無言好きな教員

 勤務校で「無言作業」の提案がありました。清掃時間を無言でやるようにしようというものです。荒れた学校が少しでも落ち着いた雰囲気にしようと導入する学校があるようです。職員会議での正式な提案というわけではなく、休み時間の茶飲み話で降って湧いたような提案でした。私は反対しました。係の教員に言いました。「作業や活動にはコミュニケーションが必要。200人の学校が15分間黙って作業をするって気持ち悪い。しゃべるなという指導も鬱陶しい。」たぶん、かなりむくれて言っていたと思います。そのせいか、昨日の職員会議では「導入の意見がありましたが、賛否両論あるため今回は見送ります。」との提案でした。きっと私に「忖度」したのだろうと思います。
 朝は「朝読書」から始まります。生徒は、無言で本を読みます。読書ですのでこれはこれで意義があると思いますが、かねて「うるさい」「黙れ」と指導する事が多いせいか教員たちは「無言」が好きなようです。「静寂」「静謐」そのものは私も好きですけどね。パントマイムみたいな事をしながら作業をするのはどうも・・・・・

[PR]
by yksayyys | 2018-04-11 06:25 | 学校 | Comments(0)