権禰宜

 滅多に行かないのですが、今日初詣に行ってきました。それも大きな寺社ではなく地方のこじんまりとした神社に行ってきました。それもひとりで・・・それには理由がありました。この神社でかつての教え子が権禰宜(ごんねぎ)を務めているからです。昨日の同窓会の教え子達もここで「厄払い」をしてもらったようです。その昨日の同窓会で「(権禰宜をしている)〇〇先輩が先生に会いに来てって言ってましたよ!」という教え子が何人もいました。実は1年前はこの権禰宜の子も同窓会の対象だったのですが、自分が「祓う」方だったので同窓会に参加できなかったのです。それで今日あらためて神社に訪ねていったというわけです。お参りを済ませて、よく祭壇周辺を見ると「お祓い」「お祭り」の最中でした。教え子がそれを執り行っている最中でした。私は、しばらく待っていました。すると、教え子のお母さんが通りかかって挨拶をすると驚いて教え子のいる所まで連れていってくれました。赤と白の巫女の格好をしていました。お父さんが宮司となったようで、それからずっとこうやって権禰宜を務めているようでした。ほんの20秒ほどでしたが、久しぶりの再会が果たせて良かったです。
 関連して2つの話題を!境内にこの神社の改修をした時の寄付金を出した人と工事を行った人たちの名前がありました。その中に、私の教え子が設計施工で名前が書いてありました。女の子です。実家が工務店で、中学時代から「家を手伝う」と言っていましたがその通り実家の工務店を支えているようでした。嬉しい限りでした。
 あと、「権禰宜」について調べました。本来、神社には宮司とそれを補佐する禰宜と呼ばれる職はひとりずつ認められているのだそうです。権禰宜というのはさらにそれを補佐する役職で人数の制限はなく、宮司と禰宜を特別職とすると権禰宜は一般職になるのだそうです。そして、この3つの職をまとめて神職というのだそうです。
 鹿児島は今日もポカポカ陽気でこの神社も多くの参拝客で賑わっていました。さあ、明日から出勤です!!

[PR]

by yksayyys | 2018-01-03 15:36 | 社会 | Comments(2)

Commented by watachanpeace at 2018-01-04 08:48
あけよめ(嫁)じゃない、あけおめ&ことよろ(ボク、ヨロヨロ老人)、です。
卒業生が権禰宜(神職)になられたとか、微笑ましいお話でした。一方、アマノジャクさんは「神職じゃない、寝食を忘れて教職に!」ですね。お体に十分気を付けられて、いいしごとをされますよう!
改めて、今年もよろしくお願いいたします。 わた
Commented by yksayyys at 2018-01-04 09:31
あけおめです。そのユーモアのセンス、大事ですよね!こんな時代だからこそ❗