Mさん

f0066076_20423792.jpg
 療養所を歩いていたらひとりの老人が私たち一行に声をかけました。私は「勝手に歩くな。何者だ!」と怒っているのかなと思いました。Um先生は「きちんと管理棟に許可を求めて散策しなさいと注意したのかな」と思ったようでしたが、どちらもそうではなかったようでした。Mさんは私たちをいくつかの建物に連れていってくれました。そこにはこのMさんが造った建物の模型がありました。これは楽生院の姿を再現したものです。ずいぶん苦労して造り上げたものだと思いますが、院のあちこちにMさんの作品がありました。きっと、私たちにその作品を見せたかったのだと思います。もちろん、自分の作品を紹介するだけでなく、療養所のあちこちを案内して下さり、多くの入所者を案内しても下さいました。Um先生が探し求めていた90歳の日本語ペラペラのCさんの所にも連れていって下さいました。今回の療養所訪問の恩人となった気がします。
 Mさん、ありがとうございました!

[PR]
by yksayyys | 2018-03-13 20:50 | 社会 | Comments(0)