ブログトップ

アマノジャクはこう考える

<   2014年 05月 ( 40 )   > この月の画像一覧

逝く

 ある知り合いが今日亡くなったことを知りました。事故死です。自転車で壁にぶつかり転倒しているところが見つかったということです。脱サラ後、サーフィンを中心に悠々自適に過ごしていました。小学校教師の妻と二人暮らしでした。アウトドア系でしたが、そのぶっきらぼうな言動が人を引きつけていました。一度自宅を訪ねたことがありましたが、古いレコードを聞きながら、「鰺の酢漬け」を肴に安いワインを飲んでいる姿が粋でした。サーフィンとともに好きな自転車で転倒とのことですが、運転中に何か発作がおきたのかもしれません。冥福をお祈りいたします。
 
[PR]
by yksayyys | 2014-05-30 02:35 | その他 | Comments(0)

島へ

 今日の夜の船で島の家族に会ってきます。妻の研究授業の慰労と娘のホームステイ決定のお祝いをしてこようと思います。海が荒れないといいけど・・・
[PR]
by yksayyys | 2014-05-30 02:27 | 育児・家庭 | Comments(0)

行政とのたたかい

 来週から担当する3年生の職場体験学習です。2年生の時から準備を重ねてきましたがようやく本番が来ました。うちの学校、というかうちの自治体はこの職場体験が5日間もあります。他の自治体はもう3日間にしているところが多いのに教育委員会が勝手に「うちの売りだから」と短縮を許さないのです。他にもいろいろあるのですが、うちの自治体(教育委員会)は各学校の教育課程にかなり介入してきます。今年度の体育大会の日程も強引に変更させました。管理職はそれに抗することはできません。今年、私が行政の会に出席するたびにその「横暴ぶり」を声高に批判しています。行政はムッとした表情で「ご意見は承りました。」と言うばかりです。「意見は聴く」というのはお役所言葉で「聴くだけでやりませんよ。」という意味なんですよね。全くバカにした話です。苦労するのは私たち現場の人間なんですから。
 それに比べて健気な生徒たちです。言われた通りに準備を頑張ってきました。来週の本番もきっと頑張ってくれることでしょう。
[PR]
by yksayyys | 2014-05-30 02:24 | 学校 | Comments(0)

返事来ず!

 先週、中社研のある仕事を4人の人にメールでお願いしました。が、4日たっても誰も返事が来ません。昨年中に内諾は得ていたはずですが・・・事務局長のTさんも「メールも電話も反応しない人が多くて困る」と言っていましたが・・・みんなやりたくないのかなあ!
[PR]
by yksayyys | 2014-05-30 02:15 | 社会 | Comments(0)

I・H先生がテレビに!

 野球の合間にテレビのチャンネルをMBC「どんかご」に切り替えたら、いきなり組合の先輩教師K中のI・H先生がアップで出てきました。今年3月に退職した先生です。教え子たちが退職を盛り上げようと頑張る姿が映し出されました。最後の最後に教師冥利につきますね。この先生、私にとってもとても印象深い人です。初めて県教研に行った時、この先生が県の文化部長でした。だから、私の県教研の記憶はこの先生の声で始まるのです。私が甑島にいる時は車を貸しました。彼はトンボの写真を撮るのが趣味なのです。その写真で賞をとったこともあります。一昨年は「退職なので本を整理したい」と平和関係のものをごそっと私にくれました。予想通り私がすでに持っている本が3分の2を占めましたが、そんなに接触があったわけでもない私に声をかけてくれたことがとても嬉しかったです。今年は、あちこち講演で忙しいはずです。あの先生のどこがすばらしいのか。うまく表現できませんが、私は初めて会った時から「本物」の匂いがしました。そして人間的だと思いました。テレビ映りもとても良かったと思います!聞こえないでしょうが、退職おめでとうございます!まだまだ頑張ってくださいね!!
[PR]
by yksayyys | 2014-05-28 21:01 | Comments(0)

ホームステイ説明会

 日曜日は娘のホームステイ説明会でした。Mカルチャーセンターというところが主催しての事業です。まともにお金を払うと費用が48万円もかかるということでした。娘の場合、村の丸抱えですのでその48万円は払ってもらえます。あとは合計10万円ほどの金額を準備すればいいようでした。説明会には実費で参加する親子が多数来ていました。やはりそういう「セレブ」の雰囲気を醸し出している家庭が多かったですね。中には、親もかつて参加したという家庭もありました。その様子を見ながら私は「娘は大丈夫なのかなあ」と心配になりました。そして、「あの引っ込み思案の娘がどうしてホームステイに行こうと思ったのか」と不思議でしょうがありませんでした。まあ、せっかくの機会ですのでいい経験にはなると思います。私も全然好きでも興味もなかったアメリカという国に関心をもたざるをえない状況です。
[PR]
by yksayyys | 2014-05-28 20:50 | 育児・家庭 | Comments(0)

郷土資料集改訂

 苦労して編集・刊行に至った郷土資料集が今月で3刷となりました。「残部が少ない」とは聞いていましたが、それでも「来年度から」と思っていました。が、先日印刷会社から「もうありません。見直しがあるんでしょうか。」と電話がありました。私は急いで連絡のつく限り執筆者に見直しをお願いしましたが、3人の方がそれに応じてくれました。たった3日間しか猶予を与えない改訂作業でした。日曜日の夜に集約をしましたが、私にとっても結構しんどい作業でした。指摘を受けて執筆者に書き直しをお願いする余裕はありませんでしたので、私の方で書き直す作業がいくつかありました。「水俣病の2008年度以降の経過」「2010年度以降廃校になった中学校の数と名前」等!面倒だったのが「廃校の状況」!何とか昨年度までの統廃合を調べ直して表に書き加えることとしました。「月曜の朝には」との約束でしたので、深夜の2時くらいに作業を終えて印刷会社の担当の方に添付ファイルで送りました。これで3刷は確実となりました。決して「売れてる」わけではないでしょうが、版を重ねることは嬉しいことです!ああ、間に合って良かった!!
[PR]
by yksayyys | 2014-05-28 20:40 | 社会 | Comments(2)

20年の区切り

 映画の待ち時間に前任校の同僚に会いました。一度このブログにも投稿してくれました。彼は「仕事を辞めました。」と言いました。「20年でした。」と付け加えました。私は驚きましたが、「いいことじゃないでしょうか。うらやましい気もします。」と返しました。その後別れてからいろいろ考えました。「もしかしたら何か事件でもあって嫌々辞めたのではないか。だったら自分の言葉は失礼にあたる。」その夜、彼のいた学校の知り合いに連絡したところすぐに電話が来ました。何か突発的な事件があったという訳ではないようでした。おそらく「20年務めたら辞める」と決めていたのではないでしょうか。彼らしいといえば彼らしい決断だと思います。すべてがうまくいかなかった前任校の私でしたが、彼は私の授業を見に来てくれるなどとても「公平・公正」な感覚を持ち、芸術家のように感性豊かな教師でした。そういえば写真で賞をとっていましたから芸術家なのでしょう。
 彼は、今は「全くフリーな生活です。」と言っていました。これから何をするにしても、あるいは何もしないにしても、贈る言葉は「Good Luck」でしょうか!ありのままで・・・・・
[PR]
by yksayyys | 2014-05-28 06:23 | 学校 | Comments(0)

映画「青天の霹靂」を見る

 日曜日の午前中に見てきました。観客は中年層を中心にちらほら。感想はまあまあかな。新聞の映画評は好評のようでしたが、私は大泉洋の魅力を引き出し切れていないと感じました。「探偵は・・」シリーズのイメージがあるからかもしれません。脚本については、最後のどんでん返しはいらなかったような気がします。ただ、病床のシーンは涙があふれてきました。肉親との別れのシーンはやはりつらいですね。柴咲コウの演技も抜群でした。幸薄き女性を演じたらこの人か木村多江がピカイチですね。ということで、次は何を見ようかな!
[PR]
by yksayyys | 2014-05-28 06:13 | Comments(0)

やっぱり来た

 予想通り、妻から指導案が送られてきました。もう細案が出来ていました。1時間くらいかけて文章表現を中心に直して送り返しました。特攻の授業は妻の方が先駆者なので内容であれこれ言うことはありません。対象の生徒はひとりなので授業方法についてはなかなか厳しいものがあります。話し合いとか討論とかができないからです。教師と生徒とのやりとりに終始してしまうのです。でも、それで3年間研究授業をしてきたわけですから心づもりは十分なのでしょう。今は資料づくりをしているようです。授業は月曜日。実は来週金曜日の夜に私は島に向かう予定です。どうやら妻の慰労となりそうです。
[PR]
by yksayyys | 2014-05-25 06:56 | 育児・家庭 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・