県大会終わる


f0066076_17544242.jpg
今日は歴教協県大会でした。午前中は全体会で「明治維新150年を問う」というテーマでシンポジウムがありました。最初に私の方から「あらためて西郷隆盛の評価について考える」という報告をしました。次に私立高校のK先生が民衆史の立場から「屋久島憲法」についての報告があり、昼食休憩をはさんで午後から会長のOさんから「近代化をめぐる2つの道」の報告がありました。それぞれの関心領域から明治維新をとらえた報告だったと思いますが、少し理論的すぎたかなという感じがしました。
 その後、実践報告に移りska370さんが「地図の読図指導」の報告をしました。写真はその時の様子です。地図の実物を広げての報告でした。異動したてですが、早速新しい地で実践を始めていてさすがだなと思いました。次に公立のI高校のM先生が「主権者教育」の報告をしました。公立高校にもこういう柔らかな実践をする人がいるんだなと思いました。
 参加者はなんと8人。どんどん少なくなっていきます。新執行部最大の
課題です。O会長、長年お疲れ様でした。

[PR]
# by yksayyys | 2017-06-24 18:06 | 社会 | Comments(3)

今日は歴教協県大会

 大会の全体会で行われるシンポジウムの報告用スライドが7割ほど完成しました。あと1時間くらいで残りを完成させようと思います。シンポジウムなんだから「口頭でまとめる」のが普通なのですが、どうも最近パワーポイントを使わないと報告・発表が出来なくなってきたようです。それはそれでちょっと問題だなあと思っています。なので、私のパソコンはプレゼン用のパワーポイントスライドでいっぱいです。 
 今日の県大会では、役員交代も行われます。ska370さんが会長に、私が事務局長になる予定です。やりたい人などいないでしょうから、すんなり決まるはずです。また、多忙に拍車がかかるでしょうが、これも歴教協の先輩方への恩返しと思って頑張るつもりです。
 さあ、何人集まるでしょうか。目標は20人というところでしょうか!

[PR]
# by yksayyys | 2017-06-24 05:56 | 社会 | Comments(0)

心身の疲れ

 かなり疲れています。体全体も足取りも重く、目はようやく開いてる、そんな感じです。昨日の組合の分闘長会も頭がボーッとして帰りの運転も心許ない状態でした。できたらすぐにでも横になりたい気分です。しかし、明日は歴教協県大会のシンポジウムがありそのシンポジストとしての準備があります。心の中は勤務校の担当学年の「いじめ問題」のことでどんよりしています。今日、その生徒の担任は出張でいませんでした。道徳の時間を私がもらって「いじめを考える授業」をしましたがこれまでのこどもたちとは明らかに異なる反応でした。被害者宅に家庭訪問にも行きましたが、当然その子は元気がありませんでした。今後の行方が心配されます。学年職員が結束しているのが唯一の救いでしょうか。
 うまくいかない時はまあこんなものだと思います。が、こんな状態で月曜日は人間ドック。休めるのはいいのですが、結果は惨憺たるものでしょう。特に最近上がりっぱなしの血圧が心配です。コロッといかないようにしないと・・・・

[PR]
# by yksayyys | 2017-06-23 19:43 | その他 | Comments(0)

68枚の思い

 先日の「平和のつどい」におけるアンケートが68枚すべてPDFで送られてきました。「すべて」というのがいいですよね。妙にまとめて「良かった」と言われるより、出てきたものすべてを読めるというのはとても有り難いものです。私の講話の感想の項目が空らんになってるものも4つありましたのでおそらく「すべて」のアンケートだろうと思います。参加者が印象に残った言葉が2つあったように思います。ひとつは「戦争体験のないものが戦争体験のないものにどのように平和の大切さを伝えれば良いか」ということ。そして、もうひとつは李さんの言葉「国によって平和の語り方は違う。戦争をしない事を前提とする戦後民主主義は宝である。」ということでした。自分の伝えたかった事は十分伝わったと思いました。「こんな先生がまだいたんだ」というコメントもありましたが、結構複雑なコメントだと思いました。
 この68枚の思いのつまったPDFファイルは私の宝になりそうです。

[PR]
# by yksayyys | 2017-06-22 22:25 | 社会 | Comments(0)

初任者研修

 水曜日の放課後、初任者教員に対する講話を行いました。領域は「教育相談」です。資料は県の特別活動研究協議会が作成している「担任ハンドブック」みたいなものでした。それを使いながら言いたい放題でした。ただ、初任者と私だけではなく、一緒に初任者指導教官も同席していますのでそう「何もかも自由にしゃべる」というわけでもありませんでした。最初に、教育学のなかで最近なぜ教育心理学と教育相談という領域が注目されているのかという話から始めました。「個に応じる」という事と「コミュニケーション」の重要性について強調したつもりです。その後、教育相談の3つの類型について解説した後、「不登校」「いじめ」における生徒との対応についてできるだけ具体的な事例を紹介しながら話しました。そして、最後に現在的課題として「貧困の中の生徒」「ネット社会の中の生徒」とどのようにコミュニケーションを作り上げていくかという話でしめくくりました。思いつきの割にはいい話だったと自分で思いましたし、50分も話した割には初任者教員も「とても面白かった」と言ってくれました。指導教官の方は「私は話についていけてないかも」と正直に言っていました。でなければ私を呼ぶ必要はないのでそれでいいと思います。今までの学校では人権教育から語ることが多かったのですが「教育相談」もなかなか悪くないなと思いました。
[PR]
# by yksayyys | 2017-06-22 22:14 | 学校 | Comments(0)

上原善弘「路地の子」(新潮社)の迫力

 昨日届いたこの本を早速読み始めました。冒頭の文章がすごいですね。屠場の描写なのですが、実にリアルで迫力があります。以前、岩波新書「屠場」を読んだ時も衝撃を受けた覚えがありますが、今回はそれ以上と言えます。私の中学生時代、通学途中に屠場(当時は屠殺場と呼んでいた)があり、家畜の「悲鳴」が聞こえていましたが、このような場面があったんですね。この本は、被差別の立場にある者たちを描いたものです。著者はずっと被差別部落を描いてきましたが、今回「被差別を書くのは最後」と言っています。それだけに、これまで以上にリアルで迫力ある描写となっているのでしょう。一緒に購入した3冊の本を読むのも楽しみです。
[PR]
# by yksayyys | 2017-06-21 06:33 | 読書 | Comments(0)

次の土曜日

 中社研関連の仕事で事務局長と電話のやりとりの中でこう言われました。「土曜日、楽しみにしています。」私は、「土曜日、えーと!」という感じでした。今度の土曜日は歴教協県大会です。近年、20人くれば「万々歳」というほど人が集まらなくなっています。今年のテーマは「明治維新150年に考える」です。「耳学問できるぞ」と思っていたら会長から「シンポジストお願い!」と言われました。10人ちょっとしか集まらないシンポジウムでシンポジストというのも変な感じですが、「お願い!」と言われて断るようなことはしません。私の話は「あらためて西鄕隆盛の評価について考える」です。最近の県内の西鄕フィーバーは異常なものがあります。どこまで説得力があるかはわかりませんが、事務局長の期待に添えるものにしたいと考えています。今週は期末テストもあります。問題作りも真っ最中なのですが、こういう忙しさはゾクゾクして気持ちがいいです。そういえば、さっきプクプクさんからも8月の予定で電話がありました。さらにゾクゾクしてきますね!
[PR]
# by yksayyys | 2017-06-20 19:21 | 社会 | Comments(0)

閉校した小学校を訪ねて

f0066076_18451145.jpg
f0066076_18455529.jpg
 月曜日に生徒2人と校区内にある閉校した小学校跡を訪ねました。田舎にはこうした学校跡がよくあるのですが、ここは地域の人たちの思いが強いのか校庭もきれいに整備され校舎内も部分的に活用されているようでした。来年の一日遠足候補地ですので下見も兼ねて丁寧に見学しました。学校見学の後は周囲を散策しました。そこで気づいたのは田植えの作業をしている姿を多く見かけたことです。明らかに70歳以上と見受けられる方達も多くいました。「そうかそういうシーズンか」その時はそう思っただけでした。そして、今日「そうか」と気づきました。今日から梅雨が本格化し、大雨が続くことを予想し昨日一斉に「田植え」を行ったのだろうということです。「晴れていたら手伝おう」と多くの高齢者のみなさんも集まっていたのだろうと思います。「お天道様」と生きる日本人というものを実感した気がしました。今日になってのことですが・・・・・・

[PR]
# by yksayyys | 2017-06-20 18:59 | 社会 | Comments(0)

生徒が来ていた!

 平和のつどいの新聞記事について管理職からは何もありませんでした。教委をはじめ気づいていないか、気づいているけど大したことないという判断か、どちらにしても私にとっては安堵でした。職員たちも誰も知らない風でしたが、同学年の担任から「先生、土曜日何かお話をされましたか?」と言われました。「ばれましたか?」とかわすと「K君が生活の記録に書いてましたよ」とのこと。きっとコープの共同購入の組合員なんでしょう。その担任とは仲が良いのでそっと新聞記事を見せて紹介すると、じっと読み込み、その後職員室が特攻、平和教育の話になっていきました。特に特攻隊の話に若い教員たちも聞き入っているようでした。いいことではないかと思いました。
 生徒の生活の記録はサラッとしたものでしたけどね・・・・・

[PR]
# by yksayyys | 2017-06-20 06:39 | 学校 | Comments(0)

上原善弘という人

 今日、アマゾンで上原善弘の本を4冊注文しました。この人の本は面白いですよね。「差別と教育と私」「発掘狂騒史」など興味深く読ませてもらいました。今度「路地の子」という本が出ます。自伝モノで被差別部落を扱った内容の集大成と言える本のようです。ついでに、と言っては失礼ですが、それ以外に3冊の本も注文しました。魂のこもった4冊の著書。魂をこめて読もうと思います。

[PR]
# by yksayyys | 2017-06-18 23:01 | 読書 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧