西村京太郎「15歳の戦争 陸軍幼年学校最後の生徒」(集英社新書)を読む

 論文書きにいちおうの目途がついたので、先日購入したこの本を読んでいます。トラベルミステリーで有名な著者がはじめて自身の戦争体験・戦後体験について書いています。小説家だけに文章が上手いし、視点が面白いですね。陸軍幼年学校での生活など微に入り細に入り、生徒でしかわからない話がいっぱい詰まっていました。このように、これまで語ってこなかった人たちが今戦争を語り出したのは、やはり今が戦争の危機にあるからだと思います。内に安倍政権、外に北朝鮮、トランプ大統領と戦争の危機につながる要素がこれほどある時代は戦後なかったはずです。それゆえの「叫び」なのではないでしょうか。それを、声高でなく「事実を淡々と、ユーモアたっぷりに描く」ところにこの本の面白さ・意義がある。ちょっと、ゆっくりとしたい、でもまじめに今を考えたい、そんな時にオススメの本です。
[PR]
# by yksayyys | 2017-08-15 13:19 | 読書 | Comments(0)

新聞記事のおかげ!?

 昨日、「新聞記事の扱いが小さい」と愚痴った私ですが、昨夜そのおかげで良いことがありました。かつての知り合いから連絡があったのです。まず最初に、25年前の教え子からショートメールが来ました。今、小学校の教員をしています。来週2人目の子どもが生まれるということでした。記事を読んだ感想は「難しいですね」でした。このセリフ「そうは思いませんよ」という時に使う言葉です。でも、すぐに連絡してくれて嬉しかったです。次に電話がありました。28年前の同僚です。その年に退職をされています。今年、87歳になるということでした。同じ組合仲間でした。「貝殻博士」として有名で、夏休みはあちこちの「貝の名付け会」に呼ばれて忙しい方です。今は、体力がないということで地元の「名付け会」しか行かないということでした。電話では「平和教育で頑張ってくれている事が嬉しい。」と言ってくれました。この方も今希望してあちこちで「戦争体験」の話をしているとのことでした。「戦争がまた始まりそうで心配でたまらない。」と言っていました。さすがに声は60代の頃の溌剌さはありませんでしたが、その気概は十分に伝わりました。
 さすが、新聞の威力はすごいですね!

[PR]
# by yksayyys | 2017-08-15 09:28 | 社会 | Comments(0)

これだけか!

 今日、資料を取りに学校に顔をだしました。私、手術までの3日間は自宅研修です。内容は「論文作成」です。まじめにちゃんとやっていますよ。職員室に入ったら教頭が私の顔を見るなり「ラミネートして机の上に置いておきました。」と言いました。私は「はい!?」と素っ頓狂な声で反応しました。教頭は「あれ、今日の朝刊のことです。」と言いました。どうやら今朝の朝刊に記事が掲載されていたようです。私はお礼を言ってその記事を見てみました。感想は「え、これだけ?」だって、喫茶店で2時間近く取材を受け電話にも2度出たんですから!あと、「もっと別の話を出して欲しかったなあ」というのが本音でした。まあ、記事にしてもらえただけでよしとしないといけないのでしょうけど!どうせ掲載するなら・・・そう思ってしまいました。そして、記事の横を見たら私が紹介した鹿児島大学のSさんのワークショップが特集で掲載されていました。「紹介した方はこれだけなのに・・・・」またひがんでしまいました。
 ということで気を取り直して今論文の続きを書いています。ようやく註や英訳のところまできました。これからの「校正」が楽しい作業です。いいものになりますように・・・・・・

[PR]
# by yksayyys | 2017-08-14 16:15 | 社会 | Comments(0)

3日後手術です!

 いよいよ3日後、17日に白内障の手術をします。それがある関係でだいぶ夏休みのスケジュールは制約を受けることになりました。車の運転などが出来なくなるのでだいぶ不自由になります。ただ、家にいるので家でいろいろやりたいと思っています。ひとつは論文をひとつ書いています。7月の終わりに「書かないか」と誘われました。締め切りが8月いっぱいと聞き、「え、ひと月。そりゃ無理だ。手術もあるし。」と思いましたが、もうひとりの自分が「やっちゃえ。せっかく声をかけてもらったんだし。手術前にひととおり仕上げれば後は楽だ。」と判断してしまい、結局引き受けました。共著になるので相手のことも考えながら書かなくてはならないし、夏休み中なので「授業ができない」「アンケートが取れない」など実践から離れデータに乏しいものとなるので不安の方が大きいです。結局書き始めたのはフィールドワークが一通り終わった10日からでした。今日で5日目ですが、分量としては8割くらい仕上がっています。ただ、大変なのはこれからの校正と体裁を整えたり註を書く作業です。何とか16日までに初稿を仕上げて、手術後に体と相談しながら「見直し」をしていこうと思います。無理だと思っていましたが、何とか書けそうです。「案ずるより産むが安し」なんでしょうね!
 

[PR]
# by yksayyys | 2017-08-14 09:16 | 育児・家庭 | Comments(0)

息子よ 南十字星を見てるか!!

 10日の午前中に息子がホームステイでオーストラリアに出発しました。あちらは季節は反対で、時差はほとんどないとのことでした。私からみると英語力ゼロで、「よくぞ応募したものだ!」と驚いたくらいでした。が、ホームステイは語学だけが目的じゃありませんのでそれ以外で多くの事を学んできてほしいと思います。合計2週間。息子のいない我が家はとても静かで、整然としています。全然散らかりません!
[PR]
# by yksayyys | 2017-08-13 21:29 | 育児・家庭 | Comments(0)

研究仲間とドンチャン騒ぎ

 12日の午後2時から鹿児島市のある会場で久しぶりに研究仲間5人による学習会がありました。私も先日提出した科研費報告書の原稿を持参しました。5人中4人がレポートを持ち込み充実したものとなりました。5時からはいつもの宴会でした。11時半まで6時間半に及ぶ「飲み会」でした。1次会は居酒屋、2次会はカラオケ、3次会はカフェ・バーと愉快に飲み歩きました。先輩方からは「しっかりやれ」といろいろ励ましの言葉をいただきました。おかげでたくさん元気をもらいました。仲間ってやっぱりいいですね!!

[PR]
# by yksayyys | 2017-08-13 21:23 | 社会 | Comments(0)

電話

 先日、「戦争と平和についての教育」についてM新聞の取材を受けた時に「10日の記事」と聞いていましたが、昨日・今日とインタビュー記事は掲載されていませんでした。ただ、今日の朝刊に連載スタートのような記事が載っていたので「これからかな」と思っていたところ、夕方その記者から電話がありました。先日のインタビューの確認のような電話でした。受話器を置いてすぐにまた同様の電話がきました。きっと記事を書いている最中なのでしょう。まあ、15日までのどこかで掲載されるのだと思います。気長に待ちましょう。
 こういう私は今論文書きに必死です。久しぶりなので結構苦戦しています。スピードもレベルも・・・・

[PR]
# by yksayyys | 2017-08-11 22:06 | 社会 | Comments(0)

別府城周辺

f0066076_15544698.jpg
加世田の別府城周辺の散策は初めてでした。薩摩、大隅、日向を統一したあとも島津忠良はここ加世田別府城から動きませんでした。周囲は、武家屋敷が建ち並び、いわゆる「麓」を形成し地名にもなっていました。国指定の鰺坂邸もありました。江戸時代、この周辺は石高でいう1万2千石ほどの場所だったそうです。一大名の石高ですよね。たしかに「無言の圧力」を感じる風格ある屋敷が並んでいたと思います。

[PR]
# by yksayyys | 2017-08-11 16:00 | 社会 | Comments(0)

廃仏毀釈

f0066076_15480824.jpg
今年の訪問地のあちこちで「いつもの光景」をたくさん見ました。そう、廃仏毀釈の跡です。あまりにたくさんあるのでどれがどこの仏像だったのかわからなくなるほどでした。これが全部残っていたら、鹿児島はどれほど多くの文化財に恵まれていたことでしょうか。仏像は壊されてもこのように残されることがありますが、寺院の建造物は跡形もないか神社に姿を変えてしまっています。
 しかし、この頃は「負の遺産」としてこういう仏像を眺めるのも良い勉強ではないかと思うようになりました。「なぜ壊したか」「どのように守ったのか」を考えることもできるからです。

[PR]
# by yksayyys | 2017-08-11 15:53 | 社会 | Comments(0)

Hフィールドワーク

  f0066076_15294690.jpg
  夏、恒例のHフィールドワークに参加してきました。最終日は、息子がホームステイに出発する日なので2日間だけの参加としました。内容としても2日目の午後以降は「知っている場所」ばかりでしたので、「新鮮味」という意味ではちょうど良いスケジュールでした。今年の地域は南さつま地域です。初日は金峰でした。阿多貝塚や高橋貝塚、歴史史料館金峰を訪ねた後、ここ中津野遺跡を見学しました。幸い、昼食時間だったために埋蔵文化財センターの担当職員のOさんが実物等を見せてくれました。鹿児島特有の貝で模様をつけた縄文土器などを手にとって見ることができました。よくN会長が発掘現場を見学に行った時の話をしてくれますが、なるほどこういう経験ができるのかと嬉しくなりました。
 今年の参加者は10名くらい。いつものメンバーに初参加が3名加わっていました。。

[PR]
# by yksayyys | 2017-08-11 15:46 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧