国家人権博物館(1)「国が・・・・」

f0066076_19200457.jpg
 最初の訪問地は国家人権博物館です。もともとは日本が戦前に造った施設のようでした。簡単に言うと、日本の植民地時支配終了後に蒋介石の国民党政権が政治犯を収容するために使用した刑務所跡です。なかなか一発目にしてはディープな研修となりました。
 日本が造った施設は総督府に限らず、台湾の戦後史にあれこれ登場し利用されていたようです。国家が政治犯を捕まえ裁き、収容し、時には拷問し処刑した場所です。そこを今、国家が管理し博物館として後世に伝えようとしているところに大きな意義があるのだと思います。

[PR]
by yksayyys | 2018-03-12 19:43 | 社会 | Comments(0)