ブログトップ

アマノジャクはこう考える

 先日、人間ドックの結果を職場の健康診断表に書き写していてあることに気づきました。何と、ここ3年間ほど「身長が伸びている」んです。私はいつも同じ病院で人間ドックを受けていますので、測定する道具は一緒のはずなのですが、3年前に167,9センチだったのが2年前が168,7センチ、昨年は169,4センチになっているのです。何と1,5センチ伸びていたのです。年齢でいくと50歳から52歳の間で「成長」しているということです。このままいくと念願の170センチも超えることができるかもしれません。
 とまあ・・・何かの間違いであることはわかっていますが、何となく嬉しくなるできごとではありました。同僚曰く「何か変な薬でも飲んでいるんじゃないですか!?」ふむふむ、確かにいろいろ薬は飲んでいますが(笑)・・・・

[PR]
# by yksayyys | 2017-04-09 21:24 | 育児・家庭 | Comments(1)

 豊洲の小池劇場、森友学園の籠池劇場が終わりに近づいたかと思ったら、より深刻な暗鬱たる状況になってきました。共謀罪法案に加え、教育勅語もOKという安倍政権の地金が露出し、その火薬庫に火をつけるかのようにトランプ政権のシリア攻撃、北朝鮮包囲が始まりました。戦争というものは始まってしまえばなかなか止められないものであり、自分に火の粉がふりかからない限り国民は熱狂するものです。「護憲」や「リベラル」という言葉がすっかり古めかしいものと扱われる今日ですが、「穏やかな日常」を望むのは多くの人々の正直な気持ちではないでしょうか。今の時代の流れは明らかに逆行しています。この歯車を止める術はないのでしょうか!
[PR]
# by yksayyys | 2017-04-09 20:18 | 社会 | Comments(0)

土曜授業

 1年生担当として月曜日から新学期準備、入学式、新学期と粉骨砕身頑張ってきました。昨日も雨の中を新入生の自転車通学指導のため始業50分前から自転車小屋の前に立っていました。ということで心身ともにクタクタです。「ゆっくり休みたい」ところなのですが、今年も4月から土曜授業です。3時間、3学年ともに標準学力テストがあります。今年度は8月以外11回土曜授業があります。きっと「疲れのとれない」1年になるのではないでしょうか。昨日、同僚は言いました。「一番の被害者は子どもたち」そうかもしれません!!
[PR]
# by yksayyys | 2017-04-08 06:35 | 学校 | Comments(0)

入学式なのに・・・・

 咲かぬなら 咲くまで待とう 遅桜
[PR]
# by yksayyys | 2017-04-06 23:07 | 学校 | Comments(1)

役職

 先日、社会科の役職を辞めることができなかった私ですが、翌日からその団体の役職を依嘱する仕事に追われました。新たに設けた研究部副部長2人、地区理事2人。難航が予想されましたが、みなさん快く引き受けてくれました。異口同音に「先生の頼みは断れない」とのこと。有り難いことです。地区理事の1人は候補のひとりが長期研修中ということで連絡が取れず、あわてて職員録を引っ張り出し、同期の社会科教師Kさんの名前を見つけ出し電話をしました。4回前の九州大会で地理の授業を提供してくれた方です。最初は、部活や親の介護を理由に渋っていましたが最後は「わかった」と引き受けてくれました。あたりまえのことでしょうが、何かを頼む時は「つきあいの深さ」が大きく関係してきます。九州大会の研究発表を引き受けてくれたM先生には初めて電話で話をしました。どんな人か、どんな実践のある人かもわからないのですが、声だけでは「誠実」な感じがしました。その方には(会員ではないので)研究紀要と郷土資料集を送っておきました。
 今日は、昨日の地区協(組合)の役員会を受けて、その役員体制固めの依頼もしました。うちのブロックは全員で8名しかおらず、その中で役員をお願いするという状況でしたが、有り難いことにみなさん快く引き受けてくれました。
 役職の「断捨離」をするはずが、結局組合の役員がまたひとつ加わってしまいました。そういえば、今年は歴教協の事務局長も加わる予定です。「断捨離」どころか増加する一方です。こういう運命なのでしょうか。
 明日いや今日は入学式!1年生の世話役として入学式に臨みます。担任の頃とは違った緊張感があります。天候は雨!いろいろ課題の多い新入生ですが「雨降って地固まる」となりますように!

[PR]
# by yksayyys | 2017-04-06 04:05 | 社会 | Comments(1)

もう疲れ!?

 昨日、今日と新学期準備で相当働きました。1年生の世話役としてしないといけない事が山のようにあり、その進み具合にやきもきしながら過ごしています。その間に中社研の体制固めの電話をかけ続け、夕方は今年から引き受けることにした組合役員の会がありました。この会も「役員固め」の会でした。帰宅後は、夕飯の準備をして子どもたちと夕食。今は中社研の仕事をしながらパソコンをながめています。
 こういう日常が「幸せだった」と思う日がくるのかもしれませんが、今は「これでいいんだろうか」と思う時が多いような気がします。しかし、若い時と違うのは「これをしないと迷惑をかける」と気を遣ってしまうことです。「俺は俺」と腹をくくっていた頃とは違います。それは間違いなく「成長」なのですが少々寂しい気もします。明日は入学式の準備。老婆心でうろたえる自分が目に浮かびます。

[PR]
# by yksayyys | 2017-04-04 20:26 | 学校 | Comments(0)

息子が自転車に・・・・

 我が家の玄関にはなかなかお洒落な自転車が飾られています。本当は、使って欲しいのですが中2の息子が乗れないのでそのまま玄関に置き去りにされているのです。何度か練習させたのですが、練習がうまくいかないのと息子が周囲の視線を気にして練習したがらないのでそのままになっていました。 
 ところが、今日息子がその自転車に乗れるようになっていました。買い物から帰った私の目の前で息子が自転車を乗りこなしていました。なぜ、息子は乗れるようになったのか。それは、近所の小学生2人が上手に教えてくれたからです。その小学生は言ったそうです。「言う通りにすれば2日で乗れるようになる。」それが2日はおろか2時間で乗れるようになってしまったのです。どういう「指導」「コツ」なのかはわかりませんが、息子も大喜びでした。これまで、来客のたびに玄関の自転車を「インテリアです。」と答えていたのですが、明日からは「息子のものです。」と堂々と言えます。良かった、良かった!

[PR]
# by yksayyys | 2017-04-02 19:45 | 育児・家庭 | Comments(0)

辞意 認められず

 断捨離のひとつとして「役員肩書きの整理」を実施しようと先日社会科団体の役員の辞意を表明したのですが、受け入れられませんでした。決して「楽になろう」という目的ではないのですが、理解してはもらえませんでした。正直言って残念でした。いくつか理由は述べましたし、自分としては精一杯の言葉だったのですが・・・・ 
 翌日から、事務局長からの連絡はいつもより頻繁になっています。おそらく、何かを感じての動きなのだと思うのですが・・・・・
期待されての事なのでしょうが、「辞意」という自由意思がかなわないのはそれなりに辛いことでもあるのです。やむなくその役員の仕事は続けています。

[PR]
# by yksayyys | 2017-04-02 19:35 | 社会 | Comments(1)

聖徳太子!?

 教科書に「聖徳太子」の記述が残るということです。ここ数年、私は「歴史は権力を握った者が自らに都合のよい歴史を作り上げる」実例として「聖徳太子伝説」の虚構をあちこちで話してきました。それが、中学教科書における「厩戸王」記述となったことで、歴史学にもとづく歴史教科書に近づいたと思っていました。鎖国にしても元寇にしてもそういう方向で記述が変わってきたことを評価したいと思ってきました。しかし、結局は従来通りの記述におさまることになったと報じられています。理由は「教えづらい」とのこと。情けない話だと思います。何らかの力が働いたのでしょうか。「新しい歴史教科書をつくる会」は大歓迎のようです。「科学」か「物語」か!歴史をどう考えるか、歴史と教育をどう考えるか、考えることの多い報道です。私は・・・・残念です!
[PR]
# by yksayyys | 2017-04-01 20:27 | 社会 | Comments(0)

 今日も家族で映画を観に行ってきました。「よく映画を観に行くなあ」とお思いでしょうが、家族の絆・一体感を維持するのに今は映画観賞が一番いいのではないかという気がします。ただ、今回は息子の提案で「親チーム」と「子どもチーム」で観る映画を分けました。私としては大賛成です。つまらないとは言いませんがそろそろディズニー映画にも飽きてきていましたので「観たい映画を観たい」という私の気持ちと合致していました。結果、子どもたちは「モアナと伝説の海」を、私たち夫婦は「ララ・ランド」を、観ました。子どもたちは私たちより1時間ほど早く始まりましたので、私たち夫婦は子どもたちを送り出してから2人でゆっくりランチを食べました。久々にゆったりとした昼食でした。映画そのものは良かったです。アカデミー賞に多数ノミネートされていただけに佳作だと思いました。開始直後は、「音楽、踊り」重視のミュージカル映画と思いましたが、展開が進むごとにストーリー重視の映画になっていきました。日本人の大多数はおそらく「え、そういう結末!?」と思ったと思いますが、妙にハッピーエンドになるより良かったのかもしれません。その後、親子でマルヤガーデンズのジュンク堂書店に集合しました。が、アクシデントが起きました。「誰も車のカギを持っていない」あわてて駐車場に引き返し確認したところ、車の中にカギを忘れてきていました。幸い、車上荒らしにあった形跡はなく、ホッとしました。
[PR]
# by yksayyys | 2017-04-01 20:01 | 映画 | Comments(0)