何となく録画していたものを何となく見てみました。石井竜也って面白いですよね。パフォーマンスもMCも面白い。実は絵描きでもあるようです。というかもともとは東京芸大で美術を専攻したかったようです。米米クラブはバブル時代にふさわしいはじけたバンドでした。実は、私この頃の歌をよく知らないんです。TMネットワークとかBOWYとかプリプリとかバンドが大活躍した頃、ほとんどテレビを見てなかったんだと思います。ちょうど教員1校目と2校目の時期ですが、きっと生活に余裕がなかったんでしょう。それか、もっと充実した楽しいことがあったのかもしれません。とにかくダブルミリオン(200万枚以上)が目白押しだったこの頃の音楽シーンは記憶が薄いんです。しかし、石井は2000年代に入ってから対談やドキュメント番組などで「いいな」と思うようになりました。 
 柳沢さんはNHKの番組で知りました。コソボで憎しみあっていた者たちで管弦楽団を作った指揮者です。スケールの大きい人だと思いました。今回も新宿のど真ん中で第九を演奏したようで結構度肝をぬく演出でした。
 二人の対談を聞いて思うのは、やはり「踏み込んでいる人たちは輝いているな」ということでした。出来ない言い訳や忖度ばかりしている人が多い中で「いいこと、面白いことはやっちゃおうぜ」という人たちはやっぱり「いいな」と思います。
 ほんのちょっとでも似たようなことができればいいのですが・・・・・

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-03 16:09 | 社会 | Comments(0)

沖縄からの平和の贈り物

f0066076_15421877.jpg
 今年も沖縄からリースが送られてきました。送り主は和田静子さんです。材料は沖縄のものと甑島のものが混ざっているそうです。今年で3年連続です。どうです、きれいでしょう。今日から我が家の玄関に飾られています。もう何度か触れていると思いますが、和田さんとの出会いは甑島でした。東京の知識人だった和田さん。著書もあります。東京生まれの東京育ちでしたが、終の住処を求めて甑島に移住しました。そこで福祉施設のボランティアや子どもたちへの読み聞かせなどをして島のために頑張っておられました。その頃、島の学校に赴任した私は知り合いとなり、和田さんの平和への思いや社会的不公平への憤りなどを聞かされていました。学校にも来ていただいて学童疎開の聴き取りの成果を話していただいたこともあります。しかし、甑島も終の住処とはならず沖縄の北部に再度移住しました。やはり、ボランティアや読み聞かせを続けているようです。基地反対の座り込みにも時々出かけているということです。朝日新聞の朝日歌壇では投稿の常連でもあり、よくコラムで引用されたりもします。
 毎年、私が夏に鹿児島のブドウを送るのですが、その返礼がこのリースです。もちろん手作りです。和田さんの熱い思いが伝わってきます。

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-03 15:53 | 社会 | Comments(0)

紅葉


f0066076_21495099.jpg
 全国的に紅葉が見頃の季節となりました。東北や京都などきっと見事な光景なのでしょう。でも、結構身近なところにも紅葉はあるんですよね。これは、勤務校の庭の光景です。先週の朝、学校の駐車場に車を停めた後、その美しさに見とれて思わず携帯の写メで撮ったものです。
 遠くまで行かなくても結構綺麗な紅葉が見られるものだと思いました。

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-02 21:53 | 学校 | Comments(0)

過去問

 先週、学習指導係からある提案がありました。「1月に行われる学習定着度調査に向けて学力向上タイムとして時間を確保してすべての教科で一斉に過去問を解かせましょう。」というものでした。管理職の意向を受けたものであると感じました。私は、職員室でみんなに聞こえるように担当教師に言いました。「こんなみっともない事はやめましょう。文部科学省でさえ、行き過ぎた過去問のドリルはやめろと言っているのに。」おそらく、それを受けてだと思いますが、急きょ職員会議の議題から「学力向上タイム」が消えました。そして、金曜日に「係会」が行われ私も参加しました。「1年間のまとめをする事は大切だし、今まで自分もやってきたが、特定のテストの過去問を組織的に集中的にやらせるのはやりすぎである。」と言いました。反論もありました。「徹底してやって点数を上げて行政の干渉をなくす方がいい」と!一理あると思いました。とにかく管理職はこのテストの点数で行政からすべての評価をされているようです。学校によってはそのストレスが職員に向けられているようですが、うちの学校ではそこまではないようです。が、おそらく係会の議論を苦々しく思っているだろうと思います。
 昨年、歓迎会の後、校長に言われた言葉を思い出しました。「できれば黙っていてほしい!」・・・・そうはいきませんなあ!!!!!
そのかわり、学力はつけますからご心配なく!!!!!!!!!

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-02 20:55 | 学校 | Comments(0)

カリキュラムデザイン

 研究授業の構想を練りながらふと考えました。「自分がやっていることが実はカリキュラムデザインなのかな」と!4月から「地域史」を学校カリキュラムの中に入れ込むようにしてきました。遠足の際の「史跡・文化財の事前学習」、夏休みの職員の「フィールドワーク」、文化祭の「研究発表」と「劇」、総合学習における「郷土史講座」と「フィールドワーク」、そして小中交流学習における「発表」と「劇」。仕上げは「研究授業」!うまくまとめれば論文にもできるかなと思ったりもします。自画自賛ですが、結構いいことやってるなと思っています。 
 誰も言わないので・・・・・

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-02 20:10 | 社会 | Comments(0)

 今日、録りためた録画番組の中から歴史秘話ヒストリア「応仁の乱」を見ていたところ、思わず「あ!」と大声を出してしまいました。応仁の乱と京都との関連を説明していたのが大学の同窓生だったからです。京都出身の彼は京都の大学を出て京都の資料館で働いています。大学時代は町触れ研究会というサークルで近世文書に打ち込んでいたのを覚えています。いわゆる優等生でした。私と同じ苗字でしたが、彼は「真面目な方の・・・」と言われていました。その通りでした。
 私が大学を卒業するころはバブル開始時期でしたが、日本史専攻の仲間が「就職バブル」に走る事はなかったような気がします。自分の専門に即して研究者、教員、マスコミに進んだものがほとんどのような気がします。そんな同窓生の活躍を見るのはとても嬉しいものです。

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-02 20:02 | 社会 | Comments(0)

選挙管理委員会

 今日、組合の選挙管理委員会に顔を出しました。支部の担当が都合が悪いということで代理で参加しました。会場に着いて思ったことは「あ、知り合いばっかり」ということでした。久しぶりの本部の会ということで「浦島太郎気分」を予想していたのですが・・・・
 中には、幼稚園から中学校まで一緒というK・Aさんもいました。まだ組合で頑張っていたんですね。声をかけたら「何そのメガネ」と言われました。サングラス姿に驚いていました。あとは、奄美支部時代の人たちが4人くらいいました。懐かしかったです。みなさん50代後半でそれぞれの支部の重鎮です。ska370さんもプクプクさんも周知の人たちです。久しぶりではありますが、くだらない冗談に花が咲きました。「あと何年?」という会話が多かったですね。

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-02 19:52 | 社会 | Comments(0)

再始動

 11月2日の文化祭で終わったはずの劇の指導が再度始まりました。小学5年生・6年生を迎えての交流学習が計画されているのですが、「ぜひもう一度あの劇を」との要望があり、先週の水曜日から再度練習を開始しました。ただ、文化祭とは違って練習時間が確保されていないため、12月8日当日までは昼休みを使うしかありません。また、一度文化祭でピークに達した気持ちを再度盛り上げるのはなかなか大変です。ただ、先週の2回の練習では全員が時間通りに集合し、セリフも完璧に覚えていました。頑張らないわけにはいきません。
 この劇は小学生向けに披露するのですが、私は小学校の先生たちに見てもらいたいと思っています。この中学校1年生は小学校時代に「さんざんやらかした」生徒たちです。それだけに「ここまできてます。」という姿を見てもらいたいと思っています。とは言っても、私の「疲労」もあるので「できただけ」で勝負するつもりです。
 来週の15日はその生徒たち相手の研究授業です。小学校の先生たちも5人くらい来るそうです。「こんな忙しい時期に来る小学校の先生なんていないだろう」と思っていましたが・・・・まだ、何も準備していませんが・・・まあ、やってみせます!ヘヘ!!!!

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-02 19:42 | 学校 | Comments(0)

舟木一夫

 先日、廊下である1年生が教頭に何か食い下がるように質問をしていました。何事かと聞いてみると、「『高校3年生』の歌手は誰なのか」を教頭に聞いているけど、教頭がわからない様子でした。今の教頭たちは40代ですので、『高校3年生』は知っていても歌手まではわからないのでしょう。私が自信ありげに「舟木一夫ですよ。」と言うとその生徒は「そうそう」と言って納得しました。そして、そのまま二人で歌い始めました。「赤い夕日が校舎を染めて」一曲歌い終えると周囲の生徒が拍手を送りました。「見事にハモっていましたね。」と言われました。その生徒の音程がずれていたため、結果的にハーモニーになっていたようでした。(決して私の音程がずれていたのではありません。)その後も森昌子の曲などで盛り上がりました。どうやらその生徒の保護者が懐メロ好きなようでした。私、懐メロは得意です。昭和初期くらいまでは十分対応できる自信があります。
[PR]
# by yksayyys | 2017-12-02 19:30 | 学校 | Comments(2)

大河ドラマ

 娘が大河ドラマを見ています。昨年の「真田丸」から今年の「おんな城主直虎」を連続して見ています。その「連続」のせいで昨日こんな言葉を口にしました。「真田丸の時の徳川家康と全然違う」!娘が言うには、「真田丸」の徳川方は「すべてが順調で準備万端・計画的に物事を進めていく」というイメージだったらしいが「直虎」の徳川方は「いろいろな苦労をさせられてなかなか思うようにいかない」というイメージのようです。私は、「大河ドラマを誰の立場で書くかによって変わってくるし、徳川家康も若い時とそうでない時の違いがある。歴史はそういう風に見ないと!」と言っておきました。何にしても、一面的に一方的に物事を見るのは良くないことだということでしょうか!
[PR]
# by yksayyys | 2017-11-27 06:31 | 育児・家庭 | Comments(0)