言いました。「職員研修とか来てくれると言いましたよね!」私は「もちろん!」と答えました。数日後、電話が来ました。同じ学校の違う人からでした。「職員研修の講師、してくれると聞いたんですが!」・・・私は「やります。テーマは?」と聞いたところ相手は「実はハンセン病問題でお願いしたいのですが・・・」私はもったいぶって少々間をおいて答えました。「しょうがないですね。それは私がやるしかないでしょう!」いやあ、願ってもない展開だったと言えます。今日の研修?もちろんバッチリでした。65分しゃべり、15分の質疑も実に活発なやりとりだったと思います。研修前は「誰だこいつ!何者だ!」という雰囲気でした。でも、教師は単純です。「これは」と思うとたたみかけるように質問してきます。私はそれに答えるのが快感でした。管理職もご機嫌でした。事前に校長の「社会心理学」の話しにつきあったせいか、校長も大歓迎でした。これで少しでも「ハンセン病問題」の取り組みが広がればいいのですが・・・ひとつネックはその学校が遠かったこと。自宅に到着するまでに2時間かかりました。でも、充実感はあります。だって、この2,3日頑張りましたもの!!!!
[PR]
by yksayyys | 2013-11-25 20:31 | 社会 | Comments(0)

ひとり鍋

 寒さが厳しくなって来ると鍋が食べたくなります。でも、ひとり暮らしだとどうも考えてしまうんですよね。「ひとりで鍋かあ!」どうしても鍋は家族や友人達と「つつく」というイメージなんですよ。と思いながらも、昨日、今日と2日連続で鍋を食べました。どうして2日連続か!それは野菜が1日だけでは食べきれないからです。昨日は豪華に「かにすき」を食べました。今日は「ミニ寄せ鍋」でした。いやあ、おいしかったです。ビールが進みました。近所のコンビニで買った八海山も飲みました。そして、面倒くさい片づけも時間を決めていっきにやりました。課題は「食べ過ぎる」こと。うまくいっていたダイエットが水の泡となりました。
[PR]
by yksayyys | 2013-11-24 21:38 | 育児・家庭 | Comments(0)

社会科の月から人権の月へ

 11月は社会科の月でした。県教研にはじまり県社研、九社研の二つの研究大会があり、嫌でも「社会科」を考えざるをえない状況でした。毎年の事ですがいい勉強ができたと思います。その11月が終わると12月。12月は私にとっては人権の月です。毎年、勤務校の統一学習があるのでそう位置づけているのですが、今年は校外の研修・学習もあるので余計にそうなりそうです。「11月は社会科、12月は人権」しばらくはそういうサイクルが続きそうです。悪いことじゃないですね!1ヶ月ひとつのことに集中するということは!!
[PR]
by yksayyys | 2013-11-24 20:42 | 社会 | Comments(0)

聴き取り

 先日、地元紙1面トップにカラーで勤務校にある特攻基地に関する記事が掲載されていました。これまで知られていなかった基地の裏門のことが書かれてありました。公表したのは地元のTさんです。Tさんは以前、韓国の友人Eさんと聴き取りを行い、私の「強制連行・強制労働の授業」「「文化祭の劇」に重要な素材を提供してくださった方です。勤務校の生徒の祖父でもあります。昨日、お願いがあって電話をしました。2年前につれあいさんを亡くしたと聞いていましたが、元気そうな声でした。新聞記事の事を伝えると「隅っこの小さな記事だと思っていたので驚きですよ。あれからあちこちから電話が来るわ来るわ。」とのことでした。やはり新聞の威力は大きいですね。40万部くらいの部数があるわけですから。私の用件はまた聴き取りをしたいということでした。Tさんは快く引き受けてくださいました。来週の土曜日の午前中です。この特攻基地に関してはいわゆる「歴史修正主義」の立場からいろいろ意見が出ているようです。もう一度詳細な聴き取りをしておこうと思います。
[PR]
by yksayyys | 2013-11-24 08:03 | 社会 | Comments(0)

職員研修講師

 月曜日の午後からI市T小学校の職員研修の講師を務めることになっています。I市って遠いんですね。勤務校から1時間20分かかるんだそうです。ということは、帰りは自宅に帰り着くのに2時間以上かかるということです。鹿児島って広いですね。さて、今回の職員研修のテーマは「ハンセン病問題をどう教えるか」です。私にとっては「よっしゃあ」という内容です。「私以外に誰がいるか!」と言いたくなるテーマなのです。ただ、今回の職員研修に感心したことがあります。それは講師依頼書にあった「講師への要望」です。これまでは、テーマはあってもあとは「講師におまかせ」がほとんどでした。それはそれで楽でいいのですが、今回は全く逆でした。「ハンセン病問題の始まりを教えて欲しい。」「差別の歴史的経過を教えて欲しい。」「現在における課題は何かを教えて欲しい。」「小学校、中学校における実践の方法・課題について教えて欲しい。」というきわめて具体的なものでした。こういう要望って何も知らなくては出てきませんよね。どの要望についても、私にとっては最重要課題と言えます。こういう研修って俄然張り切ってしまいますよね。修論以来研究を重ねたすべてを伝えたくなるくらいです。「意気に感じる」というのはこういう事だと思います。来週は、M市のB中で生徒・保護者を相手に「いじめのどこが良くないのか」というテーマで講演・授業も予定されています。勤務校では学年の統一学習で「歴史における人権問題」を話す予定です。手抜きはしません。これが私の責務というくらいの意気込みで頑張ります。他にも、誰か私を呼んでください。決して損はさせません!!
[PR]
by yksayyys | 2013-11-23 18:09 | 学校 | Comments(1)

唐津焼

f0066076_18325015.jpg 唐津の先生の案内で名護屋城博物館、呼子の港を見学した後、唐津焼の代表的な窯元という場所に連れていってもらいました。あいにく名工は親子とも東京で個展を開催中とのことで留守でした。新宿伊勢丹で個展だそうです。すごいですね。焼き物そのものは高くて手が出せませんでしたが、窯のあるところは人里離れたところでとても景色のいいところでした。日本海の近くとあって紅葉も鮮やかでした。日本画の世界に飛び込んだようでした。この後、唐津駅から帰路につきました!案内してくださったMさんお世話になりました!
[PR]
by yksayyys | 2013-11-18 18:33 | その他 | Comments(0)

炭坑王の豪邸

f0066076_18251188.jpg 唐津の散策で印象に残っているのがこの旧高取邸です。炭坑で財をなした高取某の豪邸なのですが、外見は和風建築なのですが内部は洋風の造作も多く、まさに「贅をつくした」建築となっていました。北部九州はこういう炭坑王の豪邸がけっこうありますよね。国の重要文化財とあって観光客もひっきりなしでした。あと、町中には明治後期から大正・昭和と思える建築も多くありました。近代日本の建築の雄、辰野金吾や村野藤吾が唐津出身であることも初めて知りました。「鹿児島にこういう町があるかな」と考えましたが、残念ながらないのではないかと悟りました。本当、唐津は趣深い町でした。
[PR]
by yksayyys | 2013-11-18 18:24 | その他 | Comments(0)

唐津くんち

 f0066076_18132591.jpg九州大会終了後、私はフィールドワーク目的で唐津に向かいました。理事会の懇親会で唐津出身の役員の方に「見所は」と聞いたところ、「じゃあ私が案内しましょう。」ということになり、ホテルの紹介から食事場所の紹介、翌日のフィールドワークと何から何までお世話になりました。本当に感謝しております。フィールドワークで最も印象に残っているのは、有名なお祭り唐津くんちの「曳山展示場」でした。前夜の飲み会で唐津くんちがいかに唐津にとって重要な祭りであるかは聞いていましたが、この展示場でいわゆる山車である曳山を見た時まさに圧倒されました。その曳山のデザインの斬新さ、色鮮やかさは「驚異」でさえありました。どれも江戸時代の文化文政年間の作品なのですからひたすら驚くばかりです。私が気にいったのは「鯛」です。獅子や兜など勇壮なデザインが多い中でおばけのQ太郎みたいな顔をしたこの鯛に妙な親近感を覚えました。私はすぐにグッズを購入し、鍵束のキーホルダーにつけました。いやあ、どれも迫力ありましたよ!!
[PR]
by yksayyys | 2013-11-18 18:13 | その他 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧