<   2017年 12月 ( 40 )   > この月の画像一覧

平和の旅のガイド

 先日、「平和学習の旅」のガイドをつとめてきました。学校の教職員を対象にした企画で、今回は鹿児島における特攻基地をめぐるというものでした。私は午前中のB地区の担当で、午後からは「特攻のメッカ」ことT地区に向かうということでした。B地区は前任校の場所ということもありふたつ返事で引き受けたまでは良かったのですが、先日書いた通り遺跡・遺構というものがほとんどありません。その点、T地区はふんだんにあり、1日かけてもまわりつくものではありません。「見せるモノがない。さあ、どうしたことか。」そこで、考えました。「モノで語らせることができなければヒトしかいない」!ということで、ちょうど1週間くらい前に、前任校時代「聴き取り」で大変お世話になった地元のTさんにお手伝いをお願いしました。すると、Tさんもふたつ返事で引き受けてくれました。後半のフィールドワークだけお願いしようと思っていましたが、前半の平和祈念館の見学でもガイドを担当してくれました。会館側の解説が、聞こえにくく味気ないものでしたのでTさんの案内が余計に引き立ちました。もちろん、後半はTさんの独壇場でした。特攻基地の建設の様子。朝鮮人、中国人労働者の様子。敗戦直後の武装解除の様子などTさんしか知り得ない話ばかりでした。Tさんの解説に私が「教職員が興味を持ちそうなところ」の補足説明を加えるということでガイドの分担をしました。
 参加者の評判は「まずまず」だと思いました。「ヒトに語らせる」ことはとりあえず成功したと思います。その証言が、午後のT地区の戦跡めぐりにも役だったのではないかと思います。もちろん、T地区の圧倒的な遺跡・遺構には到底かないませんが・・・・
 あと、資料には自分の取り組みや文章も付け加えておきました。誰か読んでくれたかなあ!!!!
 今日は、昨日に続き自宅研修です。今回も5日間まるまる取ることができました。条件は「作成したものを見せる」こと。簡単なことです。

[PR]

by yksayyys | 2017-12-27 06:34 | 社会 | Comments(1)

代表出勤

 今日は1日代表出勤でした。ただ、冬休み始まったばかりとあって出勤する教員がほとんどで、代表出勤の最大の仕事である電話番の出番は一度もありませんでした。教頭をはじめ電話に近い同僚たちが自主的に対応してくれました。これが2,3日過ぎるとそうはいかなくなります。ということで、最初の1時間は机上の整理に集中しました。簡単に言うといらなくなったプリント、書類の処分です。ゴミ袋2つ分をゴミステーションに運びましたが、すでにいっぱいで何とかかきわけかきわけ袋を潜り込ませてきました。その後は、様々な支払いに走り回りました。そして、コンビニで昼食を買って学校に帰ってからは諸々の書類作成を済ませていたらいつのまにか退庁時間になっていました。
 明日からは研修ですので、学校に行くのは今日まででした。新年度は4日から出勤です。

[PR]

by yksayyys | 2017-12-25 21:28 | 学校 | Comments(2)

九民研「社会科」分科会

f0066076_20514335.jpg
 九民研に参加してきました。開会行事、閉会行事には参加せずに分科会のみの参加でした。今年は、小学校生活科・社会科分科会が2人だけ(あとから3人)、中学校、高校の地理・歴史・公民分科会が3人だけでしたので結局合同分科会となりました。が、これが良かったような気がします。あと、OB・OGが多い九民研の中では珍しく5人全員が現職教員という構成になったために、2日間とも実践に即した具体的な議論ができたような気がします。
 なかでも佐賀のT中さんのレポートは大変面白く勉強になりました。地理も歴史もレポートを作ってきたT中さん。どちらも良かったです。そういう表現を本人が喜ぶかはわかりませんが、「社会科という教科をどう面白くするか」に全力を傾けている姿に心を打たれた気がします。そして、ひとつひとつの実践が年々レベルアップされていっているのもよくわかる気がしました。ある有名私大の研究者が「授業を見たい」と言ってきたそうです。理由は「生徒が模擬授業でよく使う」のがT中さんの著書の中にある授業実践なんだそうです。学生たちも「これをやってみたい」と思うのだと思います。夜もその「熱い思い」をたっぷり聞かせてもらいました。大変勉強になりました。5人の参加者のうち、鹿児島が2人、佐賀が2人だったからというわけではありませんが「明治維新150年」も結構話題になりました。来年の全国大会は、佐賀や鹿児島から「明治150年を問う」授業が報告されると思います。楽しみにしておいてください。写真は、分科会会場から見た長崎の夕陽です。さすが、長崎ですね。きれいなもんです。

[PR]

by yksayyys | 2017-12-24 21:09 | 社会 | Comments(1)

九民研

 明日から長崎の九民研に出かけます。どの列車に乗っても、開会行事には間に合わないようです。午後の分科会に間に合うようにのんびり行こうと思います。翌日もクリスマス・イブですから夜には自宅に着くように少し早く帰ろうと思います。
 今日、前会長のO先生から「プロジェクターとスクリーンは確認しておいた方が良いかも」というメールがきました。「頼んだのなら大丈夫なのでは」と思いましたが、念のために連絡先の電話番号に電話をしたらひとつはつながらず、もうひとつはすぐにブチッ!じゃあとメールを送ったところいまだに返事がきません。いったい何のための連絡先なのか。「これは準備してないかもな」と急きょパワーポイントのスライドを資料印刷することにしました。でも、こういう時は悪い事は重なるもの。プリンターのインクが切れてしまい、何とか白黒で間に合わせました。まあ、どうにか資料は準備できました。いったい何人集まりますか。九民研は、小学校と中高に分かれます。宮崎大会、鹿児島大会は中高分科会は大学まで混じって大盛況でした。それで「小学校との合同」の話も立ち消えになっています。今年はどうかな?

[PR]

by yksayyys | 2017-12-22 22:21 | 社会 | Comments(0)

Wさんと飲む

 前任校で一緒で組合の盟友であるWさんと飲みました。相変わらずのW節でした。今年異動したばかりのWさん。前任校同様、特別支援学級を担当しているようですが、かなりの暴れん坊がいて毎日大変とのこと。この日も「朝早くから取っ組み合いも珍しくないから遅くまでは飲めない」と言っていました。が、7時から10時すぎまで3時間ちょい飲んだので十分でしょう。W節とは「毒舌」のことです。Um先生をして「毒がある」と言わしめたWさん、退職の学校にてなお血気さかんです。でも、だいぶ痩せたようでした。でも心配は要りません。おそらく、毎年でている菜の花マラソンにむけてトレーニングを重ねているものと思われます。
[PR]

by yksayyys | 2017-12-22 22:08 | 学校 | Comments(0)

ETV特集「カズオ・イシグロの世界」を見る

 夕方、リハビリのために録り貯めたテレビ番組の中からこれを選んでみました。今年のノーベル文学賞受賞者で長崎出身で在住はイギリスの方です。こういう日本に関連する人へのインタビューの時に私が気になるのは、インタビュアーが「日本との関わり」「日本の良さ」を無理に引き出そうとしている時です。以前、日本のプロ野球にいたことのあるメジャーリーガーにしつこく「日本の野球界にいたことのメリット」を言わせようとしているのを見て嫌な感じがしました。そのメジャーリーガーも明らかに「嫌そう」でした。
 この番組のインタビュアーは聡明でした。きちんと勉強してからインタビューに臨んだからでしょう。当たり前でしょうけど。カズオ・イシグロは思っていたよりはるかに日本を意識している人でした。受賞あいさつにも実母から「ノーベル賞は平和のための賞」と聞かされていたことを日本語を交えて話していました。最初の2作は日本に関する作品でした。代表作「日の名残り」はイギリスの近現代史を扱ったもので「忘れられた巨人」は現代と未来を見据えた作品でした。そういう一連の作品がノーベル賞の資格を得たのでしょう。70年にボブ・ディランにあこがれて長髪となり冷戦期に核戦争におびえ、冷戦終了後にテロと内戦に嘆く。そして、今ポピュリズムへの警鐘を鳴らす。そういう同時代的な文学者であると思いました。出身地、年齢からUm先生とかぶるようでした。接点はなかったと思いますが・・・

[PR]

by yksayyys | 2017-12-20 17:25 | 社会 | Comments(1)

点滴

 こじれた風邪は昨夜「喘息の発作」となり「眠れぬ夜」となりました。久しぶりの発作です。私は喘息持ちです。母もそうでした。祖母もそうでした。気道が狭くなるので呼吸が困難となり落ち着いて眠れなくなります。30代くらいまでは、風邪をひくと必ず「喘息」になりました。最近はずっとなかったのですが・・・寒さが続いたのと2学期「走り続けた」せいだろうと思います。
 学校を休んでかかりつけの病院に行きました。「喘息」の時はその病院に行くことにしています。理由は簡単で、患者数が少ないからです。呼吸が苦しい時に不衛生な待合室で待たされるのは嫌だからです。ところが、今日のその病院は患者がいっぱいでした。インフルエンザっぽい親子も数組いました。やっぱり寒さのせいなのでしょうか。でも、体温を測るわけでもなく問診票を書くわけでもなく・・相変わらずの病院でした。医師の診察では、やはり「心臓の音が気になる」と言われました。ゼーゼーヒューヒューの呼吸ですからそうなると思います。最初は断ったのですが点滴を受けることにしました。今までの経験から薬よりは効き目が早いと感じたからです。その後、酸素吸入を行い、帰宅後はうどんを食べた後大量の薬を飲みソファーに横になりました。今、夕方5時をすぎてだいぶ楽になりました。明日には何とか学校に行けそうです。今日はゆっくり眠りたいな!!!!

[PR]

by yksayyys | 2017-12-20 17:12 | 育児・家庭 | Comments(0)

ないことで語るということ

 来週は、組合の支部主催の「平和学習」で、前任校周辺の「特攻基地」関連のガイドをすることになっています。「そんなのへっちゃらだ」と思っていたのですが、今日重大な事に気がつきました。平和学習のもう1カ所「知覧」は特攻基地の痕跡がこれでもかというくらい存在しているのですが、私が案内予定のB地区はほとんど何もありません。「謎の特攻基地」と言われるくらい痕跡がないのです。ということで「(場所が)ないのに語る」ことになりそうです。もちろん、知識はいっぱい頭に入っているのですが、実物がないのにどれだけ参加者の想像力に訴えることができるのかが勝負となります。「素人ばっかりだとそれも出来るかな」と支部で参加者リストを見せてもらったところ「錚々たるメンバー」ばかり。鹿児島県の平和教育を担ってきた人たちがズラリ!さあ、あと1週間「どうしたことか」!?やるっきゃないな!でも今日はひとまず寝よ!!

[PR]

by yksayyys | 2017-12-19 18:53 | 社会 | Comments(0)

ダウン

 ずっと風邪気味だったのですが、今日鼻水と咳がひどくなり、昼前から学校を早退しました。学期末で大忙しなのは承知していましたが、さすがに仕事に差し支える状態となったので思い切りました。授業中、話しながら鼻水が出てたようで、生徒から「先生、鼻水たれてますよ!」と言われる始末でした。人事の書類を支部に届けた後、自宅に直行し薬を飲んですぐに寝ました。まあ、横になったからといって眠れるわけではありませんが、横になって体を休めるだけでもだいぶ違うだろうと思います。
 具合が悪いのを知ってか、夕方帰ってきた「超反抗期」の息子も「ちょっとだけ」優しくしてくれました。夕飯の食材を「自分の好物」だけ
準備を手伝ってくれました。妻は鹿児島市に出かけ、娘は部活で遅くなるということでしたので、息子と二人で「鶏鍋」を食べましたが、いつもの「険悪さ」はなかったような気がします。たまには「弱る」のもいいのかもしれません。
 熱はないのでインフルエンザではないと思うのですが、とにかく鼻水と咳がひどいです。やるべきことはいっぱいあるのですが、とにかく今は「休養」を優先しようかと思います。

[PR]

by yksayyys | 2017-12-19 18:40 | その他 | Comments(0)

次は九民研とフィールドワーク

 今度の土曜、日曜は長崎で九民研があります。いちおうレポート持参の予定です。前日が、終業式ですので行くのは土曜日の朝になると思いますが、長崎は遠いので開会行事の最初からの参加は難しいようです。多分、午前中の途中にやっと着く感じだろうと思います。鹿児島からは長崎と大分は遠いです。まあ、レポートをゼロから作るわけではないのでその分は気楽です。日曜日に帰って、月曜日は早速代表出勤です。そして、火曜日はフィールドワークのガイドをつとめる予定です。困ったのは、土日がつまってしまったので下見に行く時間がないことです。よくわかっている土地とはいえ、2年くらい行ってないので少々不安です。簡単な案内も作る必要があります。フィールドワークが終わるとその次は・・・
 今年の冬もなかなか忙しい日々が続きます。

[PR]

by yksayyys | 2017-12-19 06:24 | 社会 | Comments(0)