小中交流学習

 今日は小中交流学習がありました。4月からの小中一貫教育のとりくみの総まとめの行事です。1時間目から3時間目まで中学校を会場に中学校区内の2つの小学校の児童5年生、6年生と中学1年生がこれまでのとりくみを交流しあいます。小中一貫教育には消極的な私ですが、担当が中1とあっては関わりあわないわけにはいきません。ただ、「どうせやるなら好きな事、面白い事を」という事でこれまで「地域の歴史」と地域に根ざしたスポーツ、「ホッケー」の2つをテーマに調査・体験活動を重ねてきました。
 最初は、小5、小6の研究発表が8つのブースに分かれて行われました。昨年、質疑が何もなかったと聞いていたので「発表に反応がないのはかわいそうな事」だからと事前にいくつかの質問を準備させました。そのせいか質疑がだいぶ盛り上がった気がしました。 中学生の発表のスタートは「地域の歴史」でした。最初、ひとりの生徒が代表で「地域の史跡・文化財」を発表しました。文化祭では単に「調べた内容」の発表でしたが、今回は「これまでの調査・体験の経過」をふまえた内容としました。その後は、劇でした。昼休みに練習を重ねてきましたが、期待に応えた演技だったと思います。後半の「ホッケー」は競技に関する研究発表の後、中学生の指導による「ホッケー教室」を開きました。リフティングとシュートのみでしたが、体を動かせたので小学生も満足したのではないかと思います。
 反応は良かったです。校長の話では、某小学校の校長が「あの子たちがあんなに変身するなんて!中学校ではどういうマジックを使ったのですか。」と言っていたということです。「小学校の先生達に成長した姿を見せる」という当初の目的は達成できたのではないかと思います。また、ホッケーの指導をした中学生は「小学生が言うことをきいてくれなくて困った」と言っていましたが、これはこれで良い勉強になったのではないかと思います。
[PR]
# by yksayyys | 2017-12-08 20:32 | 学校 | Comments(0)

PTA危機一髪!

 授業参観後はPTAでした。参観授業の余韻にひたる隙間もなく、すぐにPTAの準備にとりかかりました。数日前からある情報が入っていました。「ある保護者が、PTAの場である生徒と保護者への不満を公開でぶちまけるらしい」継続的に取り組んでいる生徒指導上の課題に対しての不満の表れでした。案の定、該当のクラスの授業参観者の数がとびぬけて多く「これは組織的に動いているのか」という心配さえしました。そういうなかPTAは始まりました。私は様子をさぐるべく、挨拶のなかでかなり多くのジョークを飛ばしました。計画的「犯行」でした。すると、母ちゃんたちはゲラゲラ笑いころげていました。「あれ」と思って次の教員に話をバトンタッチをしました。すると、該当クラスの担任から耳打ちがありました。「先ほど予告がありました。ある保護者と生徒への不満をすべてぶちまけると!」私はその担任からその保護者が誰かを聞き出し、その保護者に声をかけ外に連れ出して話をしました。咄嗟の判断でした。そこで懸命に話し合いました。私のキーワードは「受けとめる」「共感する」「見通しを持つ」の3つでした。そして、「私に預けて下さい」と言いました。その保護者は「わかりました。」と答えました。5分くらいの話し合いでしたが、どちらも真剣でした。おそらくその保護者は学校側の誠意に賭けたのだと思いました。あとは、こちらの側の問題です。PTA後に校長をはじめ多くの職員に「助かりました」と頭を下げられましたが、大切なのは今後の学校側の真摯な対応です。幸い、学年の6人の職員同士で意思疎通を図ることができました。咄嗟の判断で危機は回避できました。あのままだったらあの場もこれからも大混乱だったと思います。「年の功」というのはあるような気がします!!!!!
[PR]
# by yksayyys | 2017-12-05 20:16 | 学校 | Comments(2)

授業参観

 今日は授業参観とPTAがありました。授業参観は2年生の授業でした。「授業が命」と考えている私は結構準備をしました。東北地方の3時間目で、東北の祭りや民話にどんな意味がこめられているのかを映像や画像を使って「なまはげ」を突破口に問題解決的に展開していくという授業でした。数年前の東北旅行の学習が随所にちりばめられたなかなか「いい授業」だったと思います。(自分で言いますが)我ながら「授業づくり」のセンスはなかなかのものだと思います。生徒のノリは良かったです。ただ、肝腎の保護者はだれひとり教室に入ってきませんでした。廊下におしゃべりに夢中な3人がいるだけでした。「さぞやむなしい思いを!」と思うかもしれませんが、全くそういうことはありませんでした。なぜなら、授業対象クラスの担任の先生が1時間ずっと私の授業を聞いてくれていたからです。この担任、先日紹介した「カタツムリの研究者」です。授業後、「ずいぶん長くいたねえ」と問いかけてみると「いやあ、ちょっと見るつもりが面白くて結局最後までいてしまいましたよ!」と言ってくれました。作ってませんよ!本当にそう言っていました。「プロにウケる授業」私は自分の授業をいつもそう持ち上げています。もちろん、生徒が評価してくれるのが一番いいのでしょうが、「わかってくれる人」「わかってもらいたい人」にわかってもらうのは何より嬉しいことです。そういう意味で今日の授業は成功でした。「民俗学」の授業でした。きっと柳田國男も喜んでいると思います。
[PR]
# by yksayyys | 2017-12-05 19:56 | 学校 | Comments(2)

焼酎

 仕事が終わって車に乗り込む時に思わず口ずさみました。「今日の仕事は辛かった。あとは焼酎を飲むばかり。」そう、岡林信康の山谷ブルースです。それだけ疲れた日でもありました。ということで今、焼酎を飲んでいます。そういえば、先日はしだのりひこも亡くなりましたね。「悲しくて悲しくてとてもやりきれない」このフレーズも時々口ずさむことがあります。「おらは死んじまっただあ」はなかなか軽々には言の葉にはならないようです。そう思った時には「そこにはただ風が吹いているだけ」と歌っているような!わかる人にはわかるかな!!!!!
[PR]
# by yksayyys | 2017-12-05 19:41 | 育児・家庭 | Comments(3)

人事説明会

 今日は、人事説明会でした。離島への人事を強調していました。これまで離島に「2回は行ってくれ」と言っていたのですが今年は「2回以上」という文言がありました。ついに「3回目も」となったようです。しかも、これまでなかった「積極的に進める」という文言も加わりました。行政はかなり強気です。また、「教科外担当を減らす」という方針を示す一方、人事書類に「必ず担当可能教科」(専門以外に出来る他教科)を書けとありました。「働き方改革」は人事異動には及ばないと考えているように思えました。以上の矛盾点を5回ほど挙手をして校長に質問・意見を言いました。すべて「預かりました。返答は後日。」ということでした。あとはもうひとりの組合員の先生が3回ほど質問をされましたが、残念ながら組合員以外の質問・意見はありませんでした。説明会終了後にあちこちで愚痴を言うのが聞こえました。「じゃあ言えよ」・・・職員会議後のいつもの感想です!
[PR]
# by yksayyys | 2017-12-05 00:16 | 学校 | Comments(2)

激忙

 今週は信じられないくらいの忙しさです。学校では毎日行事がぎゅうぎゅう詰めで昼休みは劇の指導、夜は組合、中社研の会で余裕はありません。しかも今週は第二土曜日に授業が入っています。これまで「忙しい」と言っていた自分を恥じたくなるほどです。冷静に考えれば絶望的なスケジュールです。が、こんな時に肝に銘じる言葉があります。「どんなに夜の闇が深くても朝は必ず来る」というものです。必ず物事には終わりがきます。その時を心待ちにして頑張ります。今週が終われば、1週間かけて研究授業の準備にかかろうと思いますが、これは「楽しむ」余裕が必要です。
 冬休みは飲んだくれてしまいそうです。

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-05 00:06 | 学校 | Comments(0)

2日早く・・・

 今日は私の誕生祝いがあります。本当は5日なのですが、最近こうやって直近の土日に寄せてお祝いをすることが多くなりました。妻と娘はケーキや食材を買いに行っています。「ザ・反抗期」の息子はどこ吹く風でどこかの友達の家にゲームをしに行っています。
 53歳になります。家のローンがこの年齢で終わると知っていたのでこの数字は頭にありました。
残りの人生、少しでもかっこよく生きられたらいいのですが・・・・

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-03 16:15 | 育児・家庭 | Comments(3)

 何となく録画していたものを何となく見てみました。石井竜也って面白いですよね。パフォーマンスもMCも面白い。実は絵描きでもあるようです。というかもともとは東京芸大で美術を専攻したかったようです。米米クラブはバブル時代にふさわしいはじけたバンドでした。実は、私この頃の歌をよく知らないんです。TMネットワークとかBOWYとかプリプリとかバンドが大活躍した頃、ほとんどテレビを見てなかったんだと思います。ちょうど教員1校目と2校目の時期ですが、きっと生活に余裕がなかったんでしょう。それか、もっと充実した楽しいことがあったのかもしれません。とにかくダブルミリオン(200万枚以上)が目白押しだったこの頃の音楽シーンは記憶が薄いんです。しかし、石井は2000年代に入ってから対談やドキュメント番組などで「いいな」と思うようになりました。 
 柳沢さんはNHKの番組で知りました。コソボで憎しみあっていた者たちで管弦楽団を作った指揮者です。スケールの大きい人だと思いました。今回も新宿のど真ん中で第九を演奏したようで結構度肝をぬく演出でした。
 二人の対談を聞いて思うのは、やはり「踏み込んでいる人たちは輝いているな」ということでした。出来ない言い訳や忖度ばかりしている人が多い中で「いいこと、面白いことはやっちゃおうぜ」という人たちはやっぱり「いいな」と思います。
 ほんのちょっとでも似たようなことができればいいのですが・・・・・

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-03 16:09 | 社会 | Comments(0)

沖縄からの平和の贈り物

f0066076_15421877.jpg
 今年も沖縄からリースが送られてきました。送り主は和田静子さんです。材料は沖縄のものと甑島のものが混ざっているそうです。今年で3年連続です。どうです、きれいでしょう。今日から我が家の玄関に飾られています。もう何度か触れていると思いますが、和田さんとの出会いは甑島でした。東京の知識人だった和田さん。著書もあります。東京生まれの東京育ちでしたが、終の住処を求めて甑島に移住しました。そこで福祉施設のボランティアや子どもたちへの読み聞かせなどをして島のために頑張っておられました。その頃、島の学校に赴任した私は知り合いとなり、和田さんの平和への思いや社会的不公平への憤りなどを聞かされていました。学校にも来ていただいて学童疎開の聴き取りの成果を話していただいたこともあります。しかし、甑島も終の住処とはならず沖縄の北部に再度移住しました。やはり、ボランティアや読み聞かせを続けているようです。基地反対の座り込みにも時々出かけているということです。朝日新聞の朝日歌壇では投稿の常連でもあり、よくコラムで引用されたりもします。
 毎年、私が夏に鹿児島のブドウを送るのですが、その返礼がこのリースです。もちろん手作りです。和田さんの熱い思いが伝わってきます。

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-03 15:53 | 社会 | Comments(0)

紅葉


f0066076_21495099.jpg
 全国的に紅葉が見頃の季節となりました。東北や京都などきっと見事な光景なのでしょう。でも、結構身近なところにも紅葉はあるんですよね。これは、勤務校の庭の光景です。先週の朝、学校の駐車場に車を停めた後、その美しさに見とれて思わず携帯の写メで撮ったものです。
 遠くまで行かなくても結構綺麗な紅葉が見られるものだと思いました。

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-02 21:53 | 学校 | Comments(0)