ブログトップ

アマノジャクはこう考える

<   2017年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

職場のフィールドワーク

 今日の午前中は職員研修「郷土のフィールドワーク」でした。希望者のみの参加でしたので「4,5人かなあ」と思っていました。案の定、職員室の動静欄には休みの教員の名がずらり。しかし、11人の同僚が参加してくれました。想像以上の参加数でした。「楽しみでした」という同僚もいました。有り難いことです。訪ねた箇所は10カ所ほどありました。最初に「町で最も有名な史跡」を訪ねました。磨崖仏です。その後、馬頭観音、薬師堂跡、仁王像(廃仏毀釈の跡)、古石塔群、旧渋谷氏菩提寺跡を経て、最後は「風光明媚」な棚田と滝を訪ねて終わりとしました。自分の中では「ひとつのストーリー」で作り上げたフィールドワークでした。参加者には好評でした。猛暑の中ではありましたが「楽しかった」と言ってくれました。教頭は「先生の解説があったからよくわかった。だから、家族を連れていきたいけど先生の解説がないととてももたない」と言ってくれました。褒め言葉と受け取りたいと思います。「どうなるかな」と心配していましたが、どうやら成功したようです。良かった、良かった。
[PR]
by yksayyys | 2017-07-31 18:38 | 学校 | Comments(0)

「未来を花束にして」を観て

DVDで観ました。女性参政権を扱った映画です。NHKスペシャル「映像の20世紀」の中にダービーの時にイギリス国王の持ち馬にわざとぶつかり命を落とした女性参政権運動の活動家が登場します。ナレーションはこの活動家たちの運動を「過激な」と表現します。この映画はそのダービーの場面までの女性達の動きを描いています。主人公は、イギリスの女性労働者です。洗濯・クリーニングを仕事にしていますが、過酷な労働は女性達を経済的にも肉体的にも苦しめます。しかし、女性の権利に目覚めた彼女はいろいろなものを犠牲にしながらも運動にすべてを捧げていきます。特に我が子と別れる場面はつらいものがあります。過激に流れる運動ですが、彼女たちの「正しさ」を証明するために大きな役割を果たしているのが運動の中心であるパンクハースト女史です。世界史に無知な私でもこの人の名前は聞いたことがあります。映画ではメリル・ストリープが演じていました。彼女はトランプ大統領とも喧嘩していましたが映画の中でも「筋金入り」の闘士でした。映画の最後に「女性の参政権」が認められた年度が紹介されました。最近のものは「サウジアラビア 2015年」というものでした。はたして、女性の人権は向上しているのかどうか?ちなみにその年度に日本という国は登場しません。


[PR]
by yksayyys | 2017-07-31 18:22 | 映画 | Comments(1)

明日は職場のフィールドワーク

 明日は勤務校の職員研修として設定されたフィールドワークがあります。前任校に引き続いて私が要求してできた職員研修です。ひとつ不満なのは全員出勤日に設定されていないことです。出校日の前日にいったいどれだけの人数が集まるのかはなはだ疑問はありますが、再三述べている通りたとえ何人であろうとその人たちのために頑張ろうと思っています。そう、私が頑張ると言っているのはガイドのことです。25日に下調べに行ってきました。場所はわかっているのですが、問題は駐車場の確保と移動ルートの確認です。最短経路でまわるにはどう移動したら良いか!田舎だと「この方向に行けばきっとあの幹線道路につながるはず」という常識が通用しない場合があり、大きくカーブして反対方向に向かったりどんどん山間部に向かったりすることがあります。そこを確認するためにはやはり下調べが必要なのです。
 ここのフィールドワークのキーワードは「渋谷氏」と「廃仏毀釈」です。中世の北薩で勢力を誇った関東出身の渋谷氏ですが、のちに同じく関東出身の島津氏とはげしく勢力争いをします。この地はその渋谷氏と島津氏のせめぎあいの地です。そして、鹿児島の特徴である「廃仏毀釈で破壊された寺院・仏像」があちこちにあります。が、意外にきれいに残されているものもあります。そこにさまざまな想像を働かせてもらえればいいなと思っています。この事は、昨年度の中社研の研究紀要にも書かせてもらいました。
 今から、簡単な行程図を作りたいと思います。地図は先日、地域公民館からごそっともらってきました。残部20しかないのに12ももらいました。「ちゃんと使ってもらえる人にあげる」という意味だと理解しています。晴れるといいですが・・・・

[PR]
by yksayyys | 2017-07-30 22:10 | 学校 | Comments(0)

夏季学習会

 金曜日は中社研の夏季学習会でした。鹿児島大学非常勤講師元新聞記者のSさんによる「戦争とメディア」と題する講演がありました。私が推薦したから言う訳ではありませんが、とても興味深い内容でした。戦前・戦中の言論統制の実態がとても具体的に資料に示されていましたし、話しぶりもわかりやすいものでした。統制する側の手口に加えて「黙り込む」メディアの側の問題にも相当厳しく言及していました。
 参加者も得るものが多かったと思います。後半は、各種印刷物作成委員会と研究委員会がありました。郷土資料集は第3版にむけた改訂作業に入ります。九州大会の研究発表と県大会公開授業の指導案審議もありましたが、だいぶメンバーが変わってきたにもかかわらず、相変わらず丁々発止の議論が展開されました。議長役の私も「交通整理」「問題提起」と大忙しでした。
 とにかくいい学習ができました。

[PR]
by yksayyys | 2017-07-29 21:02 | 社会 | Comments(0)

Iさんとフィールドワーク

f0066076_19321142.jpg

 今日は、韓国人のIさんとフィールドワークに出かけてきました。テーマは「西郷隆盛」です。まずは聖地とも言うべき南洲神社、西郷南洲顕彰館を訪ねました。墓地をまわってから、顕彰館に入り展示を見学しました。その後、「何かやっていないかな」と別館をのぞいみたら「親子歴史教室」をやっていました。写真はその時のものです。講師は館長のTさんです。私の高校時代の恩師です。小学生はワイワイガヤガヤでしたので、Tさん「さぞや話しにくかろう」と思っていましたが、最後に本音が出ました。「私、高校生と大学生相手に教えてきましたのでどうも小学生相手に話すのが苦手で・・・」
 そりゃそうだろうなと思いました。顕彰館を後にして祇園之洲公園の西南戦争官軍戦没者慰霊塔を見学しました。目的にそぐわない妙な塔でした。近くの和食レストランで昼食を済ませた後、護国神社を訪ねました。急な雨に驚きましたが、車中で休息の後西南戦争関連の慰霊碑を探しましたが、見つかりませんでした。社務所にも聞いてみましたが、「ここに祀られているのは間違いないですが慰霊碑というのはありません。」ということでした。Iさん曰く「鹿児島県出身の西郷軍兵士は南洲神社に手厚く葬られているのに鹿児島県出身の官軍兵士はどうなっているのだろう」!夕方、喫茶店で情報交換をしました。一緒に酒を飲みたかったのですが、家で子どもたちだけでいるのが気になって夕方帰ることにしたためです。喫茶店でのやりとりは実に有意義でした。Iさんは文化人類学の視点から「鹿児島と西郷隆盛」の論文を書く予定とのことでした。多くのことを教わりました。いつもながら刺激の多い交流でした。

[PR]
by yksayyys | 2017-07-29 19:50 | 社会 | Comments(2)

10対0から

 昨日のプロ野球の試合、ヤクルト対中日はすごい試合となりました。今年のヤクルトはめちゃくちゃ弱いのですが、昨日はすごかったです。なんと10対0の完全なワンサイドゲームを見事ひっくり返して11対10で逆転勝ちしたのです。高校野球だったらコールド負けしてもおかしくない点差、イニングなのに・・・62年ぶりの快挙で長いプロ野球の歴史の中でもまだ2度目ということでした。今日も勝ったようですし、バレンティンも調子が上がってきたようですし、ヤクルトがこれから盛り返すのでしょうか!プクプクさん、喜んでいるでしょうね!
[PR]
by yksayyys | 2017-07-27 21:36 | その他 | Comments(1)

土日はIさんとフィールドワーク

 韓国からIさん(光州の大学に勤めています)がやってきます。一緒にフィールドワークをする予定です。昨年は、水俣病関連のフィールドワークでした。韓国で公害が深刻であると悩んでいました。今年は西郷隆盛について調べたいということでした。私にとっては渡りに船です。韓国で西郷がどのように見られているか等聞き出せればと考えています。Iさん、もう下調べは十分しているようで「手に入れたい資料」の類いは私も手に入れてないものばかりでした。日本人と韓国人による西郷隆盛の共同研究。なかなか面白そうだと私は考えていますが・・・
 さて、どうなりますやら・・・お役に立てればいいのですが・・・

[PR]
by yksayyys | 2017-07-26 21:26 | 社会 | Comments(2)

フィールドワークの下見

f0066076_20293441.jpg
f0066076_20300132.jpg
 31日は職員研修でフィールドワークがあります。全員出勤日ではないので希望者がどれだけ集まるか心配です。今日その下見に行ってきました。時間は3時間予定しています。「長い」という声があったようですが、3時間なんてあっという間ですよね。写真上が仁王像です。廃仏毀釈の影響で下半身と腕が割られた跡があります。下は薬師堂跡です。今日初めて見つけました。渋谷氏ゆかりのものです。すぐ横の家は「堂前さん」でした。わかりやすいですね。当日は暑くなるのでしょうか!張り切ってガイドを務める予定です。

[PR]
by yksayyys | 2017-07-25 20:36 | 学校 | Comments(2)

挨拶まわり

 明日は中社研県大会のための「挨拶回り」の日です。県教委、教育事務所、市教委の3カ所まわると事務局長より連絡がありました。県教委は今年担当が替わりました。今までは温厚篤実なTさんでやりやすかったのですが、今度の方はどういう方なのでしょう。行政の人はいろいろなタイプがあって「威張りん坊」とかだと厄介なんですよね。だいたいいい人なんですけどね。まあ、いい歳なので差しさわりのない話もそれなりにできるようにはなっていますが、気を遣うことに変わりはありませんので・・・来年までにしたいなあ! 
 さっきパソコンで名刺を作り直しました。やっぱり手作りはしょぼいな!

[PR]
by yksayyys | 2017-07-25 20:24 | 学校 | Comments(0)

白内障までの経過~参考までに~

 目の不調はおよそ5年くらい前だったと思います。①左目にミトコンドリアあるいはカナダモみたいなものが見えだした(飛蚊症)のと②左目だけ視力が落ちてきたこと③左目だけ「直線が歪んで見える」ことで近所の眼科を受診しました。いつも患者でごったがえしている眼科でした。眼科医いわく「網膜剥離しかかっている。場所がよくない。手術はできないのでレーザー治療をする。通院をこまめに。」と言われました。言われた通りしましたが、症状が改善されないので「町医者はこまめに通院させて稼ごうとしているんだ」と決めつけ、セカンドオピニオンを求めて南九州では有名なM眼科に行きました。そこでは「網膜の専門家を紹介する。手術が必要だ。」と言われました。そして、鹿児島市立病院で手術を受けました。「総合病院はすぐに手術をしたがるんだよなあ。」という邪推はありましたが、症状の改善のために思い切りました。「網膜前膜」という病名でした。結果、視力はいくらか回復しました。直線の歪みはそのままでした。手術後「おそらく近いうちに白内障になるでしょう」と言われました。それから5年。左目の視力が著しく落ちてきたためM眼科に行くと案の定白内障と言われました。緑内障は失明の危険があるようですが、白内障は手術で劇的に改善すると聞いたことがあります。手術も日帰りでできるようになったということです。医師は「手術するかしないかは本人次第。生活に困っているかどうかが判断の分かれ目」と言われました。左右の視力差がひどくなっており、左右の目の形が違ってきているのがはっきりわかるようになりました。見えている右目にかなりの負担がかかっているのだろうと思います。あと、車の運転が夕方から夜難しくなりました。事故をしかけたことが幾度となくありました。よく見えないのです。今でも、社会科や組合の会で夜運転するのは恐怖体験です。校長に部活の「正顧問をはずしてくれ」とお願いした理由もそこにあります。 
 そこで今回の手術ですが、「簡単な手術」と聞いていたのですがちょっと計算外でした。手術後2週間は車の運転ができないとのこと。8月17日が手術なので9月の始業式当日まで運転が出来ないことになります。今の勤務校で車の運転が出来ないということは「休む」ということです。思ったより影響が大きそうです。「休め」ということかなと思っていますが、そうもいかないんですよね・・・

[PR]
by yksayyys | 2017-07-25 19:20 | 育児・家庭 | Comments(2)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・